・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
「うるせえハゲ!」「なんだハゲ!」「黙れ薄毛!」
一応復活?なBunzoです。
どうもお騒がせしました。


さておき、めいぽも久しぶりに入りました。
おお、海賊実装ですか!
もう4次職まで出来てるんですか!なんてこった!








まぁ、やるつもりは当面無いんですが。


…もう4次職まで育てた人…きっとどこかにいるんだろうなぁ…



さてそして。
久しぶりに入っためいぽ。やたらログが緑色です。


「てめぇええええええええ録寄越しやがれこらああああ」
「ひいいいいいすいませんんんんn」
「やぁ、gthmの人じゃないか」
「やぁ、おっさんじゃないか」
「いいえ、綾瀬です」
「どう見ても綾瀬じゃないですよね;」

そんなやりとりがあったりなかったり。
気付けばびさすいっくぞー♪な展開に。


e0015879_7582963.gif



こんな豪華メンバーで。



大丈夫!?大丈夫なのコレ!?
俺本当に場違いじゃねぇ!?
当たり前のようにおるけど俺いいの!?



しかも他所様(というかお茶様)のビサス討伐隊に無理やり乗っかるという傍若無人ぶり。

「よーし、今日は鉾縛りビシャスだー」
「おー」
「おー」
「…仮に槍縛りだったらぼく、パワストしてますね('・ω・)」
「おまwwwww」「おまwwwww」


「…黒目玉が一杯だよう(;ω;)」
「…怖いよう(;ω;)」

という諸所の声は丸で無視する傍若無人ぶり。
どんだけお祭り騒ぎが好きなのでしょう、DK.net管理人。



そして開戦。

…あれー?おかしいな。
なんかスラッシャで30kとか出してるのが見えるんですけどー?

…本当になんつう操作技術のDK集団…
やっぱり俺場違いだったんじゃねぇ…?




e0015879_874437.gif


場違いでした。



それはそれは場違いでした。
SS撮影ボタンと回復アイテムボタンを押し間違えるってどんだけですか。
どんだけ操作忘れてるんですか俺。


「えー?4次職DKでビシャス墓とかそれなんて都市伝説ー?」

とか友チャで言われました。うるせぇハゲ。(';ω;)



久しぶりのめいぽはやはり楽しいですね。
環境が許すのであれば是非スカイプ推奨。
これからもまったりやっていきましょう。



さて。ここからは続きに書く内容の簡単な説明。

しばらくめいぽから離れていた事、そして入っても火ブルオンラインな現状。
多分そんなのを書いてもなー、と考えたので。


前々から皆さんに紹介したかったフリーゲームを紹介したいと思います。
久しぶりにエセゲーム評論家Bunzoです。

いつものように(勝手な)世界観導入が待っています。
御覚悟めされぃ。



e0015879_820219.jpg



空は、とても広い。
見渡す限り、青く。
見渡す限り、どこまでも続いていく。


私の世界は、そんな空とは正反対だった。
毎日が研究施設の中。そして、この狭窄感すら感じるコクピットの中。
私はその中で、休むこと無く、"あの子達"が送り続ける情報を処理し続ける。

"あの子達"をまるで手足の如く操り、指示し、命令を行わせる。
"あの子達"はそれに従い、瞬時に散開し、狙い通りの狙撃を行う。

空が、引き裂かれる。
空を、"あの子達"が貫いた機体の爆発が汚してゆく。


…私は、"霧"と呼ばれた。
生まれた時から、研究所と、この機体…「エングラー」のコクピットの中が私の世界。


…いや。
…もう一つ…

コクピットを開ければ、そこにあるはずで、触れられない世界。
"あの子達"が送り続けてくる情報の一つとして、知った世界。


どこまでも続く、青い空。
それが、私の望む世界…



「艦長」
「どうした?」
「本艦、及び"エングラー"前方に巨大な雲を確認。回避しますか?」
「…不要だろう。乱雲でもない」
「了解、それではこのまま少し日除け代わりとしましょうか」
「そうだな。空も広いのはいいが、こうも日が照ると適わん」
「"エングラー"、雲中に突入… な…!」
「…? 何だ!」

「"エングラー"、コントロール喪失!おい、ミスト!応答しろ!何があった、ミスト!」
「コントロール喪失だと!?不具合か?」
「いえ、ミストが…パイロットの精神状態が恐慌状態に陥っています!原因はそれです!」
「バカな!"エングラー"ほどの機体がコントロール不能になれば…!」
「かっ…艦長!"エングラー"管轄下にあった無人戦闘機軍、こちらに攻撃を仕掛けてきました!」
「なんて事に…!ロフタラス隊、出撃だ!何があっても"エングラー"を抑えろ!」
「りょ…了解!」




嫌ッ…!
やめてっ…!怖い!
雲が怖い!

私を一人にしないで!
私を取り残さないで!
私から…空を奪わないで!


情報処理完了。命令を。
指定位置に到着。命令を。
パイロットの心拍数増加。
嫌…!救難を要請しますか。
味方有人機、母艦より多数確認。命令を。
JT-0809隊、味方機により撃墜。反撃行動開始。
有人機、ロフタラスの一隊と識別。命令を。
ロフタラス隊、
私が…潰される!当機を敵と認識した様子。
彼我速度差より演出…予測到達時間まで…


命令を。 命令を。    命令を。     命令を。 命令を。
命令を。   命令を。  命令を。 命令を。
命令を。  命令を。 命令を。    命令を。   命令を。命令を。




「嫌ッ…!! 私を縛らないで! 私を抑え付けないで! 私は…私は…!!」




彼女は、願った。
そして、皮肉にもそれは最悪の形で具現化する事となる。

…私は…自由になりたい…


-了解。- -了解。- -了解。-



e0015879_8571946.jpg




e0015879_8581035.jpg




e0015879_8592155.jpg




「うわぁぁぁぁぁっ!!」
「か…艦長…!」
「馬鹿者!さっさと現状報告をせんかッ!!本艦の被害状況は!"エングラー"はどうなっている!」
「本艦…先ほどの"エングラー"による主砲射撃で武装、搭載機の大半を損傷。
 及び、先ほど出撃したロフタラス隊ですが、確認出来るのは一機だけです。
 他は全滅。流石は我が帝国空軍の次世代機、火力も流石ですねぇ。
 また、本艦は推進系統にもダメージを受けています。何とか落ちずに飛んでいるって感じですね」
「…!"エングラー"、再度主砲のエネルギー充填に入りました!第2波まで…3分!」
「この状態じゃあどうやっても次の主砲は直撃ですね。どうします、艦長?
 ミストちゃんに詫びでも入れてみますか?」
「いや…残存したロフタラスに通信を繋げ。こうなっては、全てはあの機体にかかっている…」


―――ロフタラスのパイロット、聞こえるか?
本空域にて演習中の新型試作機パイロットが我が艦に対し突如造反を開始した。
現在、周辺に展開している無人戦闘機はすべて彼女の強力な精神感応の支配下にあり、
我が艦はこれらの攻撃に曝されている。

また、試作機には戦艦の主砲に匹敵する大口径ビーム砲が装備されており、
一射目は何とか直撃を免れたが、
本艦の攻撃システムと有人艦載機のほとんど全てを失った。
現在二射目を発射すべくエネルギー充填が行われている。次の発射までは残り約三分。

貴君の使命はそのビーム砲が発射される前に試作機の許まで接近し、これを破壊することである。
攻撃目標までにはかなりの距離があり、通常兵器のスピードでは時間内の到達は困難であると考えられるが、
貴君の機体に搭載された高出力ブースターを駆使すれば任務の遂行は可能であると判断している。

健闘を祈る。





前フリここまでっ(「'・ω・)「 がおー。


という訳で、今回紹介するソフトはフリーゲームのSTG、「cloudphobia」です。
劇中では殆ど語られず、短いシーン挿入だけでシナリオを語るだけで、
専ら繰り返し何度も挑戦する事に重きを置かれたゲームなのですが…

ちょっとその演出にほれ込んで、解説書にしっかり書いてあった設定を読み漁って。
いつものように長すぎる筆者前フリが出来上がりです。

救われない話です。救われない話ですが、
だからといって可愛そう可愛そうと言っているだけだとカップ麺出来上がりと
同時にこっちが昇天してしまうので何とかして下さい。


・基本ルール
ステージの最後に待ち構えるボスの下までたどり着き、時間内に撃破する事が目標です。
制限時間は3分。それを過ぎると、主砲が発射されてずぼーん。

また、ステージ途中に出現する敵機を打ち漏らすと、それらは真っ直ぐ母艦に向かいます。
先の説明にもあるように、母艦は既に防衛能力を失っています。もうされるがままです。
故に、画面外に敵を逃すと、母艦の耐久力が減ります。
あまり多く敵を逃しすぎると、母艦が耐えられなくなり、撃沈されてゲームオーバー。
母艦がぼかーん。


勿論、自機が撃墜されてもアウト。
今出撃して、この状況をどうにか出来るのは貴方だけです。
貴方が落ちてしまったら、皆終わり。どかーん。

じゃ、頑張りましょう。


・操作方法、及び機体説明


実はプレイヤーが操作するロフタラス、装備出来るメイン武器は2種類あります。

e0015879_12464771.jpg


Zキーを押せば発射します。
連続して射撃し続ける事の出来るライフル。
弾数無制限、弾きっぱなしでOK。

e0015879_12484853.jpg


また、弾を発射した時に銃口から出るマズルフラッシュにも攻撃判定があります。
その為、敵に密着して撃ち続けるとよりダメージを与える事が可能です。


ボタンを押しっぱなしで連射が可能であり、
敵と距離を置いて攻撃が可能なので安全に攻められるのが魅力。
反面、上下軸に対する攻撃可能範囲が相当に狭いので、
頻繁に上下軸を合わせる必要があります。


e0015879_12535241.jpg


一方のブレード。
ていうか刀です。剣です。近接です。

Zキーを押すと抜刀して攻撃。
押しっぱなしで2回まで連続して斬り付け、
さらに押しっぱなしでいるとくるくると刀を回転させながら周囲の敵を切り続けます。
斬撃による攻撃力はライフルのそれを遥かに凌ぐものがあります。
但し、回転切りの威力は殆どライフル一発の攻撃力と同程度なので注意。


刀ごときで斬り付けたぐらいでライフル銃の破壊力を上回るわけも、
回転させつつ斬った所で何が斬れるのかという話ですが、


e0015879_12584743.jpg



見た目が格好いいので全て許します。
浪漫です。異論は認めません。

ていうか綺麗な画面ですねー。タダですよ?このゲーム。


さておき。確かに斬撃の破壊力は凄まじいブレードですが、
一度攻撃すると、ボタンを離して納刀しないと威力の高い斬撃が出せません。
故に、連続してガンガン切り倒す事は不可能。

一瞬のチャンスに大ダメージを与え、即体制を立て直すという行動が必要になります。

また、当然ブレード、なので敵に相当近づかないと攻撃がそもそも当たりません。
但し回転斬りの範囲はかなり広いので、多方向から一気に攻められるような場面でも楽々です。
気合で使いこなして下さい。


そしてどちらの武器を選んでも装備されている共通装備。

e0015879_1363129.jpg


ミサイルです。
自動的に敵をロックオンし、一度の使用で8発のミサイルをバラ撒きます。
自機に近く、耐久力の高い敵を優先して攻撃します。
威力が非常に高いのに加え、使用した直後から1.5秒ほど無敵時間が発生。

まさに切り札です。
これでトドメを刺すと高得点が入る、という稼ぎ要素も。詳しい事は説明書を読解すべし。

ただし、切り札ですのでなんぼでも使える訳ではありません。
全部で8セットしかありません。ご利用は計画的に。


そして、本作で最も特徴的な装備。

e0015879_13113852.jpg


それがブーストです。
これを使って、一刻も早くボスの元にたどり着く、というのが大きな目的です。
仮に一切使わずにボスの元に着いた場合、残り時間は10秒前後しかありません。
もしかしなくても撃破なんて無理です。

ここなら行けそうだ!というポイントではガンガンブーストを使って行きましょう。
道中で突っ走った分だけ、ボス戦の時間が延びると思ってください。


ただし、ブーストを使うと必然的にザコの群れとの速度差が大きくなり、即対応する事が難しくなります。
あまりザコを放置しすぎると母艦がぼかーn簡単に沈んでしまうので、
敵の密集地帯ではブーストを切って殲滅に徹底、
敵の配備が薄くなれば一気に突撃、と緩急をつける事が大切です。


何度も繰り返しているうちに少しずつ攻略の手がかりを見つけるゲームです。
撃破、母艦の撃沈を繰り返しても諦めないで下さい。
きっとその内、突破口が見えてくるはずです。
そして、同梱されている解説書は必見。
攻略情報満載です。

さーて、もう一周ブレード装備で落とされてくるかー。


作者様サイト:ウドンコ病

('・ω・)b クリックして右上にひっそりおいてあるゲーム本体をDLしましょう。
      ReleaseNo.27b(評価版)という方をオススメします。
      ネットランキングに対応してたりとか画面が綺麗になっていたりとか。
      何よりブレードが実装されているのはコッチだけです。
      集え!近接好きのシューター!(何か矛盾
[PR]
by boardtrick | 2008-08-02 08:08 | めいぽ
<< 3週目に突入。 Step to forward >>