「ほっ」と。キャンペーン
・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
用件から遠く離れた続きの文
前回更新から一週間近くかかってます。
どんだけSS編集に取り組んでれば気が済むのでしょう。
どうも、Bunzoです。

e0015879_13454929.jpg

さてさて。現在紆余曲折ありまして。こんな感じになってます。
正確には髪型が更に変わってます。どんなのかはまた追々。
…さて。それよりも顔ですね。(逃
顔3になりました。

…。

顔1→顔12→顔3→顔12→顔3…

次に変更するときは半分結果が見えている気がしなくもありません。
随分まーるい印象になりました。これなら流石に街中歩いてF6顔はされない、と思います。
思っていいですか。

手袋にも色が付きました。茶色というか茶色がかったオレンジというか。

e0015879_1452047.jpg

+10です。2ケタになるだけで、重みが違うような気さえします。
33M…対効果を考えれば決して高くないと思いますが、やはり純粋な物価としては高い。
一気に貯金が吹っ飛びました。逆に「やっべ、貯めないと」という気がまたしてきたのでちょうど良かったかもしれません。


更新をサボリつつもめいぽのinは欠かさない。そんな間にもいろんな事がありました。

e0015879_14145780.jpg


ちょくちょくとお誘い下さる某姫様。
今回も「ママシュ狩りに行こう!」という事で同行する事に。
詳しく聞けば、なにやらLv40以下で遂行可能なクエストに、「ママシュ狩っておいで」という指示があるそうです。
…CMではLv1でママシュを狩れるとするネクソンです。
実装するクエストも素敵な発想です。無茶言うな。
そもそもが高Lvプレイヤーに狩られていないんじゃないか、と思うのですが…

ともあれ、出かける事になりました。
ひとつのchを確保して、鉄ブタを狩りながら沸きを待つ。
狩る。待つ。狩る。待つ。狩って待つ。待って狩る。

そうしているうちに、不思議な事が起きました。
e0015879_14231575.jpg

不思議です。判るでしょうか。
私は気づきませんでした。最初に気づいたのはロープの彼女です。


e0015879_14283241.jpg


…何のこっちゃ。何を言うとるのか、と思って見直せば…


e0015879_14295096.jpg

確かに「地面からやじるし」です。
地面の防御力が上がっています。…我々にどうしろと言うのでしょうか。

「狩れるよね」「いや無理でしょ」
「でもさ、もし狩れたらレアモンスター間違いないよね」
「レアアイテムごろごろかな?」
「魔力マント10%とか」
「…じゃあいいよ」

等とよく判らない話をしたり。
無事にママシュも討伐出来ましたが、何とも奇妙なモノを見ました。


e0015879_14475967.jpg


久々登場、サブの文庫君です。
この後はサブでルディPTにお邪魔してハムスター狩り。
少々硬い印象がありますが…
プリクルスタッフを求めて狩ってみる狩ってみる。
出ませんでしたが('A`)
遠距離職にはこの位置がなかなかです。久しぶりにテレポの快適性を堪能しつつ、Lvをあげる事が出来ました。


さてそして。

赤サフボの強化を試みました。

場所はラッキー7に因んだ、フリマのとある場所。
強化する赤サフボは無論、40代からずっと持ち歩いてきたアレ。

正直、悩みました。
呪い書を貼るべきか、貼らざるべきか。
強い武器を求めるのであれば、無論30%書で勝負を仕掛ける所。
しかし、それには当然闇逝きというリスクも存在する訳ですね。

私にとってこの赤サフボは武器としての価値もさる事ながら、どこかしら象徴的な意味合いもありました。
何せ、手にしたのがLv40代。その頃の装備品からすれば、攻撃力+99なんて武器はもう…
「何コレ、すっげー!」という感じだったのですね。
装備可能になるのはLv95。遥かな高みでした。
それでも、それがある事で「いつかはたどり着いてやろう」という励みにもなったのです。

その頃の経験と価値感から、「あるだけでいい、それで意味がある」という考えになり、入手当時はブログに「これには呪い書は貼れない」とも書いていました。

時は流れ…

いざ、装備が可能となる頃には99どころか、100を超える装備品が周囲にごろごろとしていました。
その中で、まだなお「消えずにある事」に価値を見出すのか…?

真剣に悩みました。消したくは無いし強い武器は欲しい。
人間ってつくづく強欲な生き物です。(笑

そして…

持っているだけではネタ装備として終わってしまう。
なら、少なくとも今の手持ち武器を越える強化を施して主力として使う。

それがあの時、協力してくれた皆さんに対するせめてもの礼儀になるのではないか?


という結論に至りました。眩し過ぎるぜ手持ちの106月牙。(笑

消えたら、消えただけ。ネタとして腐らせるよりはずっと潔い。
そう思い、いざ強化へ。

e0015879_1518421.jpg


「貼ります!」と宣言してから…



…うぅ、怖ぇ…。

まぁ、消えたら消えたで、笑おうか…。


ぺたり。

爆発するログ。
…失敗したかな…まぁ、またいつかフリマで見つけて機会があれば…


「おめ!」


…。

え?

e0015879_15204393.jpg


…え?
ほんとに?

成功ですか?



PCから離席。仰向け寝転がり。

「…ほぁ…。」

何と言うか、声が出ませんでした。

そして友チャにも報告し、改めて画面を見る。
104。確かに成功している!

その場の皆さんから賞賛を受けて、とりあえず感謝感謝。
…そして考える。

ここで止めてもまだ月牙には至らない。

…それでは意味が無い。

うし。行っちゃえ。

「2枚目、行きます。」

何か2枚目は気がラクだな…

でも消えませんように。うん。


ぺたり。


e0015879_15335676.jpg


ヒィィィィィ。宿った宿ったよどうするよオイうっほぅ。(壊

e0015879_15365740.jpg


爆発するログ。
「月牙越えたぁぁぁ」、です。109です。色んなモノに感謝。

ヘヘヘヘヘ。顔が緩みっぱなしです。
メイン武器の転換かしら。

e0015879_154116100.jpg

…叫ばれました。

しかし、ホントにこの場の運を吸い尽くしてしまったかもしれません。
一緒に貼ってくれて闇った皆様、すみませんorz

さて。30書が2連続したところで。
まだ書はある訳だが。

次に成功すれば114…



…いやいやいや。
出すぎた事をしちゃいかん。
月牙は越えたじゃないか。
凄いぞ?109@UG5だぞ?
まずは60書で埋めて締めてから、次の機会に試したっていいじゃないか。
次の機会がいつなのかは判らないが…
ともかくまずはこの成功を確実に手中に収めたいじゃないか。

某所から「アイゼンアイゼンアイゼンアイゼン」と謎の呪詛が聞こえてなどこない。
断じてこない。アイゼンなんて知らない。きっと次はあのアイゼン事件を忘れさせてくれる結果になるはずだ!

…あれ?

…と、ともかく。うん。ちょっと残りは保留にしとこう。
まずは…

皆さん、ありがとうございました。
あの赤サフはしっかりと俺を支えてくれそうです。
簡潔ではありますが、御礼だけでも。


ありがとー!

[PR]
by boardtrick | 2006-05-30 14:42 | めいぽ
用件ノミニテ
最近、妹がごっそりとCDをレンタルしてきました。
妹のプレイヤーに曲を突っ込む傍ら、自分も楽しんでおります。
大塚愛の「フレンジャー」とか、最近のお気に入りです。
「さくらんぼ」発売当初は、「何が『アタシさくらんぼ』だ、アホかお前は」とか言ってたのが嘘のようです。


   何か 嫌になったら 好きにすればいい
     いつだって そこに いてあげるんだ!



元気なサビです。こんな人が身近にいれば楽しいでしょうね。
そしてまたベースギターのテンポが良い。
音ゲーの"ギターフリークス"なんかでこの曲が出れば、気持ちよく遊べるでしょうね。


さてさて。前置きばかり長くなっています。
どうも、Bunzoです。

色々と載せたい事はありますが。
ちょっと本格的に記事には出来ない状態です。
それというのも、SS編集が出来てないから。

最近のめいぽ環境はちょっと複雑。
本来のmyPCでのプレイと併せて、親父様PCにてプレイしている事も多くなってきました。
SSもぱちりぱちりと撮るのですが、うっかりどっちのPCで何を撮ったのかが混同してしまい…


「よし、バイト中にSS編集するか(問題発言)」
「…?ない?」
「あ。親父の方か。…時間無いや、また今度に」

とか。

「よーし、寝るまでにSS編集するか」
「…また親父の方か…親父ー、ちょっとPC使っても…」
「何言ってんだお前は俺が使ってるのが見えないのかああお前らはいつもそうだお前もおばはんも遊ぶ事ばっかり考えやがって何で俺が仕事に出てるときに用事を済ませないんだまったくもってお前は(略」
「…いや…俺が悪かったです…いやその…もうお腹いっぱいなんで…」

とか。
余計なプロセスが増えてどうも編集が遅れてしまいます。
やっぱりSSの有無では情報の信憑性が変わりますしね。
出来るだけそろえて記事にしたいと思っています…が。


何か書きたくなってしまうのです。(笑


というわけで、用件のみにて。

1、整形してしまいました。
以前予告していたとおりに、顔の整形を終えました。
もしかしたら、もう友人のブログ等で晒されているかも知れませんが…
こちらでの報告はもうちょっと待っていただくという事で。
とりあえず、迫力は削げ落ちた事だけはお伝えしておきます。(笑


2、買ってしまいました。
こちらは内々に考えていたこと。攻撃力強化の思案です。
もうちょっと火力がほしいよなと考えて、悶々とした結果。
+10な攻撃手袋を購入しました。
まずは買える程度のモノから揃えていきましょうという事です。
資金の大半を払いました。暫くはまた貯金しなければ、ですね。
あ、そういえば土シュリは売れるのか。またお願いしようかな…


以上の2点です。またSSがそろい次第、更新します。
作業が遅くてすみませんorz
[PR]
by boardtrick | 2006-05-24 12:56 | めいぽ
今年も恒例事業その1
毎年この時期にはとある場所でとあるバイト。
どーも、Bunzoです。

日本古典芸能の一つ、”能・狂言”。
京都は西本願寺で行われるその能舞台のお手伝いに行ってきました。
私の仕事は音響設備関係。
というとカッコいいですが、要するにマイクやスピーカーの設置です。
「アレ持ってきて」「コレ持っていって」という指示によってあっちへこっちへ。
前日には雨で仕事が中断したりもしましたが、当日はこの上無い快晴。
文句無しの観能日和です。

能の方はなかなか喋っている事が判りにくく、楽しむのは難しいかも知れませんが…
狂言の方はとっつきやすいと思います。コントみたいなものですからね。

今回の狂言は"萩大名"。
田舎の大名が「いっつも政(まつりごと)では肩が凝る。たまには遊山に出かけたいのぅ」
と思い立ち、従者の太郎冠者を呼びだして相談する。
すると、彼の知り合いに見事な庭を構える館の主人がいると言う。
早速そこに出かけようとするが…
そこの主人はとても詩を好み、客人に必ず三十一字で詩を詠んでもらう事にしている事を知る。
ところが、この大名は物覚えが極端に悪く、愚鈍である為に太郎冠者に色々と助けてもらうのだが…


大名:「いやぁ、見事な庭ですな。」
大名:「…? おい、太郎冠者よ。向こうの黒いのは何じゃ?」
太郎冠者:「は、あれは梅の古木(こぼく)でございます」
大名:「…ほぅ。 …いや、あの梅のごぼうは…」
太郎冠者:「いや、こぼくでございます。 こ・ぼ・く。」
大名:「…ふむ。 …いや、あの梅のこ・ぼ・く、は見事でございますな」
主人:「…お褒めに預かり、光栄に御座います。」


…と、万事こんな調子である。

大名:「あの木の枝もまた見事。あの枝を…」
主人:「ふむ?」
大名:「全部折って竈の薪にすればさぞ良い飯が…」
太郎冠者:「…いや。主人に笑われまするぞ…」

大名:「おお、あの立石は立派なものですな」
主人:「はい、北山より運ばせた物に御座います」
大名:「あれを打ち欠いて竈の火打ち石にすればさぞ良い飯が…」
太郎冠者:「…いや、だから主人に笑われますると…」

終いには、事前に太郎冠者に再三判りやすく説明してもらった"三十一字の詩"もボロボロの有様。
従者の苦労も知らずに呑気に恥をさらす主人に愛想を尽かし、太郎冠者は先に庭から退出してしまう。

いざ、最後の句を告げようとする時に初めて太郎冠者がいなくなった事に気付き、慌てる大名。

主人:「いや、なかなか結構な詩で御座います。是非とも最後の句を教えて下され」
大名:「あ、いや…後日太郎冠者にお伝えさせ申す」
主人:「それまで待つ事叶いませぬ、どうかこの場で」
大名:「…おぉ、思い出しましたぞ。最後の句は…」
主人:「…それは最初の句にございます」
大名:「…あぁ、いやいや。読み違えにござる。本当は…」
主人:「…それでは三十一字に足りませぬ」
大名:「た、足らぬのであればこう、~けぇぇぇぇぇぇり、と好きなだけお足しになって下され」
主人:「それでは詩の心が足りませぬ…」

…いよいよもって返答に詰まる大名。そこでふと、最後の句…
あの萩の花は特に見事なものである」という意味の句を、
太郎冠者のふくらはぎと鼻にかけて覚えていた事までを思い出し…

大名:「思い出した!思い出しましたぞ」
主人:「ほう、早くお聞かせ下され」

大名:「"太郎冠者の脹ら脛と鼻は特に見事なものである"、にござる」
主人:「…はぁ?」


と、素っ頓狂な句にしてしまい、恥をかいてしまうというものである。

うーむ、文章だけで微妙なニュアンスを書き分けるのは難しい…
実際の狂言では慌てふためく大名の情けなさ、呆れながらも慌ててフォローに入る太郎冠者が表情豊かに演じられています。

楽しい狂言と、幽玄で幻想的に物語を紡ぐ能。
このバイトをしていて一番の報酬は情感豊かな題目を目の当たりに出来た時かも知れません。


本当はお奨めの題目を紹介したかったのですが…
それはまた今度。
6月の始まり、平安神宮にて行われる薪能を終えた時に併せて、という事で。

ではでは。
[PR]
by boardtrick | 2006-05-21 22:53 | 現実で色々
いつか見た夢を手に
暑いやら寒いやら、微妙な気温の変化に戸惑っておるBunzoです。
大抵はTシャツ一枚で寝てしまいます。
そして大抵は寒い思いをします。へっくしゅ。


さてさて。
最近のBunzoさんはD子さんにお世話になっておりました。
通って通って通い詰めて。熱意が伝わったのか、素敵な手裏剣と書をいただいてしまいましたよ。
そして経験値も結構な収入が。むしろこっちが目的ではありましたが。(笑

すでにホームタウンと化しているエルナスに戻り、ヘクペペさんに帰宅報告をしていると。

ついに来てしまいました。


e0015879_15163.jpg


95Lvおめ!です。
100Lv到達もきっと嬉しいのでしょうけど。
私はこのLvも大変楽しみにしておりました。

e0015879_161391.jpg


コレが装備出来るのですから!
思えば昨年の7月末。皆様のご協力によって手に入れたコイツは、以来ずっとLv上げの意欲をかき立ててくれる存在でした。
装備も出来ないのに、Lv40代後半からずっと所持してましたしね…

e0015879_1474614.jpg

e0015879_1134236.jpg


喜び勇んで、ヘクペペさん達に報告しまくる私。
武器でありながら移動力まで確保してくれるとは。なんて素晴らしい子なの。

装備出来る武器が増えるというのはやはり楽しいものです!
改めて、あの時お世話になった皆様。ありがとうございました。
大変遅くなりましたが、おかげで装備する事が出来ました事を報告させていただきます。

出来れば、5月5日…Bunzoの誕生日に合わせたかったのですが、それには少し遅れてしまいました。
ともあれ、これからもマイペースでぼちぼち行きたいと思います。
気付けばあと5Lvで自分のキャラが3桁の大台に乗るとは…
何とも奇妙な気分ですね。(笑


さて。それに前後して。
e0015879_122112.jpg

さるお方がめいぽ復帰です!
本当に嬉しい事です…ちょこちょこと断続的にinする事はあっても、安定して入れる環境では無かったそうですので。
めいぽでの古くからの友人の一人でもあり、やっぱり居てくれないと寂しくもあり。
心から「おかえり」を言いたい人でした。うぅ、おかえりおかえり。いくらでも。(笑

そして、この方から。
「ランダム整形、見たいです」

とリクエストが入りました。

…。

95Lv到達もしたし。そして友人様復帰だし。

…。

ま、いっか。久しくポイントも使ってなかったし。
という訳で。

近々ランダム整形、やっちゃいますよー!
変えるのは顔だけですが…
さらば渋い顔。こんにちは新しい顔。

次なるBunzoはどんな顔か!
髪のボリュームは据え置きでお届けします。
乞うご期待。

LAPって楽しいギルドです
[PR]
by boardtrick | 2006-05-20 01:42 | めいぽ
強化の華
2枚の布団を被って寝たら、明け方頃には見事に脱皮。
どうもBunzoです。…へっくしゅ。


暫くお知らせしていませんでしたが、ちょこちょこと育成は進んでました。
いつの間にやらLvは94。なんと赤サフボにリーチしてます。
塵も積もれば塵だらけ。最近外面ばかり大きくなってる気がしてなりません。
いい加減一つ上の段階に行きたいものです。

具体的には黒字狩りの相手を、ヘクタ君&ペペ君からルイネルさんに。

そう思って試してみましたが…やはり、現状では辛い。
火力が足りません。月牙3発でも反撃を受けないギリギリのラインだと言うのに、
4発も5発も叩き込まなければ倒せないという事態が発生してます。

やはり火力の増強が急務か…
そう思い、ちょこっと貯金を崩して取り掛かってみることにしました。

それにね。やはり武器の強化は特に楽しい。

e0015879_1229669.jpg


強化の成果が、目に見えて判るのですから。
画面に浮かび上がるダメージ値がぐぐっ、と上昇した時の嬉しさはまた格別でしょう。


さて。その嬉しさを味わい、ルイネルさん黒字狩りに近づくために。
手持ちの月牙を越える強化を試みます。

手持ち月牙のステータスは攻撃力+106、STR+7。
30%書1枚、60%書4枚成功の品です。

これを超えるためには…?

1,30%1枚成功から60%強化
…これは辛いですね。手持ちの月牙は30%1枚成功の後、60%を4枚貼り付けています。
この方法でこれを超えようと考えるのであれば、60%書を5枚か6枚貼り付けなくてはなりません。
強化費用を考えても、決してコストパフォーマンスに優れているとは言いがたい方法…
やはり、30%1枚は辛いようです。

では…?

30%2枚成功から60%強化
これならどうでしょう。とりあえず、最初から9%という狭い門を潜り抜けなければなりませんが、まぁそこは気合でなんとか。
そこを潜り抜ければ、攻撃+10、STR+6、残りUG5回という素晴らしい強化具合の月牙が待っています。
おっと、物理防御というどうでもいいものが2増えるのも忘れてはいけませんね。
それなら、あとは60%書を5枚貼れば、まぁ見込みで言えば3枚は成功するはず。そうすれば更に攻撃力は+9、現在の月牙を+4上回る武器が出来上がる訳で…

…そううまくいきゃあ良いがな…
…?
へッ、何処を見てんだィ。あんたの足元だよ、足元。
…お前は…!
e0015879_13203116.jpg

アイゼン!


おぉよ。ご主人、あんたが俺っちを作った時の事、忘れたのかィ?
…アイゼン…
あん時もそうだった。30%書を2枚、俺っちに貼り付けたよナ。
…アイゼン…
何とか気合で闇逝きだけは逃れたが、貼りついたのは1枚だけだった。
…愛染…
違う。
…。
…その俺っちに施した強化は何だったかねェ?
…!
60%5枚強化、サ。今あんたが言っているのと同じ。
…アイゼン…
同じ事言ってたよなァ、「60%なんだから3枚は成功してもいいはずだ」ってナ。
…アイゼン…
それが、終わってみれば貼りついたのは1枚だけ。散々「20%の成功率ってどういうこった、何ガ60%ダクソッタレ」なんて騒いでたよなァ?
…アイゼン…
次はうまく行くと良いがねェ。
確率の上ではお前の方が珍しいケースだから、次にやれば改良される可能性は高い訳だが。
…。

…沈黙化しました。(笑
まぁ、彼の言うことも無きにしも非ず。前回のケースが再来すれば現在の装備品より下回るモノしか完成しません。
ですが、期待値を考えればそんなに悪いものではないかと。

どの道、まずは30%書を成功させなければ話になりません。全てはそこからです。

e0015879_13482526.jpg


…場所はいつもの集会場。誰もいない集会場。
何やら緊張します。
「成功か闇の2択でお願いします!」
「改めて、貼るぞぉぉぉぉぉ!」
と叫んで気合一発。

ぺたり。

e0015879_13521414.jpg


…。
アイゼンが爆笑している気がします。多分気のせいです。

ま、まだだ…っ!まだ2本ある!
俺は諦めんぞ!おりゃぁぁぁ!!


e0015879_1355196.jpg


束の間の夢すら見させてくれない俺の運に乾杯。
…あ。30%の成功と35%の一発闇の間には5%しか差が無い事に気付きました。


さて、弥美さんに言われたように強化攻撃軍手でも買ってくるかな。

泣きながら。

発掘!ビシャスアルバム
[PR]
by boardtrick | 2006-05-17 12:36 | めいぽ
悶々と…
どうにも悩みが込んできて、心身あんまり宜しくない。

卒論には、実体験をどう組み込んでいこうか。
以前、此処でも報告しましたが卒論のテーマは「現代社会におけるネット・コミュニケーション」。
その題材となるのは常日頃から遊んでいるネットゲーム、メイプルストーリー。
そこで様々な方と出会い、様々な体験をしてきました。

めいぽとまるで関係のない話題で夜中の3時まで語り明かした事。
仲良くしていた人に幾度となく支えられたキャラがやっと3次職になった事。
深刻な鯖落ちに悩み、突き詰めてみようとした事。…これは違うか。
アフリカへの渡航が決まった時、わざわざ駆けつけて下さった皆さんから送別の言葉を戴いた事。
引退を決意なさった方々との離別。
オフ会への参加…etc。

それこそ枚挙に暇がありません。
実体験は数多くしているはず。それを通じて、ネットの長所…というか、利点も多く見ているはず。
そこを推したい。そこを説得したい。
メディア上で、マイナス的に見られがちなネットのイメージを変える一助を担いたい。


だけど、それをどうすればいいやら。
「ネットコミュニケーションの利点は、距離や年代の差に関係なく交流できるトコだと思うんですよ!」
「簡単に出かける事ができないような遠隔地の人々とも交流ができるし、自分と異なる年代の人々とだって容易いですよね!これだって、ネットの匿名性、利便性が生んだ利点だと思うんです!」
と投げかけるのは容易い。
でも、「うん、そうだね。…で?」
と先を促されると何が用意できるのか。
そこで、自分が掲げた言葉の壁の大きさを知る。
実体験から何を拾い上げるのか。何を卒論に盛り込んで説得するのか。

ネット・コミュニケーションの楽しさを、私は体感しているはず。
だが、それは何になるんだ。
この現代社会においてどんな意味を持つんだ。
無意味なんかじゃない。でも、だったら…何だ。



何を見つければ、誰が見ても「なるほど」と思わせられるものに繋がるんだ!




卒論に期待されるものの大きさと、自分が見出そうとするテーマに関する自己の視野の狭さを改めて認識しました。


悶々鬱々。
元々不出来な頭は煮詰まり気味。



…プツ。



ええやん!ネットで遊ぶのって楽しいねん!
実際に会って遊ぶのとは違って、そりゃ相手の顔も見えなきゃ名前も性別も判らんさ!
でも実際に会うより遥かに遠く、多い人とだって交流できる可能性だってあるねん!
それなのに昨今のニュースで取り上げられているような、「ネットはいかにも悪です」っていう扱いはあかんと思うのよ。
実際にネットでのコミュニケーションを体感している世代がここにいる。
これからの社会において、そういう人は間違いなく増加の一途を辿る。
なのに「危ない」だの「ネクラばっかりちゃうの」だの、負のイメージだけが流布してる現状は納得いかん!
そこを説得したいねん、俺は!

「うん、そうだね。…で?」




この一言が超えられない。
壁、ブ厚いです。
[PR]
by boardtrick | 2006-05-09 15:34 | 現実で色々
忙しかったりうんたらかんたら
どうやらめいぽでは4倍キャンペーンがまた復活してるそうですね。
どうも、Bunzoです。

最近、まとまった時間がとれずに全然めいぽに入っていません…
ああ、せっかくのキャンペーンが!

うまく活用出来れば95Lvぐらいまで上げられるかも知れないというのに…
口惜しいことこの上無い。
どっぷりと狩っていた少し前の日々が懐かしい。

「入りてぇなぁ」という気持ちだけが空回ってどんどん時間が過ぎてゆく。
仕方の無い事ではあるけれど、やはり寂しい。
せめてブログの更新は…

と考えて席に向かうも、手が動かない。
ネタをめいぽとバトンに頼っていた事を改めて実感しました。
探究心は大学生に必須のものなのに…
どうも最近は時間がうまく使えずに煮詰まり気味。


いかんなぁ…
[PR]
by boardtrick | 2006-05-02 15:38 | 気になるコト