「ほっ」と。キャンペーン
・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
前回返信とBunzo家バイオ事情
まず何よりもhesちゃんすんませんでした、素でレス抜けてましたorz

庭球王子様というのは何故か知ってました。
ネット上でいい加減弄られすぎですね、アレは。
一球打てばコートが水没して、一球打ち返せば火柱が吹き出すマンガだから仕方ないか。

最近チラっと見たデスノートのテニスシーンの方がよっぽどまともなシーンですよ。


さてさて。いい加減めいぽ記事続けないと、なのですが。
あまりにバイオが面白い事になってしまったのでまたしてもそちらの記事に。


私がぽけー、と2週目を遊んでいた時の事。
とある沼地、前後から敵が襲ってくるシーン。

('・ω・) (…ここ進むと来るんだよなー…覚えるとラクだな)

「*%#&※!!」←敵の喋るスペイン語

ほらきた…

と、思う間も無く後ろから大爆笑。

Σ('・ω・;)?

あ、妹が腹抱えて笑ってる。
どうした、いきなり。

妹「い…今…」

うむ。何だ。

妹「"ほら見ろ来たよー"って言ってた…(悶絶」

(;'゚ω゚):;*.':;ブッ

ちょ…おま…いくらなんでもそれはねーだろ…

ん。こいつか。このじじいな村人か。
よし。もっかい喋ってくれ。

「*%#&※!!」

…ほら、ちゃんとスペイン語だって。多分。

「*ra#&you!!」

…あ、マズイ。日本語に聞こえ始めた。

「*rami&you!!」



妹「ほら見ろ来たよー」

Σ(;'・ω・)ばっ…被せんな!



村人「Horamirokitayou!!」

orz

だめだ。もうだめだ。もう「ほら見ろ来たよー」にしか聞こえない。
もうこうなったら手遅れ。

妹と爆笑しまくるしかない。
恐怖感は何処へやら。ひたすら愉快なバイオ2週目の開始。

「ちょ、こいつ"あぁ、来よったー"って言ってるwww」
「関西人かよwww」
「おいおいまたあのじーさんいるしwww」
「言うよな、絶対言うよなwww」

「「「ほらみろ来たよー」」」


片付け中。 ((((;'・ω・)っwwwww


そして大爆笑。もう恐怖を感じたあの頃には戻れない。(早いなオイ

そしてその後、色々バイオでネット検索してみるノリの良い兄妹。

youtubeって初めて使ったかも知れない。
そして見つけた動画がこちら。

びびりバイオハザードプレイ

これはPSの”2”でしょうか?
そのプレイ動画なんですが、プレイヤーさんの声が全部入っている、と。

「…やばいよ、これ来るよ絶対なんか来るよ来るよ来るよ…」
(部屋の奥の安楽イス回転、市長さん登場)
「GYAAAAAAAAAAAAAAAAA!!
 …って何だよゾンビじゃねーのかよ、ばーかばーか」

「…これ来ない?天井から来ない?…いやあいつならきっと来る、あいつならやりかねない…」
(そして予想通り天井からゾンビさん来訪)
「WAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!」

…そこまで予想してて何故そこまでびびるのか(;'・ω・)
そして敵がいないとわかった途端の態度の変貌っぷり。
彼はかなりデキるコメディアンと見た。(笑
気持ち判るんだけどなぁ。とりあえず何か起こったらアイテム画面開いてポーズするとかね。

妹は途中の「ぽぉぉぉぉぉぅ」という悲鳴だか掛け声だかがお気に入りとか。
俺は「お前に気付かれない方法はこれだッ」という名ゼリフが素敵だと思います。
ちゃんとオチがあるあたり、やっぱりコメディアンかと。(笑
是非視聴をば。

彼、今回取り上げたバイオ4もプレイした動画が流れてるみたいですね。
きっと賑やかなんだろうなぁ。(笑

さてさて。そして前回の記事コメントで動画を紹介してくれたちくま氏。
これが凄かった。

ソラミミバイオ4

聞こえたのは妹だけじゃなかった(;'・ω・)
しかも動画の初発からなんて破壊力のソラミミを持ってくるんでしょうか。
あまりに強烈すぎて口に出来ないです (*ノノ)
是非聞いて欲しいような、
でも聞いたらもうバイオ4をホラーゲームと認識してもらえなくなりそうで嫌なような。

どの道私は手遅れです。
もうダメだ。なんて事すんだ、ちくま。
もう真面目に遊べないだろうが(笑

そして最後のオマケ。
バイオ、移植の背景!

いいですねぇ、こういうネタは。裏っぽくて黒そうで大好きです。
ファミコンが凄く頑張っていたのが一番面白い。
「PS2撃沈!」「XBOX撃沈!」
「(・3・)←ファミコン」「お前無理だろ!」

いや、つっこんでやるなよ(笑


この動画を全部見れば怖い物嫌いな貴方もきっと腹を抱えてバイオ4が遊べるかも!
…いいのかなぁ。('・ω・)

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-02-27 12:15 | ゲーム評論
人を惹き付けるのは魅力か恐怖か
ジャクム討伐&斬りvs戦士狩り対決記事、順調に作成遅延中。


どーも、Bunzoですorz


さて。今回もちょいと別ゲームのお話を。
どうも最近、ホラーモノに惹かれてる気がします。


ふらりとプレイしちゃったのが"バイオハザード4"ですからね。

ゲームそのもののお話に入る前に、自分のプレイを振り返っての感想になるのですが…
5日ぐらいでクリアしちゃってるんですね、私。

短いとか、簡単とか言いたい訳ではありません。

私にしては異様に太く短く、短期集中なプレイをしているのです。
一日あたり3時間ぐらい…。私にしては恐ろしく集中してました。

めいぽでおつき合い下さっている方にはよくご理解いただけるかと思うのですが、
私はそれほど集中力が続く方ではありません。
2時間も狩り続ければだんだんと反応が鈍くなったりROMが増えたり。
ログイン時間こそ長けれど、チャットしてる方が長いやん、という事もしばしば。

そんな私がぶっ続け3時間ゲームをするとか…。異常です。(笑

何でだろう…と考えると、やはりこのテのゲームのウリである、"恐怖"であるかと。
それこそ悪夢にうなされるような恐ろしい表現がある訳ではない、はず。
それでもプレイ中には…

「ここ開けたら多分来るよなー…そんな感じするよなー…」
「弾が…もう無いな…これ、大丈夫なのか…?」
「敵が多… …ってこら、チェーンソーはやめれ;」
「あ、通路が閉じられ…それトンネル掘削機ですよね!?そんなんで突撃とかアリですか!?」

等という、不安や恐怖はひしひしと感じる訳です。
ゲームなんだから電源落として触らなければ逃れられる。
でもやらずにはいられない。恐怖を体験したいのではなく…
その恐怖劇の幕引きをしない事には、どうにも落ち着かないというのか。

そう考えると、恐怖というのは魅力と同じか、それ以上に人を惹き付ける力があるのかも知れません。
「怖いなら見なきゃ良いのに」なんて言葉は良く聞きますが、それでも見てしまうホラー映画。
そういった心理と一緒なのかも知れませんね。

さて。ゲームの内容紹介に参りましょう。

本作は「従来のバイオシリーズとは異なる作品」という評価が巷である様子。

だからやってみる気になったんですけどね。
実は3を少しやってみた事があったんですが、もう操作方法が難しい難しい。
カメラは固定の見下ろし、キャラの移動は"キャラから見て前に進むには↑を押す"。
とっさに敵を回避しようとするとややこしいややこしい…。
何度噛みつかれて倒れた事か…orz

今作は、キャラの真後ろにカメラが回り込むので直感的に動かせます。
離れたかったら↓に倒せば間違いなく後ろに下がれる。これは楽。
と同時に、前方は全て見渡せるのでカメラの死角から不意打ちを受ける事が無くなりました。
…背後は全く見えない訳ですが…まぁ、そこから襲われたら後方確認を忘れた自分の責任という事で。
「操作方法難しいんだよ、わかんないよorz」というジレンマは解消されるかと。
そういった意味では、この操作法の変更はシリーズ初体験者にも嬉しい事かと思います。


そして、武器を構えて弱点を攻撃すると追撃が可能だったり、
イベント・ボス戦でコマンド入力が多々要求される事も一つの特徴かと。

残弾数と敵との数を考えて攻撃を配分する事が要求された、パズル的な従来作。
それと比べると、随分アクション要素が増えたのでは無いかと思います。
普通に戦えばハンドガンを5発も6発も撃たなければ倒せないような敵も、
慣れれば1発撃ち込んでからの追撃で倒す事が可能になります。
それだけ後々の戦闘が有利になるので、練習に打ち込む価値も充分。

そして一番死亡率が高い(と思える)のがイベントシーン。

「あー、イベント。しばらく手休められるな」

なんて考えてるといきなり襲ってくるコマンド入力指示。
対応出来なければ大抵死にます。

岩が転がってくるのでボタン連打でダッシュ→出来なかったら圧死
ボス撃破したらこっちに倒れて来たのでボタン入力で回避→出来なかったら圧死


…圧死多いな(’・ω・)

大抵の場所は固定の組合せですので、失敗しても次に生かせれば良い、と。
やり直すの面倒ですけどね;

他にも武器の強化システムやクリア後のオマケ要素等…
かなり軽く遊べるようになったと思えるバイオ4でした。

ショットガンが強すぎる…

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-02-25 22:26 | ゲーム評論
色々連絡。
セイカでポンも無事に終了。
就活に勤しんでおるBunzoです。

さて、いつまでもセイカでポンネタを引っ張るのもアレなのですが。
最後に、セイカでポンHPにレポートが掲載されたのをお伝えしておきます。

大会中にカメラ片手に会場を駆け回ったスタッフの尽力による数々の写真。
そいつを掲載しながら、大会の雰囲気をお伝えするという粋なコーナー。
こいつさえ見れば、たとえ当日来れなかった人でも十分にその場の雰囲気が味わえるという寸法って訳です。

何気にスーツ姿でもろ写りしてます私。 (*ノωノ)
司会だから仕方ない。

…。

司会の割にTV運んだり、来場いただいたお客様とフリー対戦に興じたり、
あまつさえ踊ったりしてるようにも見えるかも知れません。
ノリノリすぎます。(笑

微笑ましく振り返る事が出来て何よりな大会でした。



さて、めいぽ連絡に参りましょう。




e0015879_0155698.gif


いつの間にかぶんぞーるがLv32。
転職SSすら撮っていなくてすみません。

いやいや…斬り賊面白いじゃないですか!

そりゃもー、攻撃範囲は最短だわ、範囲攻撃は無いわ…
数値として現れる所には徹底して何も出さない彼らです。
狩れる数は少ないし、必然的に黒字も控えめな額…

しかしそういう所では無いと見た、斬りの醍醐味。
色々なスキルを駆使して巧みに狩れるか否か。
きっとそこに、収支度外視した楽しさがあるはず。
これからLvを上げていくと更に様々なスキルを覚えるでしょうしね。楽しみです。

そして…いきなり上げちゃいました。
斬りの代名詞…

そう。サベジスタブ。

ちょっとプログレも振ったんですがね…
いかんせん、回避重視でDEXを無視すると攻撃力がしょぼくて…
底値を上げてもあまり意味が無いと判断しました。
Lv35にさえなれば、強化扇子がもてるのでそこまでの我慢…。

さてサベジスタブ。

なんと最終的には6連攻撃まで可能になるという脅威の単体撃破スキル。
振り始めは弱いとか聞いたけど…まぁなんとかなるでしょう。

さぁ…そこのツノキノコ!!
俺のサベジを受けてみろッ!!


e0015879_0241599.gif


…。


俺のサベジを受けてみろ!(無視

e0015879_0251133.gif



…。

俺のサベジ…

e0015879_0255656.gif



…俺の…。


e0015879_0263697.gif



…。


ダブルスタブ!!


e0015879_0274563.gif



Σ(|||ω)


よ…


e0015879_0285592.gif


弱ェェェェェェェェェェ!!



こ…ここまでとは…

これが…噂の…


しょべじスタブ('・ω・)

強くなるまでが鬼門だなぁ…
調べたら、現在のダブルスタブより強くなるのはスキルLv21から…
つまりあと6Lv分は使い物にならない、とorz

他職さんの苦労はやってみないと判らない…



ふむ…しかし。
考えてみると、ここで職も目指すものも違う同Lvキャラが出来た訳ですね。

ひとつは"鉄壁志望"、斧駆け出し・文三零式。
そしてひとつは"痛いならよければいいじゃない"、回避LOVE斬り賊・ぶんぞーる。

両者の狩りでどんな差が出るのか。
それを確かめるのも良いかも知れませんね。

火力の差でガンガン狩る零式が有利かと思われますが、
スキルでHP消費をせずに、回避の高さでダメージを最低源に抑えられるぶんぞーるの方が長く狩れる可能性もある…かも?

ふむふむ。面白そうだ。また時間を見つけて時給調べてみよう。


そして忘れるわけもないBunzo兄さん。

ありがたい事に、なんとジャクム固定PTへのお誘いを受けております。
こんなのに声をかけていただけるとは…;

勿論「OKな時に参加」という形ですのでこれありきでめいぽをする事にはならないかと。
無理してやるとお互いに迷惑かけてしまいますしね。

スタンスとしては「楽しみつつも本体撃破目指しちゃうぜ!」だそうな。

果たして俺はどこまで食いつけるのか。
腕を全部捥いだところも知らないのですね、実は(;'・ω・)

可能な時に参加する方向で。
でも参加するからには本体叩き割る勢いで。
勉強させてもらいながらブチ割ってみたいと思います。

目標が何かあるというのはやはり大きいですね。
お声がけいただけた事に感謝感謝、です。


そして最後。
最近のめいぽを見てての事なのですが…


もう物価が異常。
それは言ってもしゃーないのですが…まぁ、これが現実となるとなんとか頑張る道を考えなくてはいけない。

…案としては。


①現金でも何でもつぎ込んで今の物価に追いつく資金を得る。
②自分に出来る範囲での強化を考えて、後はステ振りで合わせる。
③諦めて寝る。



よし③採用、おやすみ。



ァ '`,、'`,、'`,、'`,、( ゜∀゜) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、


ガッヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)∀)  ゚ ゚


…ま、まぁそれは冗談として…。

もう強化資金の必要額があり得ない状態になっている今日、
②でもいいんじゃない?と思ったりする訳です。

私の個人的スタンスとして、「アバタやアイテムにRMを使うのは構わないが、メルとの交換にRMを使うのはどうだろう?」
というのがあるのですね。

誤解しないでいただきたいのですが、あくまでもこれは私個人の考えです。
他人の事までどうこう言う訳ではありません。
実際、かなりの強化を得ている友人さんの場合はかなり厳しい。
今まで能力を1上げるのに必要だったメルが、極端な話1mから50mに跳ね上がってる。
そういう世界ですから…。

30%書を一枚成功させたものが欲しいなら、3回も頑張れば確率的に一つは出来るはず。
これならまだ、高額書でも何とか実現出来る範囲。
では30%が2枚となると…30%×30%で、成功率はたった9%。
かなりの資金をつぎ込まないとまず手に入りません。
30%が3枚なら…もはや2.7%。消費税以下です。
地道に集めたメルなど一瞬で消し飛ばしてくれる世界。

…これ以上の世界を求めるのは、もういっそ趣味です。

そういうのを追い求める人たちにとっては、それこそ10m単位の資金も殆どはした金。
結局の所、メルを何故集めるのか?と聞かれれば、やはり強化の為です。
そういう意味では、飽く事無く、幾多の闇にも耐えて鬼強化を目指す方々というのはホントに凄い人だと思います。


けど、それを全員が出来るはずがない。
増して、今の相場事情では。

それなら…もういっそ、ある程度の強化で見切りをつけ、あとはステ振りで補正を獲得し、
高騰するメル競争からはさっさと身を引いてやりたい事をやるのも一つの遊び方ではないか、と。そう思うのですね。

私もRMTは一切してません。
収入らしい収入といえば、D2で河童をみっちり狩って1mちょっとの時給に満足してるぐらい。
入手したマナエリやら水やらを売ればもっと稼げるのでしょうが、まぁそれはそれで使い道があるので…

そんな状態で今の相場と向かい合って、思うような強化の見返りが望める訳も無い。
タオルはすでに30%が2枚。
意味のある強化をしようと思えば、どうしても30%を3枚…という考えになる。
一枚6mもする書を3枚成功させる…。
それだけで、230m前後の資金が必要になる計算…のはず。

一日河童一時間入れたとして、半年以上を資金集めに奔走する計算。
流石にそれは何をしたいのかわからない。

それよりかは、さっさとDEXを100近くまで上げてしまい、命中を確保して好きな狩場で狩ってるほうがずっと気がラクに決まってる。
ゲームなのに、そんな事で頭を悩ますよりは…とも(笑


うーん…メルの使い道が強化以外にも用意されてれば良かったのに。
結局大金をつぎ込むのがそれしかないから、皆強化に走るんだろうなぁ。
それこそ、初期のキャッチコピーにあった「自分の家」の増築とか…
色々と、強化以外にメルを使える選択肢があれば、楽しいと思うのだけれど…。


「強化は適当なのでもいいや('・ω・)」というヘタレプレイヤーの愚痴だったりします。

コメント返信!
[PR]
by boardtrick | 2007-02-23 00:29 | 気になるコト
セイカでポン終了。
なんとか出来ました。

とにもかくにもそれが第一。
気付けばまぁあっちへうろうろこっちへうろうろ…。

あんなに会場うろつく司会もいないんじゃないかと思ったりしますが…
そして緊張しっぱなしでアナウンス噛みまくりという失態っぷりを晒す。
思っているほど人前で話すというのは易い事ではない。

振り返れば反省点は多々あります。
終わったからと言ってそれで切っては次に繋がらない。
最後に、それをきっちり話し合って後輩に渡して、やっと「仕事が終わった」事になる。

あの辺とかなー…あと、アレとかなー…

ともかくそれは内々のお話。

イベントとしては非常に好評いただけたようで、スタッフ一同ホッとしたやら嬉しいやら。
何と任天堂の開発スタッフの方もお見えになって、参加して頂きましたよー!
その他にも常連様をはじめ、2月の開催というのに20人を超えるご来場。
真、感謝の意に表しきれません。

「これぐらいの人が来たらトーナメントの規模はどうする?」
「これぐらいの時間が使えるって事は、どうすれば時間一杯遊んでもらえる?」
「この会場ならどう配置すれば…」

色々考えた事が報われたなと思い、
やっぱり自身の未熟さが不甲斐ないと感じ…

「イベントを企画するって難しいんだ」と語っていた先輩の言葉がよくよく判った気がします。



会長をはじめとし、お手伝いいただいた皆様、お疲れ様でした。
機材貸してもらったり、賞品作成に走ってくれたり。本当にありがとうね。

そしてご来場いただいた皆様。
遠路より、本当にありがとうございます。
重ねて御礼申し上げます。


明日の後片付けでとりあえずは一段落。
世話焼きの先輩も暫く自粛かなー…

そう思うと妙に寂しかったりします。

コメント返信ですよー
[PR]
by boardtrick | 2007-02-19 00:19 | 現実で色々
開幕まであと12時間弱?
いよいよ明日。

「セイカでポン」です。
11月の学園祭が延期。
先週の予定も先延ばし。

その間、外でやるだのやらないだの、場所はどうだの機材はどうの。

色々やってきましたが、やっと明日、本番へと漕ぎ着ける事が出来ました。
今日はその前準備。会場きっちり作ってきました。
テレビって割と重…。

そして司会。しかい。
もうそれを口にするだけで何かこう、胃がキリキリと…orz
あれー…俺当初裏方…だったハズ…

ま、いいや(*'・ω・)

伝統(?)に沿って、スーツ着用するつもりですが。
きっと私がココに載せなくても、何処かには載るかもしれません。

どこって…そりゃあ、ねぇ。 …判りますよね(笑

泣いても明日。笑っても明日。

今更ツラツラと書き綴る事も無い。
とっとと寝て明日に備えます。

そして終わったら就活だ、マジでorz
ココを見てる大学3回以下の方、胡坐組んだよな態度で就活見ないように。
そして塞ぎ込んで諦めないように('・ω・)



さぁ寝るかね。
おやすみなさい。
[PR]
by boardtrick | 2007-02-16 23:46 | 現実で色々
一緒に話そう、スカイプチャット
2月も半ば。皆様如何お過ごしでしょうか。

e0015879_9541469.gif

どーも、Bunzoです。



…。


笑いましたね?今笑いましたね?


いや、それでいいんです。
自分でもコレはヤバイと思いました。それが普通です。きっと。


さてさて。唐突ですが、スカイプ始めてみました。

いやいやこれは便利。楽しい。
簡単に言うと、インターネットで電話をするような物…かな?

しかも料金一切無料。
最初にインカムさえ揃えれば後は維持費一切かかりません。
なんて太っ腹なのでしょう。

詳しくはコチラ。
Skype-公式サイト

相手を登録すればボタン一発で会話可能。うむ便利。
しかもかなり軽快な動きですので、めいぽしながら会話する、というのが簡単に出来てしまう。

これがもたらすメリットは非常に大きい。

例えばPT狩りをしてる時。

「あー、回復薬切れた;」
「マナエリならあるよー」

「んー、16ch埋まってるなぁ」
「じゃあ俺15ch見るわー」

なんて事をチャットに打ち込む事無く連絡出来ます。
そしてもう一つ。まともに会話が出来ないような、蟲姫や武器庫なんて場所でも…

「やー、昨日はマジで凹んだわ。50m使って何も残らないんだぜ;」
「はっはっは、運ねーな」
「('・ω・)」

なんて雑談が可能。狩りが飛躍的に楽しくなる事請け合い。

PTクエストなんかでも…
「ここいったー?」「何あるー?」
という連絡が瞬時に可能。かなり効率が違います。

しかもスカイプ、同時に6人が会話可能だし、
会議モードを使えば同時に100人通話可能とか。 Σ('・ω・)

夜中まで大声で話して周りに迷惑かけないように注意はしましょうね。
周囲へのマナーさえちゃんと気をつければかなり便利です。

今回はそんなお話。

スカイプ導入して間もない私、紹介してもらったみやさんとえのさんの3人で昨日もお話しておりました。


み「はーい、ぶんさんこんちゃー」
え「おおっ、ぶんぞーる! Σ(゜Δ゜*)」
ぶ「おー、えのさんだ」
え「久しぶりだなー」
ぶ「オフ会以来だなー、声聞くの」

…そんな話に始まり…

え「…たぢあま?」
ぶ「そう、たぢあま。みやさんが間違えて打ってさー」
み「もー、ぶんさんがえらく気に入ってさー。何処で打ち間違えたとか調べてるのよ」
ぶ「わざわざローマ字打ちして『あ、ここのAとIが逆なんだ』とかな」
え「はっはっは…なるほどなるほど…"たぢあまー"…と」
ぶ「そうそう。…"たぢあまー"…と」
み「Σ ちょ、二人して友チャにたぢあま入れるな;」

え「やったー、ペット移動クエ終わったー;」
み「ぬぁ、金歯集めまだなのにっ;」

そしていつしか話はキャラの格好の話に。

ぶ「しかしなー…自分で言うのもアレだけども。」
え「ん?」
ぶ「骨兜、見た目すげーわ」
え「はっはっはっはっは」
み「あん時凄かったからね、えの。スカイプで爆笑してる声しか聞こえないんだもん」
え「いや…だってぶんぞーる会いに行ったらアレなんだぜ;」
ぶ「アバってあんまり買わないしなー」
み「ぶんさんはランダム券買いすぎー」
ぶ「('・ω・)」
え「最近色々アバ増えてるぜー」
ぶ「そうなん?全然見てない…」
え「(クリック音)…おおっ、ぶんぞーるこれだ!」
ぶ「ん?何だ何だ」

え「まず顔にフランケンシュタイン付けるだろ?
  で、背中にピンクリボンを付けて…」
ぶ「うむ」
み「あ、服エナメルハードにしようよー」
え「え…ぶっ、こんなんあるのか…クックック…
  あ、それにロバ持たせて…」
ぶ「ふむふむ」
え「あ、それにゴースト付けてみようぜゴースト。きっとすげーよ」
ぶ「ふむ…」

e0015879_1012238.gif

確かにすげーな。絶対会いたくない。


み「あ、ペットはディノギャルにしてみよーよ」

e0015879_10135718.gif

およそまともな生物がいなくなりましたが。


え「で、顔はキラキラだよなキラキラ」

e0015879_10152658.gif

うわー…いや、もう何と言うか…うわー…


え・み「(爆笑)」


そしてここからテンションが変な事に。


え「ぶんぞーる!ファンタジーバブル!」
み「ぶんさん!スワロウテイル!」
ぶ「何で二人とも片言なの('・ω・)」

e0015879_10195416.gif

弁解の余地が無いぞ、この物体。



え「体操服ってのも捨てがたいよな」

e0015879_10221130.gif


み「ペットなしで梯子掴まった所見てみたいなー」

e0015879_10231568.gif


え「雪だるまコートとか」

e0015879_10242445.gif



え「…いやー、おもしれー…実際見てみてー」
ぶ「…絶対買わねーぞ…」
み「何か他に面白いの無いかなー」
え「変であってこそのぶんぞーるだからな
ぶ「さらりと酷い事言うなよ('・ω・)」

え「あ、これいいんじゃね?ムキムキとか」
み「シャインバタフライよさそうだよー」
ぶ「そこにキラリだよな」

e0015879_10283937.gif


ぶ「ハッハッハッハッハッハ…腹が…;」
え「どうなんよー」
み「なんなのー」

ぶ「夜道で会いたくない…というか、会ったら呪われそうだ

…そして3人で大爆笑してその日はお流れになりました。

ほれ、SS載せましたぜご両人。笑え笑え。
脳裏に焼きついても俺は知りません。('・ω・)

今までにない感覚で遊べそうなスカイプ。
楽しくめいぽを遊ぶというのなら、こうしたところから見てみるのも一つでは無いですかな。

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-02-15 10:16 | めいぽ
それでも日は過ぎる。
いやいやいやいや。


もういいよ貯金めんどくさいし('A`)


なんて腐ってる場合じゃありませんでした。




e0015879_18405130.jpg




気付けば新セイカでポンの開催が来週じゃないですか!!

という訳でリハしてきましたin大学。
色々詰めて詰めて話をしてきましたがやっぱり不安は不安です。
写真は決勝戦を想定してプロジェクター投影した所。(の一部分。
何となく影がシャープで綺麗だったので思わず親指立ててしまいました。
('・ω・)bΣ 

…一番怖いのは、俺が司会。

…あああぁぁぁ胃が、胃がぁぁorz
もう今日のリハだけですらかなり危なかったです。
歴々と先輩方が気合入れて、それもスーツ着用でこなしたポジション。
好き勝手やらせてくれまいか、とか言ったらダメよな、流石にな。
もう怖いやら楽しみやら胃が痛むやら喉が渇くやら。
せいぜい本番で焦りが表に出ないように堂々とせんとね!

とかここに全部書いてたら意味ないけどね!

とにかく頑張る所存です。めっちゃ頑張る所存です。



e0015879_18525184.gif


此方でも色々と応援の声は多数。


もう本音としては「いや、出来る限り頑張りますよ、えへへ」
とか言っちゃって「出来る限り」という言葉に逃げたいです。

でもなぁ…

「どうしてもやりたいねん」と一本槍ブッ貫いて頑張ってきた委員長。
初っ端から恐ろしく仕事が多かったのに文句言わずについてきた後輩。
再三の日程変更を寛大に受け止めて下さった方々。
そして色々と応援下さる皆様。


…もう俺だけ逃げる訳にはいかないじゃないか(;´Д`)

色々あったが、これで本当に大詰め。
やっちまいますか!




-おまけ日記-


…ふぃー。ただいまー。
母「おかえりー。遅かったわね」

リハの原稿合わせが…胃が痛い…;
母「まぁ、お疲れ様。こっちは楽しかったわよー」

…あぁ。皆でゲームセンター行ってたんだっけ?
母「そうそう。でね、お父さんがこんなの取ってきたわよ」

e0015879_196363.jpg


(*'・ω・)!!

何コレ!ふかふか!赤い!デカイ!足入る!(←乱心

母「PCの下なんかに置いといて、足を揃えて入れるスリッパなんですって。
  暖かそうよねー」

いや、というか暖かい(*´ω`*)

でもよくこんなん取れたねぇ…

母「でしょう?お父さん頑張ったのよー。それも2日に渡って頑張ってたもの。
   ええと…そうね、




合計で5000円くらい使ってたかしら?



(;'゚ω゚):;*.':;ブッ


ご…ごせんえん?


父「そんだけ使って取れなかったら意味無いだろ」


(;'・ω・) い、いやまぁ…それはそうだけども。それにしても五千円て…


5000円かけて取るとは、何というかもう執念じみてる気がしますが。
うちの親父は遊びでも本気だから面白怖い。


暖かいから別にいいけど(*´ω`*)
[PR]
by boardtrick | 2007-02-10 19:17 | 現実で色々
もういいや。
orz



困りました。
やる気が全く起きません。

狩りは30分持たずにちゃまさん化…じゃない、ON寝状態になるし。
バックジャンプスラッシャどころか、ジャンプスラッシャすら失敗する始末。
入ってから「…何しようか」とボッ立ちする事しばしば。
気晴らしにフリマ巡っても物価がアホなので逆に落ち込む。

しかも挙句の果てには塩ラーメン詐欺に引っかかるとか。
100個で2.1mとか、もう俺どうしようも無いな…

もうかなり無気力です。('・ω・)

やれる事はいくらでもあるんでしょうけどね…甘えてるなぁ。
物価が高いけれども「ある程度のインフレは必然」と言ったのも自分。
「Lv上げを意識しない」と言えども伸びない経験値バーを見るのも自分。

んー…どうも「何やってもアレだなぁ」っぽい雰囲気に呑まれてますな;
どうしたものか…


さて、溜まっていたコメント返信をして今回はさっくり終わり。
こんな所にも無気力さが。

コメント返信、纏めてドン!
[PR]
by boardtrick | 2007-02-09 10:23 | めいぽ
最近色々貯まってたお話ダイジェスト
えー、久しく更新できませんでした、Bunzoです;


まずはこちら。

e0015879_0335637.gif


まったり行ってたつもりでも、気付けば結構なお年頃。
Bunzo110Lv到達です。

ささっと駆け付けた、りおさんに祝ってもらいました。最近はチョコまで降るようになったんですね。
ここは一つ14日にもお願いしm(蹴

…さておき('・ω・)

思えば来る所まで来てますねぇ。
もう100Lv超えてからは完全にボーナスだと割り切って遊んでいたんですが。

ビシャス、ジャクムといったボス戦はまだまだ食い尽くしていないし。
火ブルに必中しないままの命中にはおおいに不満と恥を感じるし。
いい加減命中命中言ってないで、好きな武器を強化してみたいし。
何より、やっぱり長い付き合いの高Lvな友人方と肩並べて遊びたい訳ですよ、うん。

まだまだ彼にお休みはなさそうです。
とは言え、まったりと歩いていく事になりそうですが。

まぁ、サクチケ無くても時間が取れなくても、
ずっと愛情かけてればなんとかなるぜ、という事で一つ。
4次はたどり着ければいいなという程度に見ておきましょう。

さて、そんなBunzo君。別名で某所では格好いい事を言ったりしてますね。
「目先の事しか考えないから赤字職などと呼ばれるのだ、ダメージを極限まで減らして黒字を出してこその最強が判らんか」
と。

いやぁ、全くその通りだぜ。
強化出来れば結局はそれが強さに繋がる訳ですよ。
攻撃力が1上がるだけで、ほぼSTR5に匹敵する火力の上昇があるんだからそりゃデカい。
Lv1上げたのと同じです。
そして自己を振り返れば「ほんとすんません、仰るとおりですね」としか言えない自分がいます。
Lvに振り回された80台、貯金の無さはかなり引きずりました;

しかしまぁ…ね。
私もそんな事を考えて鉾専門DKを選んだ訳じゃなかったんですよね。
少し昔語りにお付き合い下さいますか?

…私が前キャラ、「文三」を戦士として育て、血スノの格好よさに惹かれてスピアマンに転職した頃。

当然目指すべきは血スノ、つまり「鉾」!!
何の疑念も持たずにただ一心に鉾一直線な育成をしておりました。
当時はまだ両刀というスタイルが一般的ではなく、
それこそ「チキン」「ヘタレ」なんて偏見すらあったように記憶してます。
今の投げシーフに対する評価と似通った所があるように思いますね。

純粋に火力で職の優劣が判別される傾向があり、「鉾はカスだろ、槍だぜ槍」
という風潮がDKへの評価として流れていた頃…。

そんな議論の的になるにはまだまだ早かった文三君はえらく大それた事を考えていました。

「…まったく…単純な火力だけで鉾を雑魚と決め付けるのは早計ってもんじゃないか?
 確かに槍さんのバスターは高火力らしいが…
 鉾のスラッシャーは6体同時攻撃、しかもバスターの倍ほどの範囲…

 …ゆくゆくLvが上がったらどうなるか、それを考えないといかん。
 どれだけ火力が上がっても、バスターじゃ3体しか処理出来ないんだぜ?
 もしスラッシャーで一撃確定になったら、一体どれだけの効率差が出る事やら…
 雑魚しか狩れないという言うなら、全ての相手を雑魚扱い出来るようになれば良いだけの事…!」

…なんて。
「どれだけ火力がついてもスキルの絶対的な能力は変わらない」という持論はこのあたりから持ってました。


…そして月日は流れ、文三はBunzoへ。
いつの間にかいっぱしの鉾DKに。
全てを凪ぎ散らす力を手に…!


e0015879_0555877.gif



すいません、身の程を知りましたorz


でも河童は乱獲出来るし、蟲姫もPT狩りが楽しいし、BPがサクサク倒せるし。
あながち間違った論でもなかったみたいです。
まったりしてますが、楽しいから問題無しですな。


さて、今回最後のネタ。

・音楽で狩りを楽しもう

いつも同じ音楽、同じ景色でずっと狩りをしているのは飽きが来ないでしょうか?
ヘタすれば墓を出す危険のある狩場であれば緊張感も続きますが、
黒字狩りで格下乱獲なんかだとついつい緊張も解れて…眠気が…


…zzZ…


ぴぅ

Σ(;'・ω・)?

あ…墓ってる…orz


…という事もしばしば。
…ないですか?俺だけ?

と、ともかく…

その倦怠感の軽減にも一役買う、好きな音楽をかけながらの狩りを提唱してみようかと。
いつもと違った環境に自らを置くのは脳にも宜しいらしいですしね。ジジ臭いですが。

このネタ、みやさんのサイトの掲示板で随分好評を戴きましたので、
まぁこっちでも再利用しようと思った訳です。(笑

さてさて。やり方はいたって簡単。
めいぽ本体のBGMを「ゲームオプション」でオフにしたら、
メディアプレイヤーなどでお気に入りの音楽を流しながら狩りをするだけ。

私も色々な音楽を突っ込んではランダム再生してます。
中でもやはり狩りにしっくりくるのはゲーム音楽、それもバトルシーンのですね。
そりゃあ狩りといえば戦闘ですから。

色んなゲームの音楽が…ありすぎるな、俺('・ω・)

そんな中でもイチオシの楽曲がコチラ。

Opus-XERO様 「Final Fantasy バトルメドレー」

↑のリンクは直リンを避け、トップページに貼ってあります。
"Music"から入ってくださいねb

言わずと知れた国民的RPG、ファイナルファンタジー。
その歴代のバトルシーン+αの曲をハードロック調にリミックス!
FF1~6の激闘が19分に詰め込まれています。
知ってる人は間違いなくテンション爆発。
知らなくてもリピート再生してればテンションうなぎ昇り。

FC・SFC時代のFFの印象的なBGMがどんどん流れます。
戦闘BGMだけで繋いでいる訳じゃないのがミソですね。
聞いてると「あ、これはあの曲だ…おぉ、次はこれが来るか」
とノスタルジックに楽しむ事も出来ます。全曲知ってるとか俺はどれだけオタクなのかと思いました。

ほかには「MIGHTY OBSTACLE」もオススメ。
あまりメジャーではないかも知れませんが、イースというアクションゲームからの出典です。
ボス戦の音楽なんですが、これがまた激しい!

D2用に一時間分、自分の好みの音楽を集めても楽しいかも知れませんね。
そうした音楽を求めてネットをぷらつくのも、たまにはいいものです。
[PR]
by boardtrick | 2007-02-07 01:34 | めいぽ
Sweet Home...
…久々にキました。

レトロゲームのアタリ作が。



スウィートホーム


何とカプコン製。アクションゲームばっかりかと思えばこんなのも作るのですね。

ストーリーは以下のような…。


あるテレビ局の取材班が、深い森の中の古びた洋館を訪れた。
婦人が非業の死を遂げ、それ以来彼女の怨念が渦巻くようになったという曰く付きの洋館である。
彼らはその館を題材に、オカルト番組のネタを集めに来ていたのだった。

「…たぐち、カメラの調子は良いか?」
「ああ、大丈夫だ。しかし…こりゃ凄い所だな…さっさと撮って引き上げようぜ、かずお」

「あきこさん、私怖いわ…本当に大丈夫かしら?」
「えみさん、ちゃんとお祓いはしてきたじゃない。大丈夫よ。レポート、しっかりね」
「えみさーん、撮影の準備出来ましたー!お願いしまーす」
「…はーい、今行きます、あすかさん!」

「…よし、じゃあ始めよう。撮影5秒前! 4!3!…」
「…今、私達はあのまみや邸に来ています。数々の惨劇が起きたこの屋敷…
 一体その真相は何なのでしょうか?我々取材班が、その謎に…」

…その時だった。

ゴゴゴゴゴゴ…

「…な…地震…?」

ゴゴゴゴゴゴ…

「お…おい、どんどん強く…」

ゴゴゴゴゴゴ…

「う…うわぁっ」
「きゃーっ」

館が崩れる…とも思われるほどの揺れが襲い、そしておさまった。

「…何…だったんだ?今のは…」
「さ…さぁ…」
「とにかく、早く取材を済ませて帰…」


…愚か者どもが…



頭に陰々と響くような、恨みに満ちた声。
聞くものを震え上がらせるような、幽鬼の声。

咄嗟に天井を仰ぎ見る5人。そこには…!

「まっ…まみや婦人!?」

白く、ぼろぼろになったドレスを身に纏い、長い黒髪は蛇のごとく宙にくねっている。
世の全てを恨んでも恨み足りぬ。全てを燃やしてもまだ治まらぬ、怨嗟の目。
鬼…幽鬼…亡霊…そう呼ばれるような存在が、はたして天井からこちらを睨んでいる。
それは、非業の死を遂げたとされた、まみや婦人そのものであった。

…また私の館を荒そうとする愚か者が来たのね…


陰鬱な声は続く。

無事に帰れると思うな

貴様らの肉を引き裂き
血を絞り尽くし
その魂を滅してもまだ癒えぬ


私の恨みを知れ…!!



婦人が手を差し出した、次の瞬間。
たった今入ってきたばかりの玄関の扉が勢いよく閉まる。
同時に、天井に亀裂が走る。

「危ない!逃げるんだ!」

誰かが叫んだその言葉に、5人は転がるように館の中へと逃げ込む。
天井から瓦礫が降り注いだのはそれと同時だった。

「そんな…出口が…」

…ゆっくりと…


まみや婦人の声がまた響く。

…ゆっくりと…喰われるがいい

私の怨嗟に惹かれ、集った魑魅魍魎達に
貴様らと同じく私の館を荒らし、無様な死を迎えた愚か者達に
怨嗟に身を焦がす私に


…この館に…


それきり、婦人の声は聞こえなくなった。
玄関は、もはや立ち入る事も不可能なほどに瓦礫が埋め尽くしている。

「…ど…どうするの…玄関…完全に埋まっちゃったわよ」
「…この館を調べよう。何とか、脱出口を捜すんだ。それしか…生きて帰れる道はない」

こうして…恐ろしい取材活動が幕を開けた。

ようこそ…"Sweet Home"へ。


ガクガクブルブル((((((;゚人゚)))))ナンマイダー


…とまぁ、こんな感じで始まる訳です。
生きて帰る為に頑張って館を探索して下さいね、という。

取材班の5人はそれぞれが専用の道具を持っており、
それを上手く使って探索をしないと先には進めません。
また、同時に行動できるのは3人まで。
つまり、3人と2人の2つのチームで行動するのがベストとなります。
単独行動も可能ですが、よほどの事が無い限り避けた方が良いでしょう。
そんな状態で怨霊達に襲われたら…果たして、彼は無事でいられるのでしょうか。

勿論、死亡したキャラは生き返ったりなんてしません。
勇者でもヒーローでも無い、ただの取材陣ですから。

その取材班の紹介をば。
ここではデフォルト名ですが、ゲーム開始時に好きな名前に出来るみたいです。
…恐ろしくて自分の名前なんて入れられません。

うーん、何というか真面目に攻略記事ですね。

かずお 専用道具:ライター
よくある男性キャラの常として、HPが高め。主に行動するチームに入れて、先頭を任せたいキャラです。
ライターは道を塞ぐロープを焼き切るのに使用します。結構随所にあったりするので、やはり探索時には重要キャラかと。

あきこ 専用道具:くすりばこ
間違いなく最重要キャラ。悪いことは言わない、彼女が死んでしまったらリセットした方が良い。
その理由は全てその専用道具、くすりばこにある。万能すぎるのだ。
このゲームでは、もうおよそ30年ぐらいは風呂なんて入っても無いようなゾンビ達が襲ってくる。
そんな連中に引っかかれたりしたらどんなばい菌が入ってくるか判ったものではない。
毒に冒されたらくすりばこ。動けないほどの猛毒にもくすりばこ。一発で完治するのである。
それだけではない。なんとこのくすりばこ、呪いや恐怖すら消し去るのである

なんじゃそら(;゚Д゚)

とは誰もが思うであろうが、まぁ治るのだから良しとしようではないか。
それよりも、状態異常の恐ろしさを知るべきだ。

毒…一歩あるく毎にHPが5減少?戦闘中に影響は無いが、マップが広いのでかなりの脅威。
   なお、これが原因で死亡する事もある。
猛毒…同じく戦闘中に影響は無いが、戦闘が終わると行動不能になり、パーティから強制除外。
 その場に取り残される。リアルタイムでHPが減少してゆき、治療出来なければそのまま死亡。
呪い…恐らく毒と同じ。
恐怖…戦闘終了後、暫くすると発生。猛毒と同じく孤立、行動不能に。

…治療してくれる彼女がすぐ横にいれば何も恐れる事は無い。
が、万一彼女と別行動を取っている時にこうした状態異常に見舞われたら…
それは恐ろしい猛威を振るうのである。 

ちなみに…他のキャラが死亡した時の代替品はどこかに用意されていますが、
くすりばこの代わりはありません。…ご注意を…

たぐち 専用道具:カメラ
取材班らしい道具を持つ男。何でこいつだけ苗字で呼ばれるのかは永遠の謎。
男性キャラである、という特徴はかずおと同じ。重い武器何かも持てるので、戦力としても申し分無い。
カメラはストーリーを進める上でとても重要な意味を持つアイテム。
まみや婦人の夫である「いちろう」が、自ら描いたフレスコ画が館のいたる所に存在します。
それをカメラで撮ると、隠されたメッセージが読める…。
これは婦人の身に起きた惨劇を示すものであったり、館を進む上のヒントであったり。
読まねば先に進めないのはどちらも同じ事です。
ただ、フレスコ画にしか効果を示さないので、常に探索チームに入れるのは非効率か。

…それにしても…肩に担ぐタイプのカメラでモノを撮っても、「パシャ」って音はしないよなぁ…

あすか 専用道具:そうじき
どうでもいいキャラNo1。いや、死んでもらったら困るけど…

Q, そうじきはどんな事に使えるのでしょうか?
A, はい、館に散らばるガラス片を吸い取って、通行出来るようにします。
  他にもフレスコ画が埃を被っている時に、その埃を取り除くのに使います。

Q, なるほど。では、彼女がいないと進めなくなるんでしょうか?
A, いえ、大抵回り道をすればガラスを避けて進める事があります。
  そうじきの代わりとして「ほうき」というアイテムも存在します。
…以上。
しかもかなり早い段階でそうじきの代替品である「ほうき」が入手可能。
女性キャラは装備できる武器に限りもあるし、HPも低めな事を考えると…
もしかしたらほうきを使って他のキャラで進んだ方が…安定?

…いやいや。専用道具の他には一人2つまでしかアイテム持てないじゃないか。
うん、やっぱり彼女にはいてもらわないと。アイテム持てないよ。

…あれ、それってつまり道具持t(蹴

えみ 専用道具:かぎ

「あたし ひとりで いってみる!」「うん!なかまがいっしょのほうがこころづよいもんね!」

という発言連発。絶対ブリっ子だ、間違いない。
ゲーム開始時のデモではレポーターを勤めていた様だが、
どこの世にヘアバンドつけてミニスカのレポーターがいるというのか。

…ハッ!?

もしやよくある、若手アイドルにオカルト記事の取材をさせてそのリアクションで男性ファンを掴むとかいう趣旨の番組ッ!?
「きゃー、ゆーれいこわぃぃ~」とか言わせる気だったのかっ!?
…だ…だとしたらブリっ子セリフも頷けるぜ…!
なんて汚ねぇ世界だ…芸能界…!

('・ω・)…偏見良くないですね。

えー、彼女の専用道具は「かぎ」。

…。

かぎ?

この恐ろしげな洋館の…鍵を?
ちょっと待て。お前どうやってそんなもん手に入れた。
…もしかしてこの取材、ひいては番組構成もすべてお前のテコ入れか?
自分のブリっ子を引き出すために…そして売り込む為に…お前は幽霊まで利用するというのか…!

何て…恐ろしい子…ッ!

('・ω・)…妄想もほどほどにせいという話ですね。

さて、彼女がいないと館のいたる所にある扉を開く事が出来ません。
その為、探索班には必須の人物となるでしょう。
開けるだけ開けておいて、探索は別の人間に…というのも悪くはありませんが。
黒いやっちゃなぁ…。


さて。この5人を操作して館の探索を進めますが…
面白いくらいに"お約束"が多くて素敵です。

廊下を歩けばシャンデリアが落ちてくる。
銅像の脇を歩けば倒れてくる。
ついでにナイフも飛んでくる。そういえばイスも。

ただしダメージが恐ろしく低い。
シャンデリアが頭を直撃して、ダメージが10って何だそれ。
HP500とかあるんですけど('・ω・)


人形があるかと思えば喋り出す。
西洋の鎧が襲ってくる。
襲ってきたから仲間に助けを求めて一緒に戦える。
ボロボロの板を足場にして先に進まないといけない。
一人ずつ渡らないと踏み抜いて「うわー、たすけてー!」。
ふわりふわりと漂ってきた霊魂に掴まるとどこかに拉致される。

こうしたジャンルの映画で良くあるシチュエーションをうまくゲームで表現していると思います。
ファミコンだというのにモンスターグラフィックも良く動くし、
イベントシーンではちゃんと絵が用意されてるし…。

ホラーゲームというか、恐怖をウリにしたゲームも評価されるようになった今日。
こうした古典的なテーマを表現したのも良いなと思うのです。
惜しむらくは、古いゲームですので店に行けばすぐ入手できる、という訳にはいかないこと…。

…。

エミュレータやっちゃえ

いえ、何でもありません。

筆者は現在…

「このすさまじいれいきは… まちがいない まみやふじんだ!!」

と入った途端に言われる部屋を見つけました。
ええ、速攻で逃げましたとも。(;'・ω・)

まだいくつか調べてない場所もありますしね…。
もう大抵の化け物は襲われる前に潰せるようになってますが。

ぎんのよろいだ!!(ぐしゃーん
さかさゾンビだ(ぐしゃーん
しにがみ(ぐしゃーん
うじむs(ぐしゃーん

よっぽどこいつらの方が化け物だと思います。
窮地に陥った人間の底力ってすげぇ。

それにしても悲しくも救われないお話だ('っω;)
ちゃんとまみや婦人を成仏させてあげたいですなぁ…。

容量がショボくても、ポリゴンが使えなくても、音がチープでも…
印象に残る作品ってのは作れるものなんですね。
これは名作だなぁ…。

こんな記事の後にコメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-02-02 15:20 | ゲーム評論