「ほっ」と。キャンペーン
・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
続・鉾師が鉾専を奨めないワケ
さて先日に続きまして、DK考察。
果たしてEXアタックは有効なのか…という所に疑問を投げかけて終わってました。
まずはさらりとEXアタックの性能をおさらいしましょう。

EXアタック パッシブスキル MAXLv30
攻撃スキル(パワスト・スラブラ)使用後、一定確立で追加攻撃を行う。


MAX時で60%、250%の攻撃力を持つ追加攻撃を発動させるEXアタック。
しかもHP/MPの消費は一切無く、通常攻撃よりもスキが少ない。
純粋に攻撃性能を強化してくれるありがたいスキル。
何よりモーションが格好良い。この為に振ると言っても過言ではない(多分。

特にナイト・クルセイダーのEXアタックは魅せ重視過ぎるモーションである。
一撃見舞ってから、間髪入れずに得物を真っ直ぐ頭上に構えてこちらに背を向け、立つ。
そして間髪入れずに切り下ろす…
「何言ってるかわかんねぇ('・ω・)」という人は是非とも誰かに見せて貰って欲しい。
2次のソードマン・ページの時点でこの格好良さが身に付くとは…差別か?(笑


…話が逸れました。
DKのEXアタックには、実際に使ってみないと理解しにくい面というのも存在するのです。
ナイト・クルセイダーにおけるEXアタックの存在とDKにおけるEXアタックの存在では、
これは全くもって意味が違う。

まずその攻撃性能。250%とパワスト並の威力を誇っているが、
それとて振り・突きのランダム判定はきっちり受ける。
パワストの260%+EXの250%を期待出来るのは、

鉾で60%×60%×60%=21.6%
槍で40%×60%×40%=9.6%


と、かなりの低確立になってしまう。
強化書貼ってるんじゃないんだから…

また、スラブラ時にEXが発動した場合、EXもスラブラ扱いとなり、
複数体に攻撃が可能であるが、その攻撃力は著しく低下する。
これはどうやらEXの250%をモンスターの頭数で割っているようで、
3体も巻き込めば一対当り80%と少し。通常攻撃以下の打撃になってしまう…
それなら素直にスラブラを2発撃った方が遙かにマシである。

このように、確かに攻撃性能は上昇するのであるが、その内訳を考えてみると
「普通に2発攻撃スキル使った方が良くない?」という疑問を抱かざるを得ない。

そして、EXアタックが毒とも薬ともなりうる最大の要因…
それは、発動時の硬直時間の問題。
前述したように、EXアタックは通常攻撃より素早く追撃を出せる。
2発攻撃スキルを撃つより速く、2回分のダメージを与えられるのだ。
これぞまさしく神速の狩りに貢献する…



と考えるのは少し待っていただきたい。


確かに速い出のEXであるが、もともと追加攻撃に過ぎないという点を見落としてはならない。
つまりそれ単体で出せる攻撃ではなく、元の攻撃に加えて発動するという事。
実質、攻撃スキル使用分の硬直に更にEXアタックの硬直を受ける事になるのだ。

つまり、仮にEXアタックの硬直が攻撃スキル硬直時間の0.8倍だとすると、
一度EXが発動すると攻撃スキル1.8回分の時間は何も出来なくなる、という事。
これは意外と大きい差。

というのも、鉾や槍はもともとの攻撃モーションが大きい為、
自然とEXアタックも長めになってしまう短所がある。
その上これらの武器は他の武器よりも威力が高く、よくよく相手を選ばないとせっかくのEXアタックの恩恵を無駄にする事になってしまう。

1発で倒せる相手なのにEXが発動して余計な時間を消費。
2発で倒せる相手なのにEXが発動してくれなくて接触。

…まぁこれは相手をよく考える事である程度は回避出来るかも知れないが、
そうすると今度は発動確立60%という中途半端さが頭を悩ませる。

アテにならないと決めるには出過ぎた数字…
アテにするには頼りない数字…
まさしく帯に短したすきに長し。

しかも、これはLvが上昇し、狩る敵が強くなっていくと別の問題をも引き起こす。
中途半端に攻撃のリズムが早まって、相手のKBが取れないという事が発生するのだ。

BPが良い例で、赤サフにブースターをかけてパワストを叩き込むと、
まず最初のパワスト分でKBが発生するが、
その後にEXアタックが入ると、ギリギリで2回目のKBが発生する前にBPを叩いてしまう。
こっちは1.8回分の攻撃硬直を受けるのに、相手は1回のKBで済む。
当然接触されて、結構な痛手を受ける。

BPクラスともなれば一発の接触で1k前後のHPを当たり前のように奪っていく。
EXが発動して節約出来るHP/MPの比ではない。

ではどうするか。
そりゃもう、そのLvなら3次にもなってるだろうし、3次攻撃スキルを使えばいい。
ただしEXはそれには適用されない。
結局EXは2次時代専用の補正スキルとなってしまうのだが…
そう割り切るにも確立が…威力が…。

と、こう考えると私個人としてはEXアタックの有用性には疑念を禁じ得ないワケです。
果たして貴重なスキルポイントを注ぎ込むだけの効果があるのか…と。
そうでなくてもスピアマンはPが余りやすいクラス。
頑として「鉾一本、槍一本を通すんぢゃい!」と考えるとEXアタックばかりでなく鉄壁や1次スキルに振る必要があるのです。
だから鉄壁MAXなんて阿呆な振りをしたDKがここにいるのですがね(笑

それぐらいなら、その余りがちなPとEXに回す分のPを合わせ、両刀DKを目指した振りにするほうがずっと有用ではないかな…というのが私の意見です。


まぁ、極論を申しますと。
今のめいぽにおいてはどう考えても両刀が便利です。
強いとか弱いでなく、便利。ここが両刀を理解するポイントですね。

それに対して一本特化DKは何に優れるのか。
それは数値や性能、効率ではない。

格好良さです。

…言い切っちゃった(;'・ω・)

特化DKであるというプライド。
恐ろしく不器用で無骨な誇り。
その拘りこそが特化たる所以。

何も性能として現れません。不器用なだけです。
だからこそ私は鉾を愛し、鉾専を奨めないワケです。
それでも「わしゃぁ鉾専がスキなの!どうしても!」
という人を止める理由はどこにもありません。
諸手上げて歓迎します。ようこそ不器用で頑固な世界へ(笑

さて、如何でしたでしょうか。長々と続きましたが…。
両刀と専門DKの選択、その一助になれば幸いです。

そして余談。パッチ当りましたねー。
何と釣りが出来るようになったとか。
これは連夜釣行さん、大喜びじゃないでしょうか(笑
さっそく試してみようと思いましたが、釣り竿持ってないとダメとか…
アレ、何で手に入ったっけなぁ;
[PR]
by boardtrick | 2007-04-25 22:25 | めいぽ考察
鉾師が鉾専を奨めないワケ
まず最初に。
東さん、今朝は失礼しました;
いきなり落ちまして…復帰したんですが、どうも入れ違いだった様です。
ダークナイトスキルに関しての論議、楽しかったです^^


さて。

私が「DKしたいんですけど、鉾と槍どっちがいいですか?」と質問された時。
決まってこう答えています。

「両刀をお奨めしますよ」と。

今日はその事について触れてみようと思います。
私は鉾ですが、鉾専はお奨めしませんよ。


1,スタイル別DKの利・不利を考える

現在までめいぽが続き、その中でDKも様々な育成法が編み出されてきました。
まず原初より脈々と続くのが、鉾か槍のどちらかだけを使う専門DK。
利点は…
・何をするのか判りやすい
・(両刀に比べて)武器に余分なお金をかけなくていい
・スキル振りに迷わない分、振りミスが少ない
・EXアタックの恩恵が得られる


という所でしょうか。
対して、その不利な点は…
・武器が一種類なので、特有の辛い時期を迎えても我慢して頑張るしかない
・成長させても使い分けが不可
・スキルポイントが余りがち


という感じ。特にスキルポイントの余りというのは致命的です。

そして、こうした流れから派生して生まれたのが現在の主流と思われる、両刀DK。

現在では「鉾マン解体真書」のRENORIさんによって、
様々な両刀タイプのスキル振りが提案されていますが、
ここではそれらを全部ひっくるめて両刀DKと考えます。

それらの利点は…

・何と言ってもその器用さ。狩り場に応じて武器を持ち換え、幅広く対応出来る
・黒字狩りに鉾、ボス戦の火力に槍という事も可能


これに尽きます。めっちゃくちゃに有利なのは間違い無い。
鉾スラッシャで槍バスターのダメージ効率に勝つとか…無理です…
サクリも不安定ですしね。ダメージ効率に関しては槍の独壇場でしょう。
その代わりに鉾にはスラッシャの範囲を最大限に生かせる利点があります。

「槍でもスラッシャでタゲ取りしてからバスター使うと効率出るよb」

なんてむごい事を言われても泣かない。
その分彼らは2次時代に苦労したんだから。

…話が逸れましたね;
両刀のデメリットを考えると…

・槍も鉾もそれぞれの武器が必要なので、多少お金が余計にかかる
・EXに振れないので、多少2次が辛い?


そう。これぐらいしかない。
確かに武器代は必要になりますが、逆にこうも考えられないでしょうか?
「武器代さえ揃えば、どちらも扱えるDKになれるのだ」と。
急いで槍を揃える必要はどこにもない。
80Lvか、90Lvぐらいでスキルが整う頃に槍を持てばいいだけ。
そう思えば、さしたるデメリットではないのでは、と思います。
そしてEX。これが、私が鉾専を奨めない一つの理由です。

EXに振れない→火力低下→効率の低減→マゾい('A`)

…果たしてそうなのか?
EXは本当に狩り効率に貢献していると言えるのか?
そしてその将来性は…?

コレこそが私の主張したい核心。
ちょいと長くなりそうだし、お仕事の時間も近い…
この続きはまた後日述べる事にしましょう。

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-04-24 06:33 | めいぽ考察
ジャクム撃破!
こっそりとめいぽ、仮復活なBunzoです。

先日復活した際に、そのままジャクムに参加する事になりました。
リハビリがジャクムってのもなかなか豪華です。

今回のLAPジャクム、率先して引っぱっているのはエリケン兄さん。
その勇姿を収めて参りました。

e0015879_664575.jpg


…あ、違った('・ω・)


e0015879_671170.jpg


格好いいですねぇ。
何せ「ヒーロー」です。職業が英雄。
もはや別格の雰囲気すらある4次職です。
周りを見ると結構もこもこと黒豆君を浮かせてる方々も。
うーん、素晴らしく強い。

そして戦闘開始になった訳なのですが…
ラグが酷い事酷い事。

なんか、もう、

さ ぁ 頑 張 る ぞ


お ぅ !

ぐらいの勢い。
2秒に一回、画面が更新されてる感じでした(笑

その中でも死なずに対応出来てたのは自分でも凄いと思います。
伊達にラグと共にめいぽやってた訳じゃないという事でしょうか。
久々にあの3分毎に落ちてた時期を思い出しました…

そしてそして。

e0015879_611172.jpg


撃破!な訳です。
いやぁ、皆さん強い。ゲージがごりごりと減っていくのが見て判るぐらいの速さでした。
私も初撃破となって、何よりの経験でした。
やっぱりボス戦はこうでないとね。

しかも嬉しい事に兜が出現してます。
時価数百mなんて恐ろしい値段がつく、まさしくめいぽ界髄一の逸品。
私はどれだけ多くても50mしか持ったことがありません。
あと数倍足りませんね。

でもせっかくですので、被らせていただきました。

e0015879_61427100.jpg


…。
蟹ですね。毛蟹。(笑

これは良い体験をしましたね。次はホーンテイルかな?(笑
[PR]
by boardtrick | 2007-04-24 06:25 | めいぽ
やっぱりこっそり騒ぐ私
はい、昨日の今日ぐらいで結局我慢しきれずにちまっとめいぽに顔出したBunzoです。
この節操の無さは一級品ですね。

久しぶりに楽しむめいぽっていい。
もう一月も離れてたら相場とかもう好きにしてくれって感じだからね(笑
適当に貯金して、何か欲しくなったらその時考えよう。

さてさて。色々と楽しんだのですが、SS編集に時間がかかるのでちょっとそれは次回以降に…。
取り急ぎの連絡だけをしておきます。


暫く取り扱いに迷ってたら、そのうち相手がすねちゃったみたいです。
いや…だってコレ…

e0015879_641732.jpg


なんか恥ずかしいんですもの(笑

何だ。何故ハワイアンだ。
全然とけ込めてない濃い顔だぞ。
ともかくhesちゃん、3作も続けてありがとう。
何処かで今日もおっさんは頑張ります。

そしてそして、次。
リンク追加のお知らせです。
皆で広げようコミュニティの輪。

◆ Яiot Chuna ◆
我がLAPの元気娘、ツナ猫さんのブログが新装開店。
色男ジョニーの飼い主 主人 良きパートナーでございます。
元気いっぱいな彼女が戻ってきたみたいで、嬉しいですね。
実際には、多分戻ってきたのは私の方なのですが(笑

徒然なるヤスの軌跡
そして新しくLAPに参加いただいた徒然なるヤス様のブログです。
先日お会いした時にはえらくガクブルなさってまして、どないしたのかと思えば

「Bunzoさんに憧れてDK作ることにしましたっ」

と、とんでもねー事を聞かされました。

今からでも遅くない、考え直せ。
こんなんに憧れたら髭生えるよ('・ω・)
と言っていたのですが…どうやら手遅れだったようです。
e0015879_6131499.gif


もう生えてる…

憧れられる程に出来た人間じゃないんですけど;
それでも慕っていただけるのは嬉しいことです。

スラッシャ撃てたら楽しいぞぉぉぉぉ!

…そして彼を更正させる為に速く「鉾一本って大変なんだよ」という記事を書かなければ。
間に合う。まだ彼ならきっと間に合う。(笑

ともかく、ご両人とも、宜しくですよ!

その他コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-04-23 06:08 | めいぽ
さぁ、プラケース握ってレジへ直行。
どもども、Bunzoです。
ちょっと仕事やなんやらで更新停滞気味。
しかも今までメインのネタ源だっためいぽが半休止状態。

おお、意識してなかったけれども…
これは「ぶんろぐ」存続のピンチか?(笑

まぁ、そんな事言っておきながらいつの間にか飄々と出戻ったりしてるのも私ですが。
うーん…もうしばらくはこんな感じになるのでしょうかね。
めいぽネタを期待してくださってる方には申し訳ないです;

さてさて。あのよく判らない「詩」。
意外と反響があった様子。
一応、「愛」をテーマに思うがままに綴った感じです。
悪かったな白々しくて。重々承知だ。(笑

難しいものですねぇ。
求めれば手が届かず、と思えば知らず相手を傷つける…

私はまだまだ若造のようです。
せめて一言、あの人に会って「すまなかった」を言えれば…
どんなに楽だろう。

せめて一言、彼女に「俺はここにいる」と言えれば…
彼女がそれで振り向いてくれれば…
どんなに、私は嬉しいだろう。

恋愛ってそんなものなのでしょうか。



そして職場での写真。
休み時間に何してんでしょうね、この兄ちゃんは。
お仕事はまだまだ現状維持。
ただ5月からは本格的に死ねそうなお話を良く聞きます。
武器は根性のみ。やるしかねぇですな。


さて、今日は休みという事で以前から気にしてたCDを探索しに行くことに。
買って帰ってみれば見事にジャンルがバラバラ。
これが私なのですね。


1,Elysion  by Sound Horizon

どこ探しても無かったのがやっと見つかったorz
大学の連中でカラオケに行くと何人かが歌って、その度に「この歌詞すげーな…」
と思っていたグループでした。
まぁ探しても無い事無い事。
今日やっと見つけたんですが…

その棚が「アニメ・ゲーム」の棚だったという事は…
…まぁ、そういう事だったんでしょうね。関係ないけど。(笑

歌というよりも朗読みたいな曲ばかりです。
歌詞カードなかったら何言ってるか判らないかも。
歌詞を見ながら堪能するのが正しいのかも知れない。
そういう意味ではまさにカラオケ向き。

あとはあれだ、「エルの天秤」が聞きたいんだorz

 …ねぇお父様 その楽園ではずっと一緒に暮らせるの?
 …ねぇお父様 その楽園では傷はもう痛くないの?

 …楽しそうに傍らの男に語りかける 頬のこけた少女
   …あぁ、彼女にはもう見えていないのだ
     
      傍らに転がる死体が…


…っていう、かなり暗い歌。珍しいな、俺にしては。
でも前半の「ねぇお父様…」って何度も何度も繰り返される間にどんどん曲の世界に引き込まれるんですよね。
救われない、その世界に。

追々、追いかけて見つけたい所です。

2,ぶっ生き返す  by マキシマム ザ ホルモン



好みど真ん中。

間違い無い。何叫んでるのか意味が判らないのにもの凄い惹かれる。
叫んでるガンガンのロックかと思えば「恋のメガラバ」みたいなめちゃくちゃなポップを叩きだしたり、
歌唱とメロディで「こいつらカッケー!」と素直に思わせる歌を出したり。

「絶望ビリー」は凄いですねぇ…これは本当に格好良いですわ。
もともと「DEATH NOTE」というアニメの主題歌として書き下ろしたという曲だけあって、
同名のアニメをイメージした歌詞なんですが、多分アニメで主題歌聞いてるだけじゃまず判らないでしょう。
OPアニメ格好良すぎますしね。
とか思ってたらあのアニメもこのバンドの一人が全部監修したそうです。
「アカギの時にイメージと違うアニメ付けられるのが嫌で堪らなかったので…」
だそうな。才能ありすぎます。(笑
ようつべ…じゃない、youtubeでも見られるハズですので、興味があれば。
そしてその歌詞がコレ。

ノートに猛毒 煩悩に恐れ抱く
大嘘の妄想にヨダレが絶え間なく

裁き 犯罪統括とほざく
誰が打開策などわかる?

冤罪のワールド
制作のワード


…どうです?原作知ってる人には判ると思います、世界観の再現性が。
そして最後の2行…WorldとWord…

あれあれ、消えた一文字は…?
実は登場キャラクターの一人という。すげぇよあんた。(笑

とまぁ、ここまで「DEATH NOTE」の世界と絡めた「絶望ビリー」を初めとして
計13曲、ほぼ叫びっぱなし。
「何か最近たるいよなー…」なんて人には強烈なカンフル剤になるでしょう。
ちゃんと歌詞カードでメンバーが曲の解説までやってる。
何て親切なんでしょう。

「脳天に叩き込まれるような」なんて表現はよくありますが、そんなもんじゃない。
こいつら脳の中で踊ってる。それくらいに強烈です。

推奨年齢は19~25歳ぐらいまで。
それ以下には刺激が強すぎるので与えてはいけません。
なんで18禁マーク貼ってないんだコレ!貼れよ!(笑
それ以上の人でも若い頃に"ぶっ生き返されたい"人ならどんどんどうぞ。
老いも若いも男も女も無気力人間も優柔不断もまとめてぶっ生き返されます。

「ダラダラ生きてるんじゃねぇよ、コラッ!!」
と彼らは強烈なメッセージをブン投げてるのです。きっと。

あ。そうそう。このCDの裏はいつもの彼らの如く凄いイラストになってます。
しかも前面には「真のホルモンFANならどっちでレジに出すか判ってるよな?」
なんてシールが貼ってますが、こんなんに煽られてレジに出さないように。

私、煽られました。

3,GRAN TURISMO4 ORIGINAL GAME SOUNDTRACK

良いんですよー。ずっと欲しかった。
GT4のゲーム中には色んな洋楽チューンが採用され、それがレースやリプレイに華を与えてくれるのですが、
これが本気で良い曲が多い事多い事。

シリーズ通してのテーマ曲「Moon Over The Castle」がすでに名曲。
何でこんなに惹かれるのかなー、と思ったらそこにはちゃんと理由がありました。

その昔、それこそ幼稚園に通う前から私はF1が大好きでした。
男子永遠のアコガレです。速いもの、強いもの、そして何かすげーものというのは男の子誰でも憧れるのです。
理屈なんかありません。
ただ私の場合はなかなかそれが筋金入りだったらしく…。

父「お前、深夜のF1中継でもテーマ曲がかかったら『えふわん走るの?』って起きたからなぁ」

と言われるほどのアコガレぶりだったそうです。
実際自分でも覚えがあります。アラン・プロスト大好きでした。(笑

F1のテーマ曲と言えばご存じの方も多いのではないでしょうか。
T-SQUAREの名曲、「TRUTH」です。

そして「Moon Over The Castle」もそのT-SQUAREのメンバーが携わっていた、と。
同じメンバーによる、同じクルマの為のBGM。
きっとその共通したモノに私は惹かれるのでしょうね。

他の洋楽ナンバーも非常に気持ちの良い仕上がり。
アコガレのクルマにこのCDを放り込んで、誰もいない海岸沿いの道を走れたら…
気持ちいいでしょうねぇ。
暫くは家でのリラックスに一役買ってくれそうです。


うーん、ほんっとにバラバラだ。
これが私なんですねぇ。(笑
[PR]
by boardtrick | 2007-04-21 16:43 | 現実で色々
只今休憩中。
e0015879_12433012.jpg

たまには出先から投稿。
仕事場です。トラックのタイヤが良い感じの背もたれ。
金髪でもなけりゃ剛髭でもないですが、それなりに頑張ってます。

週末ぐらいめいぽ出来れば良かったんだがなぁ。
[PR]
by boardtrick | 2007-04-19 12:43
我は
我は

人に至上の幸せをもたらすもの
人を絶望の淵に立たせるもの
人は我故に喜び、我故に嘆く

人の世と共に生まれ 常に求め続けられ
その時より不変、なれどその形は常に変わり続ける
いずれ人は我に目覚め、我を求める

遙か遠くにあるようですぐ側に
遙か過去に過ぎ去ったと思えば、その明日に
我は常に人と共に…

我は永劫に在り されど我は形なきもの
求められ、追い続けられ、それでもなお我は変化を止めぬ

我は誰にでも与えられよう 我を望むので在れば
されど、我が汝の望む形であるとは限らぬ
故に人は喜び…嘆き…そして我を求める


問おう 

我の名は何か?





…なーんてね。
こんなもんを語れる程生きてる訳でもないのに無理してもこの程度か。

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2007-04-15 21:41 | 現実で色々
未確認無重力爽快感
流石。
hesちゃん、仕事が速いですね。
もう次が来ました。

e0015879_20281539.jpg


惜しい!
nが…nさえあれば完璧でした。
雰囲気としてはこんな感じですかね。
こんなモンキーレンチねーだろ、とか思ってたら実在するんですねコレ。

そんな感じで進め、僕らのぶぞーお兄さん。
Bunzoお兄さんもどうぞ宜しく。


さてさて久しぶりな「流行とか今が何年とか気にせずに好きなゲームのうんちく垂れるぜ俺は文句あるか」のコーナーです。
非常に長くていちいち打つのがめんどくさいです。素敵名称募集。


今回のゲームがピタリとはまるかどうか、チェックしてみましょう。
次の項目の内、1つでも当てはまれば楽しめる可能性大、です。

適性を診断します
次の項目の内、ご自身に当てはまると思うものの数を数えてください

・ロボットと言えばパワーよりスピードだ
・カスタマイズとかチューニングとかメカな部分はどうでもいいんで思いっきり飛びたい
・「一対千」、「最強」という単語に憧れる
・どうせ暴れるなら色んな手段で攻めたい
・やりたい時に始めてやめたい時にやめるのがゲーム、セーブポイント探すのも面倒に感じる
・はいだらー


…上記の内、一つでも当てはまる人は購入を考えても良いかも知れませんよ。
最後の一つに当てはまったというか反応した人は買ってるだろ。(笑


という訳で今回紹介するゲームはコチラ。

ANUBIS
ZONE OF THE ENDERS


とにかく爽快なゲームです。
幾つかのポイントに分けてご紹介しましょう。

・直感的に動ける操作感と敏速な反応が生むスピード感
高度を上げるのも空を飛ぶのもボタン一つで思うがままに出来る操作性。
敵機を撃破すると同時に、即他の敵機を補足するシステム。
これらが相まって、アクションそのものは凄くスピーディです。
「敵どこよ敵」と迷う事は無いし、
即座に反応出来る操作感は敵に追いつめられた状況を一転させる事も可能になります。

初めての人にはストレスの無いゲーム進行を。
慣れた人にはより思い通りの行動を。
その人に合わせたプレイ環境を提供してくれるでしょう。

・プレイヤーは"最強"、一対千の物量を覆せ

これがキモです。
プレイヤーの操作するロボット"ジェフティ"は作中にて"現行で最強のロボット"という位置付けにあります。
伊達でも何でもない。純粋な性能で言えば、他のどのロボットにも劣らない。
それがプレイヤーの機体。

だったら何でも勝つから面白くないんじゃないの?

ところがどっこい。
性能で劣る分、相手は物量で迫ってきます。
常に複数の敵機を相手にすると思ってください。
斬って叩いて撃って掴んで投げてればなんとかなりますが、
敵機への警戒を怠ると思わぬ痛手を受けてしまいます。

また、ジェフティが最強であるのはあくまでその純粋な機体性能。
敵機はそれを覆す為に様々な戦術を用いて迫ってきます。
ただの一本槍ではいかに最強と言ってもなかなか通らない。
こちらも様々な対応策を模索する必要があり、そこに戦略を編み出す楽しさがあるのです。

そしてそれに付随して、「サブウェポン」と呼ばれる様々な武装が用意されています。
敵機を捕縛し、身動きを取れなくするゲイザー。
相手を吹き飛ばし、体制を崩すガントレット。
追尾性能・攻撃力ともに高いが消費が激しく、使いどころを考える必要のあるホーミングミサイル。

などなど。
確かに敵機の撃破だけならば斬って撃ってれば良いかも知れませんが、
これだけの多彩な武装を使わずして何とする!?
この武装を使いこなして、変なプレイ(誉め言葉)を突き詰める事こそがこのゲームのカタルシスでしょう。

・流れるようなストーリー展開と登場人物の妙
「どこ行ったらイベント進むんですか;」と悩む必要も皆無。
向こうから次々にやってきます。というか展開が停まりません。
そしてその都度アドバイスや指示も入るので「どうすればいいのか判らない」というもどかしさもありません。
ボス敵との戦闘中にも「こうやって対処しましょう」という指示をジェフティ搭載のAIさんが細かく出してくれます。まぁ素敵。

そして、このゲームを彩る個性的すぎる登場人物達。
何が凄いって、性格に突っ込みどころがありすぎる事。
表と裏、二面から見てしまえる。

だいたいこんな奴らです。


ADA(エイダ)
(表) 「当樹はオービタル・フレーム、ジェフティです」
  ジェフティに搭載されている独立型戦闘支援ユニット。
  戦況を瞬時に判断し、的確なアドバイスで搭乗者を補佐する。
  いかなる敵機が相手でも、ジェフティが相応の戦力を発揮できるのは、彼女(?)の支援があての事。
  そんな彼女にプログラムされた事。
  それは、バフラム軍の軍事要塞、アーマーンをジェフティの自爆により破壊する事。
  エイダは言う。「命の無い私にとって、生きる目的」だと…

(裏) 「面白ぇ…」
  戦闘AIの割に妙に人間臭い一面も。
  作業用ロボットのCPUと一緒にすんなと言ったり、
  「お似合いです」などと世辞を言ってみたり。
  全ては以前の搭乗者の影響らしいが…
  このゲームのシナリオは、「彼女の存在意義は何か」を探すという面もあるのかも知れない。

ディンゴ・イーグリッド
(表) 「03中隊のエースの名、伊達じゃねぇぜ」
  元、バフラム軍のエースパイロット。ある作戦により、軍上部から部隊を捨て駒にされるような任務を強制される。
  仲間が大勢死んだ事に大いに軍への不審感を抱き、軍を退役。以降は木星での採掘工として生活していた。
  しかしながら、ある日。木星に投棄されていたジェフティを偶然にも発見、
  時を同じくしてジェフティの奪取に現れたバフラム軍の攻撃から逃れる為にジェフティに搭乗。
  そこから、彼は過去に残した因縁と再び向き合う事になる。

(裏) 「…バッカかお前、バカじゃねぇのか!? またはアホか!」
  28歳といういいお年の癖して言動の端々にガキ大将くさいものが見て取れる。
  度を超した振る舞いではない(…と思う)し、それがどうでも良くなるくらいに
  苦労しまくる人なのでまぁそれくらいはご愛敬か。
  「頼りになるんだけど妙に子供じみた兄ちゃん」を地で行く人。
  この時代のロボット…オービタルフレームは搭乗者の性格を如実に反映するらしいのだが、
  まぁ彼の乗ったジェフティの荒々しい事。斬るわ掴むわ投げるわの大暴れである。
  大人気ねぇー。

ケン・マリネリス

(表) 「ねぇ、私達は必ずノウマンを、アーマーンを止めなくちゃならないわ」
  バフラム軍在籍のパイロットだが、軍の方針に疑問を感じ、トップであるノウマンを止めようとしている。
  気丈で負けん気の強く、あーしろこーしろと人に指示を出す事に慣れている感。
  実直に、時に盲目なまでに目標に向かって走る人間である。

(裏) 「貴方は今、失った心肺機能を機械で補ってるわ。 その動力はジェフティから供給されてるの。
     …つまり貴方は、ジェフティを降りたら死ぬのよ」

  …と言えば聞こえは良いが、目的の為には手段を選ばない恐ろしい一面も。
  心臓を撃たれたディンゴさんを無理矢理蘇生させてジェフティに強制搭乗、
  「言うこと聞かなかったら動力供給を絶たせる」と脅して協力させる。
  淡々と書いてますがなんつう怖い女だ(;'・ω・)

  地雷原を抜ける時も
  「えーと…スプーンを持つ方が右だから…」
  「うん。多分。」
  「右よ」
  なんて指示を出す恐ろしさ。お前…大丈夫か?(笑
  こんなんに言われるがままに使われるディンゴさんの苦労が偲ばれる。

ノウマン

(表) 「…見よ! 宇宙が! 人類の無意識が! 終末を望んでいるのだ!」
  超クレイジーなバフラム軍最高権力者。尻尾生えてるし。
  万能鉱石であるメタトロンの発見により高機動ロボット、オービタルフレームを開発し、
  その軍事力を飛躍的に増大させ、火星・木星を制圧下に置く。
  その真意を「全部壊しちゃえ♪」とかなりイッちゃった方向に向ける。
  すがすがしいぐらいに悪役。むしろ気持ちいい。
  ジェフティと全く互角の性能を持つ"もう一つの最強機体"、アヌビスに搭乗。

(裏) 「嬉しいよディンゴ…本当に嬉しい」
  そしてすがすがしいまでにディンゴさんの事が大好きです。
  LOVEです。狂った果実。
  最初に相まみえたときの「誰だ…その機体に乗っているのは…」とつぶやくセリフと
  相手が判った時の「その声…ディンゴか!」と叫ぶ声のトーンが違う。違いすぎる。

  なんかカタコトになってますが、この人凄い。
  なんせ最強ワードである「お前は好きだ」と「後で私の部屋に来い」を一気に言ってしまう人ですから。
  そしてディンゴに拒まれると「手に入らないならいっそ…」と躊躇いも無く射殺する。
  なんて情の強い…演歌に歌われる女性のよう。

  あ、男だった。

  こんなんに会うたびに命がけで迫られるディンゴさんの苦労が(ry

レオ・ステンバック

(表) 「あなたの腕は確かだった…その腕を信じます」
  ディンゴが搭乗する前のジェフティの搭乗者である少年(多分。
  火星に降り立ったジェフティを見て、バフラム軍の手の者であると判断し、ディンゴに襲いかかってくる。
  直情的な面が見えるが、それは以前知り合ったエイダを救いたいが為。
  果たして、彼は旧友を救えるのだろうか。

(裏) 「久しぶりだねエイダ、覚えててくれたんだ」

エイダエイダエイダエイダ。
どこを取っても口を開けばエイダエイダ。
お前他に友達おらんのかと心配してしまうほど。
ジェフティを見るなりバフラムだと思って襲ってきて、
どれだけディンゴが「俺はバフラムじゃない!」と弁明しても
「バフラムじゃなかったら、何だって言うんだ!」と聞く耳持たぬというのに。

エイダが一言「貴方ですね? レオ・ステンバック」と言えば、
即座に戦闘態勢を解除、冒頭のセリフをさも嬉しそうに呼びかける始末。


落ち着いて彼の言動を考えるとかなり怖い。
目を覚ませ少年。


ざっとこんな連中が一線に軍事要塞、アーマーンに集う。
それぞれの「義務」「意志」「目的」を胸に…

購入したらまずはオープニングムービーをじっくり見てみる事をお奨めします。
格好良いOP曲に載せて語られるシナリオ。
その展開に魅せられたら、貴方もきっと宇宙を飛ぶ爽快感を得たくなる。

現在は海外仕様の要素を組み込んだリメイクベスト版が発売され、定価でも2000円を切るお値段。
中古で探せば非常に安く入手出来るかも知れませんね。
私のつたない説明でも興味を持っていただければ幸いです。


アヌビス -Zone of The Enders- 公式サイト
「はいだらー」と叫びながら飛んでみよう(無理。

かいつまんで返信(全員に非ず;
[PR]
by boardtrick | 2007-04-06 20:49 | ゲーム評論
現在こんな感じ。
はい、何やら元気なんだかどうなんだかよく判らないBunzoさんです。

めいぽは4次がどうとか乗り物がどうとか。
何やら賑やかになっているそうですね。
私は戻れるのは…来月?4次とかいつの事やら。
さてさて。hesちゃんが就職祝いを作ってくれましたよー!

e0015879_19515445.jpg


ありがとうございますー!
しかしこれブログhit記念とまるで構図が被ってる気がするんですが気のせいですかね。
きっとそうですかね。

ところで現在私はどんな事しとるのか。
スーツの代りに作業着、ブリーフケースの代りにモンキースパナ。

そんな格好でごっつい工業用機械の組み立てをお手伝いしてます。
今日もガンゴンとハンマー振り回して機械組み立てたりナット締めたり。
そんな日が続いております。

まぁアレですね。
「加工とか一通り出来るようになったら自分で好きなものも作れる」と聞いて

あ、実寸大の月牙刀とか頑張ったら作れるんじゃないかしら

とかアホな事を頭の隅にでも考えたのは俺ぐらいかと思います。ホントにアホだ俺。
まだまだ簡単な作業ちまちまやって残業も無しに説明を受けて…
全然苦労らしい苦労にもなってませんが、仕事はやってて楽しいですね。
ただ「血ぃ吐いても仕事はあるよ」とか「来月あたりから注文めっちゃくるでー」とか。
果たして一月後ものほほんとこんな事口に出来るかどうかは不明です。
とにかく勉強。仕事を覚えてさっさと手伝えるようにならねば。
頑張りますよ。それはもう。
[PR]
by boardtrick | 2007-04-05 19:59 | 現実で色々