・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
狩りに生きる Vol.4ぐらい ~記録への挑戦~


地元友人からとんでもねー画像が届いた。

e0015879_23125998.jpg


ちょっとボけてはいるが、討伐終了時の写真である。
G級クエスト「竜王の系譜」。

なんと、それをソロで10分掛からずに討伐しているのである。

ちょ…馬鹿を言うなと。
ただでさえ狭い訓練場マップに同時2体が出現するクエストである。
銀の雄龍リオレウス希少種、そして金色の雌龍リオレイア希少種。
こいつらが所狭しと暴れ倒す難関クエスト、それが「竜王の系譜」。

それをソロで10分掛からずに処理とか…お前は鬼か!?

「えー?10分やったら余裕で切れるしー。
 多分まだ縮められるんちゃうかなー?」


…空いた口が塞がらない。
そんな簡単なものなのか…?

だったら今度うまく行ったらまた写真くれ、と言った翌日に飛んできたのがコチラ。

e0015879_2322997.jpg


ああもうタイム短縮してるよ。
ほんとにやっちまいやがったよ。
何?あんた8分30秒で討伐出来るの? …奈落の使者?

今度のは明瞭に撮影が出来ている。
確かに竜王の系譜である。
キャラ名の部分から察するにキャラは彼のもの一人だけ。
ていうかオトモも無しか。
当たり前のように0乙であっさりと討伐しているのが判る。

メールで彼が一緒に送ってきた攻略法は、リオ夫妻にはかなり有効な閃光玉連打の戦術。
そこにヘビィボウガンで弱点属性を突いて大打撃…と、本当にそれを徹底しているだけのようだ。
なんともはや。

効率を突き詰める、その結果の一例と言えよう。
はっきり言って、私にはこんなもん恐ろしく不可能に近い次元にしか思えない。
だが、実際に可能なのである。それもえらくあっさりと。


皆で楽しく狩るのも一興。
だが時には、ストイックに自分自身の記録と能力に戦いを挑むのもまた一興。

その価値はなかなか万人には共感してもらいにくいものはあるが、
自身が得る達成感は何物にも代え難いはずだ。

我こそは、という方は是非。
しかし酷いなぁ俺の訓練所記録。


-友人からのメール内容-

武器
老山龍砲・極

防具
ブランゴZキャップ
三眼の首飾り
キリンXグローブ
カイザーXコート
カイザーXレギンス

スキル
見切り+2
自動装填
属性攻撃強化

ネコ飯スキル
ネコの暴れ撃ち
ネコの調理術

持ち物
調合書1~4
力・守りの護符&爪
通常弾Lv3×99
水冷弾×60
電撃弾×60
カラの実×10
キレアジ×10
閃光玉×5
素材玉×10
光蟲×10
こんがり肉×1



あとは閃光玉で目くらましを維持しつつ、徹底的に頭に弱点の属性弾を叩き込む。
いかにその動作を正確に出来るか。
それがタイム短縮の決め手。

やっぱすげぇと思うんだけどコイツ。
私が未熟なだけでしょうか。('・ω・)

本当はハンマー記事を書こうと思ったんですが!
どう考えてもこの後に書くとまたエキサイトに起こられそうなのでやめときます。
それでは、また。

コメント返信、そしてどうでもいい独り言
[PR]
by boardtrick | 2009-03-27 01:03 | ゲーム評論
久しぶりのメイプルに
久しぶりに召集がかかったメイプル。
目標は、ジャクム。


e0015879_18424549.gif



もはやあっさりと討伐出来てしまうLvとパーティ環境が整った今となっては、
流石に初挑戦時のような「生きるか、死ぬか」という緊張感はない。
「凡ミスをしない事、自分の役割を果たす事」…。
言わば、「安定して立ち回れる事」に意識がシフトしている事に気づきます。

腕であればソロでバーサク状態維持してスラッシャで押せる事すら出来ている自分に驚きました。
ダメージが2k前後だから、実はかなり余裕でバーサク維持が出来る相手だった訳です、腕は。
よく判らないけど多分腕3本に同時に20k前後のダメージがすっ飛んでいってた…ハズ!
鉾でも頑張ればボス戦で火力の一助は出来るんだぜ! Σd('・ω・)

…いや、その後の本体戦で一度死亡してるんですがね…orz
コチラはやってはいけない「ケアレスミス」。要するに凡ミスです。
雑魚が上方に溜まったので処理する為に足場に上がり、バーサクスラッシャで一掃。
ここまではいい。

うっかりそのままジャクムに向かって飛び降りたのがマズかった。

HP回復のトナカイ乳を使ったつもりが効いてなく、6k前後のHPで本体に接触。
結果は言わずもがな。

その直後にPT員のラーメンさんによってリザレクションを貰って無事に戦線復帰はしましたが、
いやはやなんとも情け無い話。


その他は特に大きく場が荒れることもなしに2戦を終え、官邸にて終了ミーティング。

所感ですが、
ここ暫くめいぽに入る機会が無く、
相当DKの操作からは離れていたはずなのにあっさりと動かせたのは驚きました。
4年も遊んでるともう体が覚えてしまうんですね。(笑

そして何より違ったな、と思ったのはジャクム戦の軽さ。
PCを弄った覚えはここ数年無いので、
私個人のスペックの影響は劣化による下方修正はあっても、向上する事はありえない。
にも関わらず、画質最高の状態で、ラグも発生せずにおまけにリザレクション時の遅延も一切無かった。
これは暫くめいぽから離れていた身としてはかなり意外でした。
プログラムの内部処理が軽くなったのかな?

ジャクム戦中に流れる拡声器の内容も、かなり高レベルなものにシフトしているのが見て取れました。
マーヴェリックのPT募集…
ベテランハンター狙いなのかなぁ。
どの道10万体討伐とか、社会人の身にはきっついものがあるので達成は無理そうですが('・ω・)


どっちにしても、一時期のような異様なまでの人口密度は感じられませんね。
参加者に伺ってもジャクムが比較的空いてる、という事でしたし。
良くも悪くも、落ち着いてきたかなという印象がありました。


別ゲームと比較して改めて実感するめいぽ。
やはりその魅力の一つには、直感的に立ち回って狩りまくるという爽快感にも似たものがあるように思います。

例えば「マビノギ」は「判断力」で戦うゲーム。
相手の動作から何を仕掛けようとしているかを見抜いて即座にリアクションを取る。
一歩間違えば致命的なリスクを被る戦闘は異彩を放つ。

例えば「モンハン」は「洞察力」で狩るゲーム。
相手はもうすぐ弱るか?もう怯むか?
まだ逃げないか?今罠を使って有効か?
もちろん根底には反射神経も必要とされますが、狩れば狩るほど、そうした分析力がモノをいうゲームに感じます。

そうしたゲームと比べて、実にめいぽは直感的。
右を押せば右に走り、ボタン一発で即スキル発動。
その操作の単純性が生み出すのは幅広くとっつきやすく、
そしてそれ故に奥が深い狩りの操作性に繋がる。

いいゲームなんですよねー。
システムにテコ入れればもっと化けると思うんだ。
称号も悪くは無いんだが。いつもの事ながら極端なんだよ、ボーダーがorz
追加追加でステータスを強化させるんじゃなくて、もっと別の切り口があるようにも思う。

と、いうよりももうココまでステータス強化が出来る部分が増えると
根本的に強化の方針が以前と大きく変わりますね。
私の時代のステ振りや強化方針だともう結構無駄が出てきて('・ω・)
多分今の主流と照らし合わせると話にならんのだろうなー…。


おっと愚痴っぽくなってしまいました。
まぁ久しぶりのめいぽが楽しかったですよと!
そんな事をいうDK.net管理人ってどうなんでしょうか!


お、そうそう。DK.netですが。
4月にちょっとした動きがありますよ。
あまりいうと仲間からどつかれかねないのでこれだけにしときますが。
個人的にテンションひゃっほー!です。

コメント返信とどうでもいい独り言
[PR]
by boardtrick | 2009-03-22 19:14 | めいぽ
狩りに生きる ~かんわきゅーだい~
えらい事です。
大変なのです。


ウチの近所にJo●hinが出来ました。


見えるんですよ歩いて10秒で。
着くんですよ歩いて2分で。


そんな頭の中身が平和なBunzoですこんばんは。

早速タコ焼き機を買ったので、


e0015879_19515552.jpg



肝焼きました。


嘘です。ホットケーキです。
球状ホットケーキです。
素直にハニーカステラとか言えないのが俺です。

何の疑いも躊躇も無く焼き鳥の串を人数分出してきてひっくり返せ、というウチの親万歳。

妹よ、そのねぎま甘くて美味そうだな。


さておき、Bunzoのどうでもいい前フリはともかく。
前回の太刀解説記事について。


まぁ揃いも揃って見事に引っかかってくれましたね。


アレは綾瀬さんに完全に隠して勝手に黙って俺が書いたオリジナル記事です。
本人が驚けばいいかなー、と思ってやってみたら、まぁ…

皆さんのコメント見てニヨニヨしているにーちゃんがここにおりました。フヘヘ。

しかし一つだけ残念な事が。
綾瀬さん本人からのコメントが無いのがね!
それだけが悔しかった!
ここで「ちょ、何ですかこれ;」とかコメントがあったらそれはそれは盛り上がっただろうに!

スカイプで「驚きました、何ですかアレ;」
じゃねーっつんだよ!驚いたならコメントしろよ!
スルーかよ俺のドッキリネタ!
全く持って空気読まない子だわ!
日頃の狩りでもそうですものあの子!

ぶん「罠仕掛けるぞー!」
あや「はーい…おっしゃ転倒ゥゥゥゥゥ!!鬼人斬りだァァァァ!!
みど「頭はオレが貰った、はい溜め斬りどーん」
なな「どーん」


  -クエストを達成しました-

ぶん「…。」



あや「閃光玉!…あれ?再度閃光玉!…あれ、何で…もういっちょ閃光玉ッ!」
ぶん&えの「画面見えねぇよ」




ぶん「はっはっは、何だこの極小サイズのイヤンクックは。
    こんなもんフルナルガ装備の俺の相手にn



    -力尽きました-
-ベースキャンプに帰還します-


ぶん「は!?」
えの「…なんつう火力のイヤンクック…」

ぶん「い、いやナルガ装備って、ホラ。火耐性-20だし。火炎弾にさえ気を付ければこんなもんd


    -力尽きました-
-ベースキャンプに帰還します-

ぶん「ちょ…えぇぇぇぇ…」
えの「…。」
ぶん「いや、あの…」
えの「…。」




-クエストを達成しました-


ぶん「ふぅ、手ごわい相手だったぜ…G級ナメちゃいかんな…」
えの「…。」


あや「やー、どうもー。」
ぶん「よー。今日は何狩るー?」

えの「お、イヤンクックに2落ちしたぶんz…
ぶん「言うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」




…とまぁこんな感じですよ!
全くもってしょうがない!
もっとしっかりして欲しいものです!



という、主にホットケーキうめぇという事が言いたかった為に書いた今日の記事でした。
次回更新はちょっと遠距離武器を挟んでもいいかなー、と思ったりもしてるのですが、どうでしょう?
このまま近距離系を先にやった方がいいかな?
皆さんのコメントで何やるか決めようかな。('・ω・)

ああ、あともう一度に2種類紹介とか無理しません。
大変だし、手間かかるし、何よりエキサイトに起こられる可能性が一番高い。
ホントそのへんどうなんでしょう。
気合入れて書いた記事を「長いからダメ」とかどうなんでしょう。
でも仕様なのでどうしようもないですね。('・ω・)

「記事を俺に書かせろうぉぉぉぉぉぉ」
という熱いコメントもチラチラ。ありがたい事です。

だがコレは俺のブログだ。
それは出来んな。



書くのは良いんですよ。
全然良い。むしろ嬉しい。

なので、ココはブログに備わってる機能を使おうじゃないですか。
トラックバックで互いの記事を引用リンクすれば読者様の手間も省けて一石二鳥、ってなもんです。
もともとトラバは引用して記事を書くためのしおり、みたいなもん。
「こいつはこんなん言ってるけど俺はこう思うんだぜ!」
という方はガンガントラバしてみてください。
俺も他の方の意見を見るのは楽しみですのでね!


そんなこんなで次回に続く。
もうモンハンPSP版続編が出るまで遊べる気がするBunzoでした。

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2009-03-16 20:21 | ゲーム評論
この土曜に喜びあれ
Happy Saturday Parade…そんなキャッチコピーが一月前の街を彩った事を思い出します。
そういえば今年は2/14も3/14も土曜日なのだなぁ、と当日になってから思い至ったBunzoです。
なかなか粋な偶然ではないですか。多くの人が楽しみにしているであろう日が土曜とは。

まぁ仕事な訳ですが!
出勤中にこれ書いてるんですが!!
ちくしょおぉぉぉ!


とはいえ予定はあるので、ちゃんと用意はしてます。
要は気持ちの問題。相手がいるからいないからー、でなくて伝えたい感謝があれば伝えればいい。
そういう日です。

大人も子供もおねーさんも。準備は出来てますか?
皆様の一日が最良のものとなりますように。
[PR]
by boardtrick | 2009-03-14 07:16
狩りに生きる ~太刀編~
どうもこんにちは、綾瀬です
平素より、こちらの「続・ぶんろぐ。」にアクセスいただき真にありがとうございます
本来であれば、このブログはBunzoさんの管理する場所であり、私が顔を出すべき場所ではありません

ですが…次回の更新内容を彼に伺ったところ
「ん?そのうちモンハン太刀編やるよ('・ω・)」との事

太刀…ですって?貴方が?
「おいおい、俺だって100回は使用回数超えてるんだぜ?紹介ぐらい出来る出来る(*・ω・*)」




甘い、彼は何も判っていない!
太刀を語るのにたかだか100回の使用回数?全くもって話になりません

そうでなくても彼はことあるごとに「大剣いーなー、弓つえーなー」と浮気きわまりないプレイスタイル…
一応ギルドカードを見れば双剣の使用回数が200を超え、他の武器が100を均一に超えており、
「メイン武器は双剣」という便宜を立てているようです

それにしたってメインが双剣じゃないですか!
こんな中途半端な双剣厨に我が唯一無二の相棒、太刀を語らせるのは…ああ、心配です;

ここは私が立たねばならない、そう思い非常に恐縮ではありますがBunzoさんに私に任せて欲しい、と
私の太刀コレクションを両手に構えて説得しに伺いました

私の熱意に強く感動してもらえたのか、
青ざめた顔で涙目になりながら高速で首を縦に激しく振って下さったBunzoさん、ありがとうございます;


さて、それでは早速解説に入ります
私の拙い経験が、皆様の役に立てば良いのですが…


・太刀 鋭く、速く、練気一閃

攻撃視点
大剣のリーチをそのままに、細身にした恩恵でモーション速度が向上した武器、それが太刀です
抜刀状態でも移動速度は落ちることがなく、かつ長いリーチに大剣に次ぐ攻撃力を備えています
さらに、攻撃を繰り返すことで溜まる錬気ゲージを溜めると攻撃力・切れ味が更に上昇!

錬気ゲージが溜まった状態で繰り出せる鬼人斬りは太刀最高の攻撃力を誇る攻撃です
しかもどこにあてても弾かれる事の無い心眼効果があり、
これは後半になって肉質が堅くなるにつれ嬉しい効果です

大剣同様に延々と出し続ける事の出来るコンボも備えており、
とにかく斬り続ける事で真価を発揮する武器です

クセは少ない武器なので、使いやすい武器とも言えるでしょう
扱いに慣れれば狙いたい部位をピンポイントに狙う事も可能で、
そのフットワークと相まって高起動・高火力の近接役を担う事が可能です

防御視点

一方、そうしたフットワークの向上性のしわよせが来たのが防御面です
細身に鍛えたその刀身は非常にデリケートであり、武器によるガードは不可能
ですが走って飛んで転がって避ければ何の問題もありません
回避で避けられない事も、多々あるのですが;

ただし抜刀時の移動速度は大剣のそれとは比較にならないほどに向上しています
よって、モンスターの回りを回ってスキを伺いながら攻める、という戦法が向いています

納刀モーションは比較的小さく、攻撃のリーチに見合った感があります

そしてガード不可能という事は、咆哮や風圧に耐える術が無いという事…
スキルで対応するか、もしくはそれらを受けてしまっても
被害を受けにくい立ち回りを心がけるようにしないと致命傷になりかねません;

オススメ連携・パーティプレイ時の注意点

太刀の連携で重要となるのはスキの小さい○ボタンで出せる突き攻撃
これを起点にして攻めるのが良いと思います

真っ直ぐ前方に突き出す攻撃のため、
正確にモンスターの方を向いてから攻撃を行う必要はありますが、
非常に出が速い点と攻撃後にもスキが小さく、攻撃の連携にも回避にも繋げやすいのが優秀だと思います

そして突き攻撃後の連携としては…

○→△→△→△+○
(突き)→(切り上げ)→(切り下ろし)→(切り払い)

という連携がオススメかと思います
この連携の利点は、どこにでも回避行動が挟める点ですね
モンスターのスキに応じて、ちくちくと攻めて行きましょう


最大の火力を誇る鬼人斬りに関してですが、
他の例に漏れず様々な条件があります

・攻撃を当てて溜まる錬気ゲージが最大にならないと使えない
 (最大でなくても攻撃は出来るが、威力が段違いに落ちる)
・一発出すごとにゲージを一定量消費、0になると即錬気モード解除


特に後者は重要で錬気を一度溜めきると暫くは自然減少がなくなり、
攻撃力アップの効果が持続します
よって、Rを連打しまくってさっさとゲージを使い切ってしまうのはこれらのメリットを投げ捨てるも同然
なんと勿体無い…

通常攻撃を当てればまたゲージは溜まるので、常にゲージが溜まった状態を維持しつつ、
要所で鬼人斬りを当てていくのがベストです
また、鬼人斬りの最中にも通常攻撃を挟む事が出来るので、コンボを増やしながらゲージを維持しましょう


攻撃回数・速度共に優れる太刀ですが、
大剣と比べるとやはり防御面での不安が残ります
直接的な攻撃は回避すれば良いので、ある程度は対応出来るのですが、
意外と厄介なのがモンスターのバインドボイスです

対策としてはガードするか、距離を離すか

しかし太刀はガードが出来ない…;
そして、近距離武器なのに距離を離すとか非常に手間です
せっかく溜めたゲージもみるみる減っていく…

その上バインドボイスで固まって、
そこにモンスターの突進が…

ネコタク帰還でゆっくりしていってね♪

…となるのは悲しすぎますよね;

なので、高級耳栓は良いスキルだと思います
むしろコレがあれば攻撃の機会が増える訳で、
モンスターにもよりますが非常に有効と言えます

他に太刀に向いているスキルや装備品は…

切れ味レベル+
業物
砥石使用高速化


このあたりは剣士系の定番スキルですね
砥石使用高速化は発動させるのもラクなので、余裕があればすぐに発動を狙えるのも利点

そして回避がメインになる太刀にオススメ出来るのがナルガX装備です

「避ける」ことにおいてはまず右に出るもののないスキル構成が素晴らしく、
防御手段が回避しかない太刀を扱う上ではかなり助かる防具と言えます

咆哮も転がって無敵回避
熱線も飛び込んで回避
突進なんか飛び込んで回避

…回避って素敵です

他にはゲージがたまりやすい「集中」も優秀なスキルかも知れません
残念な事に2ndから2ndGにバージョンアップする際に、
ゲージの減少速度が早くなり、MAX時の持続時間も短縮されるという下方修正が入っています
これによってかなり積極的に攻めないとゲージを溜めきる事が難しく、
集中の効果はかなり重要と言える…気がします


太刀のパーティにおける役目ですが、やはりそのフットワークを生かした遊撃手が適任です
モンスターのスキを突いて細かく攻撃を重ね、
怯んだり転倒したら必殺の鬼人斬りコンボを浴びせる…

その時に弱点を狙えるキャラがいたらそちらに譲りましょう
大剣やハンマー等、高い火力を誇る装備を持っているハンターに弱点を狙ってもらうほうが効率が良い為です
やはり譲り合いが大切という事ですね

太刀も手数が多い武器なので、会心率や状態異常とも相性が良いです
パーティ構成を考慮して、必要と感じたら麻痺太刀や毒太刀を持っていくのも大きく貢献出来るでしょう


…と、この辺りでしょうか
我が愛する相棒、太刀に興味を持っていただけたら幸いです

それでは私もあるべき場所、自分のブログに戻るとします
出すぎた真似をして、申し訳ありませんでした;


…最後にBunzoさんからOKを貰ったので少し宣伝です

e0015879_1392437.gif


現在、「メイプル日記」はこちらのサイトに登録しております
maplestoryに関するブログの検索・リンクサイトです
登録ブログの数が増えれば、とても大きな情報サイトになると思います
興味がある方は、覘いてみてはどうでしょうか?

Bunzoさん曰く、「右の画像からいけるから斬らないで」だそうです
斬りませんって…

コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2009-03-07 16:30 | ゲーム評論
狩りに生きる 特別増刊号 ~大剣編~
~特別コラム  あるハンターの日常~


('・ω・) いいよなー、女性装備はセンスいいのが多くてさー。
妹    「んー、作ってて楽しい」
('・ω・) 男性装備のセンスの無さと言ったらもう…
妹    「それは言わない…あ、ザザミ倒せたー。防具見てくるー」
('・ω・) うむ。そういやザザミの女性装備も可愛いよなー。
妹    「え、ないわー。こんなん嫌やてー。」

Σ('・ω・;) え、可愛くないか?なんかチアガールっぽくて…
妹      「これが?

('・ω・;) …そう言われると返す言葉は無いが…
妹    「ていうか女性装備もあんまいいのないよー。」
('・ω・) 嘘付けよ、キリン装備なんか人気あるしいいじゃねーか。
妹    「キリン装備?どんなん?」

('・ω・)っ ええとな…(検索中) あったあった、こんなんこんなん。

妹    「…。」

('・ω・) 可愛くね?

妹    「兄ちゃんって、こういう萌え系の服装が好きなん?


 ( ´゚д゚`)


なんだ?この異様な敗北感は。

キリン装備…ま、まぁ萌え…なのかもしれんが、
それにしても身内の、それも女性に言われて
これほど胸元抉られるような挫折感を感じる言葉って一体なんだ…orz

普通に可愛いと思ってたんだがなぁ…

(;'・ω・) …じゃあお前はどういう装備がいいと思うんだよ…
妹    「ん?んー…あ、これいい」

('・ω・) どれだ?
妹    えーと…ギアノスーツシリーズ。


「…。」
「…。」


さて、センスがズレてるのは果たしてどっちなんだろう。



では引き続いて武器解説。
もはや久しぶりすぎてお待たせも何も。
ていうか誰も望んでない気もする。
いいんだ、書きたくなったから。


今回は大剣、そして太刀。
切断系統の武器の中でも火力が高い部類に入る為、メイン武器に据える人も多いと思います。
うまく解説出来るといいですが。


・大剣 単純にして剛烈 緩急をもって攻め込む重量武器

攻撃視点

出の早い武器出し攻撃。
威力絶大の溜め斬り攻撃。
高い打点を狙える上に連続攻撃が可能な連携。

必要最低限の攻撃方法は揃っている。
あとは威力とリーチにつぎ込んだ。
そんな感じのする潔い武器、大剣です。

基本的に動きは緩慢で、一撃の破壊力に賭ける戦い方を要求されます。
如何に相手のスキを突いてその一撃を叩き込むか?
それこそが大剣のカタルシス。

スキの小さな抜刀攻撃で攻め込みつつ、相手がスキを見せれば必殺の貯め斬り…

「括目せよ!これが我が太刀筋なりッ!!」

と格好よくキメられるかどうかは貴方次第。
皆でゼンガー親分になろう。


防御視点

万能を謳う大剣はガードも可能。
しかも片手剣のそれとは違い、そこそこの性能を誇ります。

ガキン、とでっかい剣を自身の前に構えて防御する大剣使い。
カ…カッケェ…。見た目が反則的にカッケェ…。

ただし、あくまでも「そこそこ」の性能のガードですので、
何でもかんでも調子に乗ってガードしまくると痛い目に遭います。

ティガレックスの突進をガード!

相殺しきれずに後ろに弾かれる

ティガさんまだまだ突進するよ!

相殺しきれずにまだまだガード

ティガさんすっごい突進するよ!

相殺しきれないうえにじわじわダメージ+スタミナ切れでモロ被弾


結論:そのまま食らったほうがまだ良かったんじゃね?




…という事にもなりかねません。
また、武器そのものでガードを行っている為に、
大剣ガードは切れ味も消費してしまいます。
あくまで緊急対策、及びダメージ軽減の手段として利用するのが賢いかと思います。

ただし、ガードしても切れ味の消費が無い上に、
ガードに成功すると相手に大きなスキが出来る咆哮は逆に狙い所。
きっちりガードして反撃の機会に変えましょう。


オススメ連携・パーティプレイ時の注意点

相手の突進攻撃をかわして背後に回り込んだらすかさず溜め用意。
相手が振り向いて顔を向けた所にたっぷりと気合の篭った溜め斬りをブチ当てる…。

大ダメージを狙う為の、背後で溜め斬りはかなり大切な連携というか、攻撃手段だと思います。

但し、タイミングを見失うと振り向いたモンスターの攻撃をモロ被弾。
距離を見失うとそもそも攻撃が当たらない。
読みを外すと尻尾とか何か色々飛んできたりそうでなくても生傷が耐えなかったり。

多少の事に目をつぶってでも溜め3攻撃を当てるんじゃい、
という漢らしい攻めのスタイルは素敵ですが、
それでネコタク帰還してては意味が無い。
「ここぞ!」という必殺のケースを見極めましょう。

また、溜め斬りに限らず大剣での攻撃を終えた後には即回避行動で、
攻撃後のスキを消すようにしましょう。
そのままにしてると相当なスキが出来ます。
どうぞ殴って下さいと言わんばかり。やーめてー。やぁーめてー。

その他にも汎用性の高い抜刀斬り。
出が早く、即座に回避行動へ連携出来る点が素敵。
何より、抜刀状態ではほぼ話にならない移動速度になってしまう大剣においては、
むしろ一番使う機会が多いモーションかも知れません。
怒り中など、相手の行動が早くてスキが小さい場合にはこれで攻めるのが良いかと。

また、△の斬り下ろし、○のなぎ払い、△+○の切り上げ。
これら3種の攻撃は、それぞれ別の攻撃に連携が出来るようになっています。
つまり、延々と攻撃を出し続ける事が可能という事ですね。素晴らしい。

特になぎ払いは一歩踏み込み、そして切り上げは一歩後ろに下がる。
つまり、これを交互に繰り返せばその場で延々と切りまくるコンボの完成。
ダウンしたときに使えるコンボです。切って切って、最後は溜め斬りでシメる。素敵です。
○でなぎ払った後に、タイミング良く△を押すとそのまま溜めモーションに移行できます。
うまくやれるとめちゃくちゃにカッケー!です。

大剣は多くのモーションを持たない換わりに、ひとつひとつのモーションが
「こういう時に使え!」とかなり明確な意味を持っています。

シンプルゆえにとっつきやすく、そしてシンプルゆえに極めるのに慣れを要する武器と言えるでしょう。

ただし、パーティプレイにおいては2点の注意が。
一つにはひたすらに周囲の味方を巻き込みかねないモーションのイカツさ。
切り上げて振りぬいて背後の味方をホームラン。
お前何してんだ。

一つには、溜め斬りをしている最中の味方の行動による溜め中断。
双剣の乱舞なら大丈夫ですが、ハンマーが後ろからぼこーん。
ランスで突撃がずがーん。ガンスで砲撃がばこーん。
お前ら何してんだ。

と、味方を妨害したり味方に妨害されないように、立ち位置には注意が必要です。
頭をハンマーに譲るなら、自分は尻尾の切断に回る。
せっかくの高火力武器、うまく使いこなして下さい。

オススメのスキルとしては…
溜め時間が短縮される「集中」。溜め3撃ち放題。
納刀状態からの初撃が必ずクリティカルヒットする「抜刀術」。つまりいきなり溜めを始めれば…。

この2つはかなり大剣の使い勝手を向上させます。
しかし上手く組み合わせられる装備がそうあるものか…?

と考えていたら、あったんですねコレが。
G級装備になりますが…

全身:金色・真シリーズ
武器:角王剣アーティラート


割とネット上では鉄板な組み合わせだったようです。
気合と根性と「一人じゃ狩れねーよ、もうあいつの角折るのやだよー;」と泣きつく友情の産物です。
えのに綾瀬、緑&ナナハンさん本当ありがとう。

そしてその結果。
攻撃力:1560(切れ味補正含む)
防御力:596
耐性 火:15 水:10 雷:10 氷:-10 龍:25

発動スキル
龍耐性+10
集中
抜刀術
切れ味レベル+1

挑発
スロット数2×5、「抜刀術」「龍耐性+」に使用


という装備が完成。
要所要所で溜め3を当てる事が出来れば凄まじい火力を誇ります。
下位のイャン先生に俺頑張ってますと報告に行ったのですが、
余りの成長っぷりに感激して下さったのか、先生一度倒れたらそのまま討伐まで転びっぱなしでした。

各種耐性が軒並み高めなのもかなり重要。
特に後半になれば当たり前のように龍属性攻撃を連発する相手ばかりになるので、
龍耐性25はかなり有効。
他の装備と比べてかなりの差が実感出来るかと思います。
また、抜刀術効果で会心がマイナスの武器でも如何なく使えるので、
ティガ大剣やアカ…なんとかとか、ウ…なんたらの大剣も恐ろしい事になるのでは?
切れ味も上がるし。


さて続いて太刀…なのですが、
「お前文章書きすぎ。自重しろ。」
とエキサイトに怒られたので太刀編は別に分けます。
本当に長い記事ばっかりですみません('・ω・)
[PR]
by boardtrick | 2009-03-02 10:16 | ゲーム評論