「ほっ」と。キャンペーン
・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
(久しぶりの)狩りに生きる ~弓編~
マビノギ起動→全ch満員。何この異常事態。
めいぽ起動→起動しない。おい。


…という訳で久しぶりに起動したモンスターハンター。
あと一つ…あと一つ、ショウグンギザミ亜種さえ狩れば、G級訓練全モンスター制覇なんだ…ッ!
ああ、やっぱり面白いなぁこのゲーム。
と、再確認したので久しぶりに(まだほったらかしだったという)武器別コラム「狩りに生きる」を再開する事にしました。

今回の武器は弓。
遠距離戦闘における私の相棒です。
ライトもヘビィも使うけどね…たまには。

弓 掃射・一点集中なんでもござれ 狩場を駆ける遊撃手

さて、弓です。
どこからともなく次々と矢を取り出しては構え、そして撃ちまくる不思議素敵武器。
同じ遠距離武器であるボウガンは発射する弾そのものにも材料費がかかるのに比べ、
弓は矢そのものには一切のコストがかかりません。
アイテムとして持っていくものは各種ビンのみ。ボウガンと比べ、アイテム欄を圧迫しないのも大きな利点と言えます。


攻撃視点

威力の低さは手数でカバー。
他の武器では狙えないような僅かなスキにも攻撃の機会を見出せる武器です。
矢をつがえて力を溜める事により、弓ごとに設定されている様々な矢を撃ち出す事が出来、
またその溜めを行っている最中でも普段どおりに移動する事が可能。
ひたすら動き回って相手を翻弄できる武器とも言えます。

弓によって組み合わせは異なりますが、撃ち出せる矢の種類は3種類。
それぞれの特徴を理解すれば、より効率的にダメージを与える事が出来るでしょう。
また、それぞれの矢には適正距離というものが設定されており、矢が飛んでいくその距離に応じて、
ダメージの倍率が変動します。

適正距離を捉えて撃てば、そのダメージは実に1.5倍。
この時にはヒット時のエフェクトが大きく派手になるので、それを参考にして適正距離を維持しましょう。



・連射

縦一列に複数本の矢を撃ち出します。
一点に集中してヒットする事が多く、大型モンスターの特定部位を狙う時などに適している攻撃手段です。
飛距離そのものはかなり長いのですが、適正距離は比較的近い距離。
目安としては、Rで弓を構えた際に出る照準線の頂点付近が適正距離です。

・拡散
横一線に複数本の矢を撃ち放つ攻撃方法です。
動きの素早い小型モンスターを一掃するのに適している他、
広がりきる前に近寄り、特定部位に集中砲火を浴びせるという使い方もアリ。
飛距離そのものは短く、またそれに従って適正距離もやや手前、
照準線の頂点前あたりになります。

・貫通
対大型モンスターへの切り札とも言えます。
飛んでいく矢は一本ですが、その矢が相手を貫通して複数回ヒットします。
攻撃力・飛距離ともに高く、ゲームが進むに連れて大型化するモンスターに有効な攻撃方法となっていくでしょう。
また、直線の軌道を持つボウガンの貫通弾とは異なり、矢は弓なりの放物線を描きます。
この為、モンスターに全ての多段ヒットが通りやすいのも特徴。
ボウガンには無い利点と言えます。

グラビモスのように、外殻が硬く、攻撃が通りにくい相手にも有効な手段です。
適正距離は最も遠く、照準線の頂点を少し超えた辺りとなります。


溜め段階についてですが、まずボタンを押してすぐ離し、矢をすぐに撃ち出す段階が溜め1段階。
そこから、矢をかまえて一度光ると溜め2段階、そして3、4…と段階は進んで行きます。
この溜めですが、最終的な攻撃力・属性値、そして状態異常値への倍率を大きく変えるので、出来るだけ溜めて撃つのが望ましいです。
溜め1段階での攻撃では、攻撃力は0.4倍にまで落ち込みます。
ボタン連打でひたすらに矢を撃ちまくるのは、あまり効果的では無いという事ですね。
一方、状態異常値に関して言えば、溜め3段階と溜め4段階では全く差がありません。
毒や麻痺を狙う場合に関して言えば、溜めは3段階の時点で次々と当てていくのが理想、という事になります。
2ndGからは、特定のビンの効果が1.5倍に強化される弓も登場してきているので、
そうした弓で状態異常を狙う際には覚えておくと良いかも知れません。

また、ビンですが、強撃ビンが使える弓の場合には必ず調合素材も含めて、最大数持ち込む事をオススメします。
装備すれば威力が1.5倍というのは、弓において非常に大きな意味を持ちますよ。

・防御視点
溜めを行わなくてはならないし、ある一定の距離を保たないと威力の真価を発揮出来ない弓において、
位置取りは非常に重要です。
敵の真正面はブレスや突進といった攻撃の危険があるため、避けるべきですが、
相手の挙動が理解しやすいという意味では、相手の斜め前方に陣取るのがよい立ち位置かと思います。
無論、メインに据える攻撃方法や、モンスターの部位の関係などでは、側面に寄った方が良い場合もありますが…

"後の先"を取るか、"先の先"を取るかは戦術が分かれる所ですが、
いつでも溜めを始められる特性をフルに生かし、
常にワンチャンスに攻撃出来る準備はしておきたいものです。

ただ、溜めにはスタミナが必要となります。矢を連発するあまり、
いざという時に回避するスタミナも残っていなかった…
では目も当てられないので、その配慮にも注意が必要となります。

・オススメスキル・PTでの立ち回り注意点

有力候補…「集中」「高級耳栓」「根性」
あれば便利…「ランナー」「攻撃力+」「属性攻撃強化」「回避距離UP」「回避性能+」


なんと言っても、まずは「集中」。
溜めそのものの時間が短縮されるという事は、それだけ手数が増えるという事。
必然的に、火力・攻撃チャンスが増えるという事になります。
また、溜め時間が短くなるという事は、消費するスタミナも軽減する為、
防御面から見ても有効なスキルと言えます。

個人的には、射撃ポジションに移動してから溜めを開始して攻撃、また回避・移動して攻撃…
という戦法を取っているため、あまり必要性を感じられませんが、「ランナー」スキルがあれば
溜め状態を維持したまま攻撃する事が楽になるでしょう。

また、連射・貫通・拡散はそれぞれスキルによって攻撃倍率を上げる事が可能ですが、
連射・貫通は1.1倍なのに対し、拡散だけは1.3倍。
これを使えば、近接拡散は強力だ…とは、かのニコニコ動画で名を上げたFalt氏の弁。
貫通大好きッ子な私には、ピンと来ないのですが…一度、お試しあれ。

無論、手数の多い武器なので、「攻撃力UP」や「属性攻撃強化」といったスキルも相性の良い武器です。
「状態異常強化」スキルも有効ではありますが、ビンを使い切ってしまうと意味が無くなる為、お好みという事でよいのでは無いでしょうか。

防御面から言えば、「高級耳栓」はかなり欲しい所。
行動を封じられての攻撃による死亡事故を防止するばかりでなく、
バインドボイスによる溜めの中断も防げます。
元々距離を離しているはずなので、範囲外まで逃げるか、スキルで耐えるか…それも戦術、ではありますが。

同様の理由で、「根性」スキルも有効と言えるのではないでしょうか。
G級ともなれば相手の攻撃力はますます上昇し、ガンナー装備では一発で瀕死になる事も多々あります。
根性スキルを発動させれば、体力を全回復させずとも一発は耐えられる事になるので、かなり建て直しが楽になります。

PTにおける立ち回りではもともと遠距離武器という事もあり、
近接武器担当のプレイヤーを邪魔する事は少ないはず。
ボウガンのように、爆発して味方も吹っ飛ばすような弾薬は扱えませんし。
その為、自分のペースを保ってダメージを与え続けられるように心がける事が大事。
近接武器では届かないような場所の部位を狙ったりと、弓ならではの戦術を徹底するようにしましょう。
また、戦況を把握しやすいため、生命の粉塵などで味方をサポートするのも喜ばれるでしょう。

「攻撃を与え続けられる」弓は、決して火力不足などではない!
と、声を大にして言いたい弓使いのBunzoだったりします。('・ω・)


・オススメ武器・防具

・オオバサミⅢ
 下位武器で唯一の水属性持ち。素材も集めやすく、強化先はG級まで伸びるという、長く付き合える一本。
 グラビモスのように、貫通矢で多段ヒットが稼ぎやすく水属性を弱点とするモンスターには抜群の相性を発揮します。
 強撃・毒・麻痺・睡眠と、多彩なビンを扱えるのもポイント。

・ヒドゥンボウ
 扱いやすさに長けたナルガ素材の武器の中でも特に汎用性に優れた弓。
 全てのビンを装着出来る上に会心率50%を誇り、拡散4・連射4・貫通4と溜め段階も充実。
 敵・場所を選ばず戦えると言える。G級素材による強化も可能で、広く使える一本。

・覇弓レラカムトルム
 あまりに強すぎたため、2ndGにおいて下方修正が入ったほどの凶悪な弓。
 それでも優れた龍属性に貫通矢、会心率40%と強力な性能を有する。
 各種古龍の狩りには多いに役立つでしょう。

・龍木ノ古弓【日神】
 高い雷属性値と麻痺強化能力が光るG級素材の弓。
 貫通矢を撃てる中で唯一の麻痺強化能力を持つ為、大型モンスター討伐時、
 特にPT戦においては絶大な威力を発揮します。
 素材も持ち込んで麻痺ビンを使えば、この弓一つで複数回麻痺させる事も可能な程の威力です。


防具としては、「集中」と「根性」が狙えるラヴァシリーズがオススメかと。
キリンXシリーズ+黒子ノ帯・真に短縮珠、強走珠(あれば神護珠も)で、
「属性攻撃強化」、「ランナー」、「集中」(+「精霊の加護」)というのも、弓の防具としてよいかも知れません。

参考までに、私の愛用している弓用装備を。

頭部 S・ソルZキャップ 短縮珠×2
身体 S・ソルZレジスト 攻撃珠×2
腕  S・ソルZガード   短縮珠×2
腰  S・ソルZコート   攻撃珠×1、短縮珠×2
脚  S・ソルZレギンス 圧縮珠

発動スキル
攻撃力UP【大】 集中 貫通弾・貫通矢威力UP 防御-20

耐性
火:20 水:10 雷:5 氷:5 龍:10

見事に攻撃前倒れなスキル構成です。撃つべし撃つべし。
防御が薄くなっていますが、以外と耐性でなんとかなるものです。いいなぁS・ソルシリーズ。
…装飾品をやりくりしてるうちに、スキルポイントはまだ煮詰める余地があるのでは、と思ったりしますが。
武器スロットは使っていないので、どんな弓でも持てるのが利点。

皆さんも是非、モンスターをハリネズミにしてやる快感を楽しんで下さい。
それでは、久し振りのモンハンライフを満喫しているBunzoでした。
・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2009-11-28 23:58 | ゲーム評論
判る人だけ笑えばいいと思うよ的なメカが出来ました。
はいどうもー、もはや自由すぎる自由人と化しているBunzoです。
個人的に楽しんでいる「アーマードコア サイレントラインポータブル」も無事クリア。
めいぽにも顔出さないとなー、とは思いつつも。知り合いが圧倒的に減りすぎたこの現実。
帰って来いよお前ら。LAPのメンバーとはっちゃけちゃうよ俺。


さてアーマードコア。こっからが本番です。はい。
それはどういう事か?
アーマードコアは、基本的に依頼を受けてそれをこなし、
その報酬で新しいパーツを購入して新しい組み合わせを試す、というゲームです。
んで、その依頼…ミッション、と呼びますが、ミッションは時間経過と同時にどんどん更新されていきます。
そりゃそうですね。いつまでも同じ仕事がある訳は無い。

仕事とはいえ、やってる事は危険な傭兵稼業。
一部のミッションには失敗=即ゲームオーバー、というものもありますが、
その他のミッションでは、失敗しても帰還する事が出来ます。
その際、ロボットの修理代と、使った分の弾薬費用は自分持ち。

どこぞの超機動戦士戦略ゲームみたいに、シナリオクリアしたら無料でつやっつやだよ!
戦艦に帰れば何もしなくても弾も補充できるよ!
みたいな甘い話がある訳ない。このゲームでは、皆個人で戦ってる「レイヴン」なのですから。
ま、そんな訳で。失敗すれば命を落とす事もある厳しい世界。
命が助かったんだから、赤字の収支報告ぐらい、甘んじて受けろって訳です。

取捨択一に悩みつつも、望むミッションをクリアしてエンディングに向かう一週目。
見事それをクリアすれば、様々なクリア特典が出る訳ですが…
その中の一つに、「全ミッションフリー選択」があります。
時系列も関係無しに、収録されている全ミッションを自由に選択できる訳ですね。
もうゲームオーバーも心配しなくてもいい。
今まで悩んでた資金は好きなミッション繰り返して稼げば良いからバカみたいな高額兵器だって使っていい。
全ては自由。さぁ、イマジネーションの赴くままに突っ走ろうではないか。

という、想像力があればあるだけ楽しめるキャッホーな世界に突入する訳です。
特に今回の「サイレントライン」は、使えるパーツが実に多い。
それらを組み合わせて、自分の好きなロボットを作り出す。
有用性とか強い弱いとか、もうこの際抜きにして好きなものを作り出す。
それが楽しいと思える人には、間違いなくこのゲームはどっぷり楽しめる。

まずロボットを組み上げて、
そしたら次はそいつに似合うカラーリングを設定して、
ついでに肩に貼り付けるエンブレムにも拘って…

機体の色だのエンブレムだの、ゲームを進める上では何の意味も持たない。
だが、そこに拘り始めると実に楽しい機体が出来る。
気が付いたら、カラーリング完成させるだけで2時間かけてた、とかあるから素晴らしい。

良い例を紹介しましょう。


e0015879_0564263.jpg


これは私の愛機の一つ、Bee・Lightです。
とにかく軽量に仕上げ、機動力に長けた機体にするのがコンセプト。
武装もブレードにマシンガン、ロケット弾と、軽量な物、扱いやすいものを中心に選択。
耐久力や火力には劣りますが、時間制限のあるミッションや、広範囲を飛び回る必要のあるミッションでは
その機動力が真価を発揮してくれました。

エンブレムも自作です。…まぁ、うん、センス無くてなんかイマイチですけど。

他にも狭所での戦闘に対応するために、Bee・Lightとは間逆のコンセプトで
高耐久・高火力の戦車みたいなACも存在します。

結局、真面目にミッションを攻略しようとなると、どうしても機能を突き詰める事になりがち。
それはそれで間違いではない。数あるパーツ群から吟味されて作られたACは、
見ただけでそれと理解できるほどの機能美を有しているものです。


だが一方で。
そりゃもう、「どうすればいいんじゃあ」と頭を抱えたくなるようなパーツだって存在する訳です。
当たらない3連バースト射撃するライフルとか。
自分の熱で勝手に熱暴走するコアとか。
自分の目の前にしかバラ撒けない爆雷とか。

それを産廃と決め付けるか、有り余るイマジネーションとパーツへの愛で、活路を見出すかはプレイヤー次第。


クリア後に遊んでると、不思議な頭部パーツが手に入りました。

(;'・ω・) …なんだ、こりゃ。なんとも中途半端な性能な…
      レーダーや付加機能もそれなりにあるから、まぁ肩にレーダー載せなくてもなんとかなるけど…
      まぁ、中量機体向けって事になるのかなぁ…
      少なくとも、前作で追加された"産廃"よりは間違いなくマシだけどな。

('・ω・) それより、変わったフォルムしてるなぁ…
     まるで兎みたいな…


…!(精神コマンド『閃き』)


(*@ω@) もしかしてウサギAC作れるんじゃないかしらウフフフフフ

…もう思い込んだら最後。
私は性能も使いやすさもへったくれもない、見た目第一のAC製作に取り掛かってしまいました。(笑

-脳内アホ妄想スタート-
設計主任 「ウサギ!そう、テーマは「ウサギっぽい」事!」
パイロット社員 「…ウサギ、ですか」

主任 「ウサギとは何だ!ウサギとは軽やかに跳ね回る愛らしいふわふわ真っ白の毛玉のようなもの!
     そんなウサギの胸から銃口なんか突き出てる筈が無い!
     ミサイル迎撃システムなんて無粋な物を装備してるコアは却下だ却下!」
社員 「Σ('д`;) エー!?じゃあミサイルどうやって避けるんですか!」
主任 「そんなもん気合でなんとかしろ。
     それよりも、軽やかに飛びまわれるオーバードブーストを装備させるんだ!」
社員 「…気合って…」

主任 「さて、腕部だが…ウサギに人のようなもっさい手が生えてる筈が無い」
社員 「いや、でも武器を持つには通常腕じゃないと無理ですし」
主任 「通常腕…?何だ貴様、ふざけてるのか?
     武器腕だ武器腕、それもあの可愛い短い手を彷彿とさせるような…
     おお、このデュアルブレード腕の見た目は実に良いな、採用だ。」
社員 「ちょ、ちょちょ、ちょ…
     武器腕って防御力0ですよ!?
     それもデュアルブレードって…モロ接近戦仕様じゃないですか!死にますよ!」
主任 「願ったり叶ったりではないか、
     本来ウサギとは思わず守って欲しくなるような薄弱さも持ち合わせているものだ」
社員 「もうやだこの人」

主任 「次は脚部か…やはりウサギといえば軽やかに跳ねるのが特徴だ、
     ジャンプ力の高い逆間接にしよう。
     しかし、どれもこれも角ばってゴツいものばか…り?
     おお、素晴らしい!丸みを帯びたフォルム、かつしなやかでシャープなライン!
     理想的ではないか、脚部はこれに決まりだな」
社員 「そうですねー」
主任 「…やけに素直になったな」
社員 「…いや、流石にこの脚部はそんなに無茶でも無いかなと。重めではありますけど」

主任 「うむ…外部パーツはほぼ揃ったな。実に良い。見た目が」
社員 「見た目以外も少しは気にしてほs(ry」
主任 「この美観を崩すのは愚の骨頂とも言える。エクステンションは装備しなくてよかろう」
社員 「え、ちょ、バックブースターとか追加装甲とk(ry」
主任 「だがしかし…何か一芸は与えたいものだな。…ほう、面白いインサイド装備があるではないか。
     ウサギは実に愛らしいものだが、
     その一方でそこかしこに丸っこいウ○コを撒き散らすという凶悪性も持っている。
     それをこのインサイドの爆雷で再現しよう」

社員 「( ゜д゜)」

主任 「高い脚力にものを言わせて上昇し、敵の頭上から爆雷という名のウ○コをぶちまけてやる訳だ」

社員 「( ゜д゜)」

主任 「うむ、愛らしい外見でなんという鬼畜…相手の意表を付くのにも成功しそうだな
     本当は、股間からバラ撒ければ完璧なのだが…
     まぁ良い、そこは妥協してやる」
社員 「ちょ、あの、主任。いえ主任様、話を聞いてください」
主任 「…何だ、またお前か。何だ」
社員 「インサイド爆雷の射程知ってるでしょ!?目の前、というかほぼ真下にバラ撒くだけですよ!?
     あんなもんまともに当たりませんよ!」
主任 「何を腑抜けた事を言ってる。練習もしない内から弱音を吐くな。
     ほれ、爆雷の弾数も多い方に変更しておいてやるから、存分にぶちまけて来い。」
社員 「Σ('д`;)ギャアアァァァァそれ重たいぃぃぃぃ」
主任 「それと、毎回それは全弾撃ち切ってから帰還して来い。練習にならんからな。
     全弾中8割命中しなければ飯抜きだ。
     …と言いたいが、私も鬼ではない。7割にまけておいてやる。感謝しろ」
社員 「…お、鬼だ…この人鬼だ…」

主任 「ふむ、なかなか良い感じだぞ…
    だが、その愛らしさとウサギとしての個性を際立たせるアクセントが欲しい所だな」
社員 「だから見た目以外も気にs(ry」
主任 「残る装備箇所は肩…か。
     …ウサギといえば…月で餅つき、か。
     杵のような見た目の・・・ううむ、無いわけではないが、多少無理があるか…」

…?

主任 「こ、これはっ…!満月!満月ではないか!」
社員 「いや、それオービットメーカー…」
主任 「ええぃ、中身などどうでもよいのだ!
     素晴らしい…満月を背負って戦うウサギとは、何たる素晴らしい構図!
     これだ!これを装備させるぞ!
     1つでは見た目が美しくない、両肩に一つずつだ!」
社員 「すっごい逃げ撃ち機体になったような…って、重い!重い!」
主任 「ああ、無論パージ(不要になった武装を捨てて軽量化する機能)なぞ許さんぞ。
     左右非対称なぞ有得ぬ」
社員 「Σ('・ω・)」
主任 「どうしてもしたければ、両肩とも打ち切ってから捨てろ」
社員 「凄い時間逃げまくりになりそう…」

e0015879_24863.jpg


社員 「…ぜー、ぜー、テスト終了しました…」
主任 「全く情けない奴だな。爆雷が2割も当たってないではないか」
社員 「無茶言わないで下さい、ジャンプ力あっても持続力無いんですから、あのブースター…」
主任 「ふん、口答えするとはまだ余裕があるようだな。
     アリーナでエクレールと試合を組んでおいた。
     とっとと行って勝って来い」
社員 「えぇええええエクレール!?
     デュアルブレードの剣豪じゃないですか!」
主任 「ウサギにも同じブレードがあるだろうが。
     練習相手にはちょうど良かろう。
     また、勝って帰って来れなかった場合は…」
社員 「…場合、は?」
主任 「キサラギ(キワモノ大量生産ド変態企業)本社に一ヶ月、人身テストの被検体として出張だ」
社員 「( д) ゜゜」



主任 「…」
社員 「…ぜぇ…ぜぇ…げは、ぅぐ…」
主任 「…勝って来たか    …チッ」
社員 「…いま…何か聞こえた…んです、けど」
主任 「…泣きついて許しを乞う姿を見たかったのに…」
社員 「…?」
主任 「まぁ、良い。お前にしては良くやった。褒めてやる」
社員 「は、はぁ…ありがとうございます」
主任 「あのアリーナ戦は中継されていてな。見た目の愛らしさと相まって、お前の人気はなかなかのものだったぞ」
社員 「…え、ほんとですか」
主任 「ああ。搭乗レイヴンに各方面から取材の申し込みが殺到している。人気者だな」
社員 「わぁ、何か照れますね」

主任 「『爆雷をウ○コに見立てる下品なレイヴンの素顔が是非見たい』『口癖がうっさうさー、というのは事実か』」
社員 「 こ れ は ひ ど い 」

主任 「早速会見がアリーナで行われる、ウサギに乗って行って来い」
社員 「…さらし者の間違いじゃないですか?」
主任 「何をバカな」
社員 「ああ、そうだ。それと、塗装の件ですけど」
主任 「何か問題でも?」
社員 「あれだけ外見を気にした主任にしては、少し色が濃すぎるんじゃないか、って。
     うさぎなら、紅白よりは白とピンクの方が似合いませんか?」
主任 「…貴様…男の癖に、そういう乙女な趣味なのか」
社員 「…いい加減、泣いていいですか」
主任 「冗談だ。あれにはちゃんと意味がある。
     今回のように戦闘を終え、外部へのアピール等を行う際に、
     あのカラーパターンでカモフラージュ塗装に変更すると…」
社員 「変更すると?」

e0015879_2222520.jpg


主任 「見た目が凄い事になる」
社員 「Σ('д`;) ぎゃあああああああ!!
     って、ちょ、おいコラ名前、名前!
     何こっそり酷い名前に変更してんだアンタ!」
主任 「おっと、急がないとインタビューに間に合わないぞ。
     ほれ、さっさと行って来い」
社員 「うわぁぁぁん、もうやだぁぁぁ…」

彼の受難は多分、まだ続く。

-妄想モード終わり-


はい、てな訳で見た目だけに拘ってシアワセウサギ完成しました。(笑
実はそれなりに使い勝手が良かったりします、これ。
爆雷?当たるわけ無いじゃない。

需要があるのかどうか判りませんが、シアワセウサギのアセンブルは追記にちょこっとメモしておきます。

こういう遊び方が出来るのがいいですねぇ、アーマードコア。
エンブレムもデータをネットにアップロードしてやり取りすることで他の方が描かれた物を戴く、
という事も出来るようで、そういった交流もあるようです。
自分の好きなロボットで最強目指してみませんか!
どれだけ銃が増えても左手はブレード持たせるのが戦闘メカのジャスティス、
という人、是非俺と握手。


・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信&ウサギの中身
[PR]
by boardtrick | 2009-11-23 02:25 | ゲーム評論
勇者と弾幕と時々ネトゲ。
最近の(どーでもいい)DK.net管理人2人の楽屋裏事情。


♪~(スカイプ着信音

('・ω・)?

-弥美 様から着信です-

ピッ(スカイプ通話開始

F5オヤジおいちゃん「うーい、ひさしb…」

ブツンッ(スカイプ通話終了


ふぅ。('-ω-)=3
さて、紅魔ky…


♪~(スカイプ着信音

-弥美 様から着信です-

('-ω-)…。

ピッ(スカイプ通話開始

おいちゃん「おま、今日も絶好調で落ちまくってるなー」

('・ω・) ああ、違うよおいちゃん。

おいちゃん「…うぇ?」

('・ω・) 自分で切ったの。

おいちゃん「尚悪いわ」

('・ω・) 常に変わらぬ怠惰な日々の繰り返しにささやかな刺激を。
     あと、いつもいつも「固まる漢」って言われる現状にささやかな反抗を。

おいちゃん「やかましい。で、だ」

('・ω・) うぃ?どったのおっちゃん。

おいちゃん「何か面白いゲーム無い?PSPで。」

('・ω・;) …PSPで?

おいちゃん「PSPで。」

('・ω・) …モンスターハンt
おいちゃん「もういいから。

('・ω・) あのソフトはまだまだイケると思うんだ俺。

おいちゃん「その前に、あんたさっさと武器記事完成させろよ」
Σ(; ω ) ヒゥッ!?

おいちゃん「完成させたら、まぁ考えるから。」
(;'・ω・) …痛いところを…
      じゃあ、その他だと…アーマードコアとか。

おいちゃん「それ、あんたが対戦相手ほしいだけじゃないか」
('・ω・) うん。19日に新作出るし。データ引き継げるし。

おいちゃん「…まぁそれも考えておくけど…他ない?」
('・ω・) じゃあ…『勇者のくせになまいきだ。』とか。

おいちゃん「ほ?何それ?」
('・ω・) ダンジョン掘ってモンスター沸かせて進入してくる勇者返り討ちにする魔王万歳ゲー。
おいちゃん「ほー…面白いの?」
('・ω・) まぁ、やってみれ。

3日後…。

おいちゃん「おいやべーぞBunzo、「勇なま。」面白すぎるぞ」
('・ω・) おー。ハマったか。今どんな感じ?
おいちゃん「とりあえずクリアはしたんだけどー

…。

( ω ) …は?
おいちゃん「いや、クリア後の裏モードが難しくってだな」

( ω ) …。
おいちゃん「どーしたもんなんかね、コレ」

…おっさん…俺、発売当時に買ってまだクリアしてないッス…。
ほんとこのおっさんは、ああおっさんは。
という訳で、薦めた俺が教えをこうてクリアしました。

現在、2名で「エディット」モードによる勇者チーム作成送り込み合い合戦の最中。
本編のクリア度合いによって勇者の能力を上げるボーナスポイントが得られ、
それを各勇者に割り振って強化、
3つあるステージの何処に誰を配備するかを指定して、
あとはデータを渡して互いに攻略する、というものですが…


このモードは笑いを取るためにあると見た。

「おまwwww下ネタばっかり入れんなwwww」
「Bダッシュとキンタ○リオの何が下ネタっつーんだ!」

いや後者は間違いなく下だろう、という自己つっこみ。
だって、ねぇ。ステージ名に勇者の名前や職業名まで作成できるなら、笑わせてナンボじゃないですか。

というDK.net管理人の暇つぶし。

現在はアーマードコア サイレントラインポータブルもやってます。
相変わらず難しいよぅ。
・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!

[PR]
by boardtrick | 2009-11-11 18:24 | ゲーム評論
久しぶりに里帰り(?)
ちまっと帰ってきたBunzoです。
「帰ってきた」と自分で自覚できるほどに離れてるのがなんともですが。

上げようとしてないLv、進まない強化。
全く持ってそのまんまのBunzoが待ってくれていてちょっと安心。
このままずっと147Lvから進まない気がしてきました。

別のゲームやらなにやらも相変わらずつまみ食いしてる訳なのですが、
ふとめいぽに戻って狩りたくなる時があるんですよね。
長続きしないクセに。(笑
めいぽの操作性というのは実にシンプルなんですよね。
ジャンプ・攻撃・移動。
基本的にはこれの繰り返しで、ダメージを受けたからといって大げさに吹っ飛んで行動不能になるような事もない。
HPは0になるまで自由に動ける。
真に単純なシステムです。
それがいいんでしょうね。キャラを動かす上で、邪魔に感じるものが無い。
キー操作一つで空もとべ…ないか、流石に。

でもキー操作一つ工夫するだけで随分と狩り効率に差は出ます。
そこにめいぽの操作の楽しさがあり、先人の方々はそれを追い求めてきた訳ですね。
この操作性はいいものです。

スキルの充実・4次職効果、全体的なLvの向上…
もうジャクムもあっさりと撃破される時代になってるのですね。
寂しいような、感慨深いような。
そういや「バルログ」なる巨大キャラが実装されたそうな。

ここにきて古参キャラクターの上位種を出すのは好印象。
懐かしい気もしますし、めいぽ初期に置いて何かと恐怖の対象でしたしね、バルログ系列は。
交通手段が船しかなかった時代、1000メル払って船に乗り込み、
出発までの時間が割りとあったのでちょっとコーヒーでも淹れてくるか…と席を離れ、

帰ってきたら謎のモンスターに襲撃されていてあっさり墓っていたのも懐かしいトラウマ。

おま、1000メルと経験値返せ。

まぁそれはさておき。
また何かクエストクリアしないと対峙出来ないんでしょうね。
是非手合わせ願いたいものですが。

そして気づいた事実。
気づいてしまった新事実。

ニコニコ動画の私の公開マイリスト、「解体新書楽屋裏」。
これを良く見て欲しい。
今まで、RENORI、綾瀬、Bunzo、そして数多のゲストの皆さんと作り上げてきた歴史がそこにある。
数々のサムネイルが誇らしげに己を顕示している。
嬉しい事に、視聴者の方からいただいたイラストも使わせていただいている。

…。

…。


あれ?
俺のイラストだけサムネ…無くね?
なんとなく寂しい。

ついでにそのリストに登録しておくという公開処刑に処したえのの素敵な歌。
それのある場面に「ここ、『おまいBunzo』でいいんじゃね?」ってコメント打ち込んだ奴。
誰だ。怒らないから出て来い。




(´・ω・`)やぁ。ようこそ、この駄文の文末へ。
このブログはサービスだから、まず読んで落ちついて欲しい。

うん、「またオチ無し」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うけど、謝って許してもらって喉元過ぎればこの筆者は反省する事も忘れると思ってる。

でも、このページを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「更新きたこれ!」みたいなものを感じてくれたと思う。
更新が日常茶飯のネットの中で、こんなブログがあった事を忘れないで欲しい、
そう思ってとりあえずこの記事を書く事にしたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。


・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!

[PR]
by boardtrick | 2009-11-04 10:31 | めいぽ