・2013年もヘタレて生きてます。

Next Program is・・・
 ・ニコニコ生放送をやってたりやらなかったり。   詳しくはここからぶんらじ掲示板へ。
<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
今の龍騎士 昔の英雄
という訳で育て始めたアランさん。
凄い凄い、レベルがサクサク上がる。
何だこの性能。


e0015879_18431545.jpg

昔は凄まじい殲滅力を誇っていた英雄も、







e0015879_1844577.jpg

今じゃこの通り。
それにしたってめっちゃ強いですが、このLvで考えると。

さておき、一応30Lv突破まで育ててみました。
「戦士っぽい」「鉾マンっぽい」アランですが、使ってみるとやっぱり違う。
私なりに向き・不向きがあるように感じたので、それを纏めてみました。


<冒険家・戦士>
1次でパワーストライク・スラッシュブラストを習得。2次ではブースターを習得。
アランに比べてMP消費が高く、攻撃速度が遅い。手数よりも一発の威力重視か。
3次以降はそれぞれ固有の攻撃手段が増えるため、一概にどちらが不利とは言えない。

<アラン>
同じ武器を使用しても、モーションの違い、及び連続攻撃スキルのために体感出来る攻撃速度は非常に早い。
通常攻撃そのものに複数攻撃能力があり、その後の連続攻撃も全て複数攻撃が可能なため、
育成初期段階からかなりの殲滅力を誇る。
1次では2段階攻撃、コンボによるステータス補正スキル、ブースターを覚える。
2次では3段階攻撃になり、コンボフィニッシュ技・突撃技・ドレイン能力・マスタリー(プログレス)スキルを習得。
手数においては冒険家の比ではない。MP消費も非常に少なく燃費は遥かに良い。


と、正面切っての勝負なら大きくアランに軍配が上がるといえる性能差です。
1次でブースターにダッシュ、2次でドレインって戦士としておかしいだろお前。
ただ、細かく見てるとアラン独自の動きが見えてきます。
アランにも得手不得手はあるのです。

・ここが違うよ戦士とアラン

まずは攻撃モーションの違い。
戦士だと、通常攻撃を繰り出す際に武器を構えてから攻撃、という流れになりますよね。
戦士の場合はこの動作の攻撃判定が出る前…
つまり武器を構えている時間が長く、逆に降り終えた後の硬直は短い。
アランはこれと逆で、まるで居合斬りのよう。
入力するとすぐに攻撃し、代わりにその後の硬直が長い。


とはいえ、ブースターや連続攻撃の恩恵があって、ほぼ意識することなく攻撃し続けられるのがアランの強み。

戦士職に慣れていると、多少の違和感はありますがそれでも強い。

逆に欠点は、そのコンボ攻撃が地上でしか出せない事。
そして、バイタライズが存在しないため、既存の戦士職と比べるとHPがシビアであるという事でしょうか。

コンボ攻撃に関してはそれを考慮してか、そもそもの攻撃範囲が若干広くなっているように思いますが、
自在にジャンプしてスキルを使った攻撃が出来ないのは狩る場所を大きく限定してしまう要因ではないでしょうか。
ただHP不足はLVが上がるに連れて深刻化していくと思われます。
ボス戦にPT狩り、これから先いくらHPがあっても足りない状況には出くわす事が予想されるので、
さてそれにどう立ち向かうのか。

…思いつきで「文三さん」という名前にしたんですが、
まさかバイタライズが存在しないところまで「文三」に似るとは思わなかったなぁ。(笑


まぁ予想通り、というかなんというか。
アランがDKに取って代わる、という事は無さそうです。
火力特化のアラン、PTの安定化役のDK。うまく住み分けが出来ている、と言えるのでは無いでしょうか。
動かしていて、Mp消費が格段に緩やかなので、薬の残量を気にする事なく延々と狩りを続けられるのは嬉しいですね。


うーん。アラン物語が意外と好評だったのに驚いた。
ssは取ってるんですが、どうも上手く纏められなくて。期待してた方がいらしたら、すみません。



・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2010-01-18 18:46 | 連絡
"復活"
PCの中身を改めて見て見れば
アンチウイルスソフトがウイルスの仕業で食い荒らされていてまともに機能しておらず
それがHackShieldの競合を招いていたと判明。

ちゃんとしようねメンテナンス。

と、いう訳で久し振りに。
復活しましたよ、彼が。



「…英雄、だって?」


e0015879_110764.jpg


「そうさ。知らないのか?…この世界は五英雄の活躍も過去に追いやるほどに年月が流れたんだね」
「いや…そんな後付設定知った事か こんな巨大な鉾を扱うダークナイトがいたなんて…」
「ダークナイト?何だいそれは?」
「俺みたいに鉾や槍を武器とする戦士の事だよ。…知らないのか?」
「…む、人の口真似をするとは関心出来ない奴だ。
 そもそも私…この鉾の持ち主、"アラン"はダークナイトなんてもんじゃないさ。
 確かに鉾を武器とする、戦士ではあったがね」
「…鉾を使う、ダークナイトじゃない戦士…」
「…興味があるようだね、"ダークナイト"さん。時間を貰って構わないのなら、話を聞いていかないか?
 何も貴方に全くの無関係という話でもない。むしろこの世界に住まう全ての者に関わるほどの大事だ」
「…どういう事?」


e0015879_11101379.jpg



「あんた、"暗黒の魔法使い"という人物を知っているかい?」
「"暗黒の魔法使い"…確か、シグナス騎士団のナインハート宰相がそんな事を言っていたな」
「シグナス…だって? そうか、あの神なる島エレヴの…なるほど、あんた達もただ手をこまねいていた訳じゃないって事か」
「…で、その"暗黒の魔法使い"がどうかしたのか?」
「今からは既に遠い昔、ある強大な力を持った魔法使いが世界を掌握せんと欲し、その力で全てをねじ伏せようとした。
 その戦火はメイプルワールド各地へと燃え広がっていく。
 あまりに強すぎる力と勢力。数多の勢力が彼の侵略を食い止めようとしたが、その全てが徒労に終わった」
「…」

e0015879_1122378.jpg


「…いや、まぁそれは言いすぎか。確かに甚大な被害を被った。それは事実だ。
 それでも、遂に"暗黒の魔法使い"の下へとたどり着いた5人がいたんだ」
「それが…?」
「そう、五英雄。そして、君が今見ている私…この鉾を手に立ち向かったのがその内の一人。
 それが、"英雄アラン"さ。
 彼らは幾多の犠牲の上に"暗黒の魔法使い"と対峙し、

 …そして、彼ら自身を犠牲として、"暗黒の魔法使い"を封印することに成功した。
 長い長い時の中を氷に封印され、力も能力も全てを失う呪いに晒されながらも…」

「…こんな大きな鉾を使っていただって?」
「ああ、これは私の力が具現化したものに過ぎない。抜け殻、というかコピー、というか…
 まぁ、そんなようなものだ。当人の意のままに形は変わるものさ」

「己の技術と精神で威を生み出す"ファイター"…そこから派生した、"ダークナイト"… 
 そうした自分とは根本的に違っている、と?」
「その通りだ。理解が早い客人で嬉しいよ。
 君達は武器を媒体に、己の精神や意志を力に変えて相手を攻撃するという技術に長けているようだ。
 つまり、どちらかと言えば精神に重きを置いた流派。私の知らない流派だ。
 恐らくは、メイプルアイランド古来の流儀なのだろう。
 それと比べ、私の主人"アラン"のものは武器をいかに自在に操るか…そこに重きを置いている。
 舞うように得物を降るっては次々と対峙するものを薙ぎ払っていったものだよ。
 君の流派よりも、武器を扱う技術に磨きをかけていたとも言えるかな」
「…確かに、この流派は"拳を開いて立て"様の流派だからな」

「あぁ、その名前も何人かの客人から聞いたね。
 君のように鉾を扱う者もいれば、剣や槍を携えた者も、斧や鈍器を携えた者もいた。
 そうした戦士のどの口からも同じように同じ師の名前が出てきた…
 それだけの種類の武器の扱いを伝授するとは、君達の師匠は偉大な戦士のようだね」
「…僕の他にもここを訪れた戦士が?」
「戦士だけじゃない。魔法使いに盗賊、海の覇者…ふふ、懐かしい記憶を纏わせた弓使い達もいたね。
 彼女も元気にやれていると判って、嬉しいことだよ」
「…?」

「さて、話がそれたが…改めて名を聞こうか、客人」
「Bunzo、だ」
「ふむ、ぶんぞーるだね?」
Bunzo、だ」
「判っているさ、ちょっと小難しい話が続いたから面白くしてみたんじゃないか。
 もしかして、冗談は嫌いかい?」
(…こいつ…性格が掴めん…)

「気を悪くしたなら謝るよ、Bunzo。
 さて、ココに訪れた人に私はあるお願いをしているんだが、聞いてくれるかな」
「…内容にもよるけど…」
「うむ、実は近々"暗黒の魔法使い"の封印が解けるという兆しが随所に現れている。
 シグナス騎士団とも接触した事のある君だ。
 私が夢想事を言っている訳じゃないのは判ってくれるだろう」
「そりゃ、ね」
「かつて英雄に仕えた身として、この危機を見過ごす訳にはいかない。
 一刻も早く、我が主を助けたいんだ」
「なるほど。それで、僕にどうしろと?」
「簡単な事だ。君はこれまで幾多の冒険を潜り抜けて来た猛者。
 英雄の素質は十分にある」
「…まさか、僕に英雄になれと言うんじゃ…」
「いや、そうじゃない」
「?」


「英雄の素質が十分にある君の魂を、我が主の為に少しばか(ry」
「断る超断る僕帰る」


「だから冗談じゃないか。いくらなんでも、そんな事をすればどちらが"暗黒の魔法使い"だか判らなくなってしまうよ。
 もしかして、冗談は苦手かい?」
(…こいつ…ぶつ斬りにしていいかなぁ…)

「そう怖い目で見ないでくれよ。ちゃんと話すさ。
 頼みというのは、君の冒険家としての豊富な経験を、
 長いこと寝ぼけている我が主と共有させて欲しいという事なんだ」
「…シグナス騎士団でも似たような事を聞いたな。早い話が」
「精霊の祝福」
「…という事だね。君にとっても悪い話じゃないと思うけど?」
「それなら構わないが…それには問題があるんじゃないか?」
「どういう事かな?」
「どういう事も何も…当の本人は氷漬けでいつ目覚めるかも不明なんだろう?
 そんな状況でいくら経験の共有を行っても、意味が無いんじゃ…」
「ああ、そういう事か。それも心配は要らない。
 君が快諾してくれれば、その契約の下に"英雄アラン"の思念体が現れる。
 それはアランであり、そしてアランでないもの。
 アランとしての記憶を持つ英雄の卵…
 こちらも時間が無いのでね。ちょっと変わった手を用意したという訳さ」
「それはまた…しかし、そうして無数の"アラン"が生まれた後にアラン本人が目覚めたらどうなるんだ?」
「さて、そのまま共存するか、それとも主の下に全てが集うか…
 それは判らないな」
「随分身勝手な相棒を持ったものだな、英雄アランも」
「機転が利くと言って欲しいな。主なら、私のやった事にも理解を示してくれるさ。
 そうそう、それと面白い話をしようか。君が今見ている私…というか、その鉾だが」
「?」
「元々は君達が扱っているほどの大きさのものだったのさ」
「その話はさっきしたじゃないか。"英雄アラン"の能力によって自在に大きさを変えられたんだろう?」
「いや、これは違う。主が封印された後に、形だけを残したのが私だったからね。
 そこからここまで成長したのさ。それも最近になって」
「え?」

「成長の糧となったのは、君達冒険者の経験だ。
 つまり、この姿になるまで多くの冒険者の協力があったという訳だね。
 持つべきものは頼れる仲間。いやぁ心強いよ」
「…」
「さて、どうするかな?改めて聞くが、異存は無いのかい?」
「ここまで聞かせておいて、それは白々しいってものだろう」
「あはは、違いない。では、その鉾に触れてくれ。それをもって、契約としよう」


e0015879_14411654.jpg


Maple Story 新章
-英雄アラン-



続け。


相変わらず記事内における背景設定においては筆者の妄想と思い込みと願望が多分に含まれています。
ご容赦下さい。

 
・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2010-01-16 11:28 | めいぽ
去年の垢を今落すような事してると文さんみたいになっちゃうぞ
メイプルストーリーをどんだけ本体DLしても起動すらしてくれん。HackShield大嫌いもう。
諦めたぶんぞーさんは思いつきからキーボードを分解してみました。


という訳で、キーボードを分解掃除してみよう。
…何が「という訳で」、だ。

方法は至って簡単、但し「分解」だからやる以上は自己責任で。
元通りにならなくてもぶんぞーさんはそっぽ向きますよ。

さて、一説によれば「便器よりも雑菌にまみれている」とも言われるキーボード。
「キーボード 掃除」で検索をかけると驚くほどびっちりと掃除に関する記事が上がってくる。
人によってはキートップ(実際に指で叩く部分ね)を引っこ抜いて洗浄するに飽き足らず、
背面のビスを外して基盤・接端子・シリンダーという、まさに部品レベルまで解体して掃除してる記事まで…

…あれ、そしたら今更こんな記事を書いたところで意味ってn(ry

自らのネタの存在意義を自分で殺すアホな筆者でありました。


さてそんな分解掃除に必要なものがこちら。

・マイナスドライバー
・バケツ+台所用洗剤
・タオル

・(必須)カメラ

あら割とお手軽。
マイナスドライバーはテコの原理でキートップを外すのに使用。
軽い力で取れるので、変に力で分解しようとしないように。
力任せに取ろうとすると、折れたり欠けたりロクな事になりゃしません。
また、外れた瞬間勢い良く吹っ飛んでいく事がよくあるので、外そうとしてるキーの真上に手でも添えて
吹っ飛ぶのを防止すると良いですよ。掃除のために分解したらキーがどっかいきました、買いなおします。
とか、本末転倒もいいところですからね。

バケツに洗剤、タオルは説明する必要も無いですよね。洗うために使います。
換えのキーボードがあるなど、急いで元に戻す必要がないなら、洗剤を薄めた溶液の中に
ガラガラとキートップを放り込んでちょっとかき混ぜて一日ほっとけばとってもキレイな仕上がりに。
あまり擦らないので、文字の印刷が消える心配も無いかと。

さて、カメラですが。必須です必須。
分解作業に入る前にキーボードのレイアウトを撮影しておきましょう。
これを見て、組みなおす訳です。
キーの配置を全て暗記出来るなら必要ありませんが。



さて分解。
なんだかんだで3年ぐらい使ってきたELECOMの500円キーボード。
どんなになってるのかな。


とぅ、アバカム。

e0015879_1036652.jpg

e0015879_10365648.jpg


埃のようなものとポテトチップスのようなものとバールのようなものが主に顔を覗かせましたね。
PCの前で何やってたかモロバレです。

似たような事をやってた覚えのある人は今すぐに開けて見よう、そこのキーボード。

しかも長年放置してたので埃と言えど油分やらなにやらでこびりついてしつこいしつこい。
ここも台所用洗剤を薄めた溶液を綿棒に塗ってごりごりと擦れば綺麗に。
赤ちゃん用の細い綿棒じゃないと、キーボードによっては不便かも。
…今度からキーボードカバー買おうかなぁ…。

e0015879_10434591.jpg


さて、埃というのはホントにどっからでも侵入・堆積するもので。
普段キートップというフタがあるはずの接触端子部分にも積もっておりました。
流石に入力に関わる部分で、このままは気持ちよくないので掃除。
さすがに油汚れは無いので、ここは麺棒でくりくりと軽く撫でてやれば埃は除去可能。


あとはキートップを十分に乾燥させてから元通りにはめ込めば掃除完了。
キータッチが軽くなったようにも思いますし、何より手触りが明らかに違う。
これから一月に一回ぐらいは手入れしようかなー、と思ったぶんぞーさんでした。


ただ、一つだけ困った事に。
Enterキーやスペースキーのように、大きなキーにはそれを保持する為に、針金がその真下に入ってます。
これの取り付けがかなり面倒。どう付いてたんだか。
で、試行錯誤の末無理と思って、そのまま元に戻したのですが…。

明らかにキーの反応が悪くなりました。特にEnterキー。
3回ぐらい押さんと反応してくれん…。
真っ直ぐ押し込むのをサポートしてくれていた針金を無視しちゃってるんで、
きっちりと押せる場所を見つけないと反応してくれないみたいなんですね。
こいつぁ困った。

ですので、掃除する際に「組み立てなおすのめんどくさそうだな」と思ったら、
敢えて大きいキーはそのままにして周りを綺麗にする、というのもアリです。
これだったらそもそも組みなおす必要が無いですしね。

・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2010-01-14 10:53 | 現実で色々
ポカーン。(追記)
e0015879_15431247.gif


( ゚д゚)




(゚д゚)



放送しまくりで吹いた。


さぁ皆はどこに突っ込むだろうかこの画像。




-こっから追記-


e0015879_16483855.gif



とか記事を書いてたらその直後にテストに付き合わされて生放送初登場。
スカイプ会話+生放送も出来るというのがわかって来たので、
これから彼は色々と放送頑張るみたいです。
いいぞいつでも誘え…!


・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!

[PR]
by boardtrick | 2010-01-13 15:49 | 連絡
ネットラジオ、見切り発車で…orz
大成功 本番入って 大失敗
    ぶんぞう




orz


何度もやってみて
BGMウラに流すのもOKだと確信して告知して


やってみたらソフトフリーズ連発落ちまくり。


これは酷い。
掲示板に書き込みいただいた方、ありがとうございました。
あまりにぐっだぐだな内容ではありましたが、負けずにやってくつもりですので。
また聞いていただければ嬉しいなぁ、と思ったり。

本日のねとらじ結果

喋ってみたり
Wizについて語ろうとして失敗したり
グインサーガ朗読してみたり。

総リスナー数17
最大リスナー数8


内容へのリクエストは随時受け付けておりますよん。
ものによってはスルーせざるを得ないものもありますが。

・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2010-01-11 22:50 | 連絡
ネットラジオ(ソロ)を予定しています
-お断り-


以下における企画は

「メイプル楽屋裏(旧 鉾マン解体新書楽屋裏)」とは一切関わりがありません。

あくまでBunzo個人の企画であり、RENORI,綾瀬を始めとした私の友人達とも関係がありません。
当然ですが、彼らが登場する予定も企画も現段階では一切ありません。



さて、断った上で。
私Bunzoが、個人的にネットラジオをやってみようかと思っています。
生です。生放送ってヤツです。

ただし、今のところニコニコ動画を利用するつもりはありません。
利用するサービスはLivedoorのネットラジオサービス、「livedoorねとらじ」。

内容は「楽屋裏」では時間が無かったり趣味が合わなかったりで出来なかった、
俺の為のゲームについての超雑談。
メイプルストーリーもDKも関係ない、俺が語りたい事を語るネットラジオになります。

ラジオ放送時には掲示板を同時に利用、掲示板へのレスをリアルタイムに読んでお返事していくのが
主な放送内容…に、なる予定です。

まだまだテストの段階であり、公開できるような物ではないのですが。
もう見切り発車でいいからやってしまおうか、というのが俺の悪い所でありうんたらかんたら。

そこで「大体この時間帯だといいなー」というリクエストを聞ければ、と思います。
それを元に放送できそうな日を睨んでみたいと考えていますよ!
でも我慢出来なくなって勝手にやりそうな気がしなくもないんだけどね!

コメントで希望をいただければ、ご期待に添えられるかも知れません。
では。

・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!

[PR]
by boardtrick | 2010-01-10 03:48 | 連絡
声が入りません。
どうも、Bunzoです。
先日いただいたコメントから、ゲームの紹介がありました。
で、「どうせなら実況動画にしてみようか」
と思い立ったはいいんですが…。

声が入らないんですよこれがまた。
というか、声orゲーム音声という二者択一になってしまう。

色々と試行錯誤をやっては見たのですが、こっからどうにも進まない。
ううむ…。

AmaRecCO Ver3.10aを使って録画を試みるのですが、
使ってるものにマイク入力と音声出力をあわせるミキサー能力が無いらしく、
どちらか一方しか入らないという状態。


…いやまて、もしかしていつもネトラジで使っていた「超録」を使えば…?
AmaRecCoにゲーム音声を担当させて、超録には実況音声を録音させて
あとで編集すれば…


と、思ったけどダメ。
結局「声かゲーム音声のどっちか一つ」しか同時に録音する事は出来ない。

うーん…スマートじゃないなぁ。
実況動画は諦めるしかないのかしら。
と悩んでおります。どなたか良い知恵があればご伝授願えますでしょうか。



・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2010-01-09 12:57 | 連絡
"祈りは力なり"
謹賀新年。明けまして、おめでとうございます。
早いもので、もう2010年。今年も俺が好き勝手しながらも皆様に楽しんでいただけるブログでありますように。
どうも、Bunzoです。

皆様、もう初詣は済まされましたか?私はまだ、です。
何言ってるの元旦に初詣とか。なんでわざわざ人込みに紛れるのめんどくさい、
というのが本心だったりそうでなかったり。

さて、初詣といえば神社。寺じゃあ意味が違ってくるんですね。
何故か、ご存知の方はいらっしゃるでしょうか。

大雑把に言えば、寺とは仏教に関わりのある施設な訳です。
だから、仏像が祭ってあったり、仏教に帰依した歴々の僧の像が祭ってあったり。
亡くなった方はお釈迦様の御許へと成仏する、というのも仏教の教えの一環ですから、
それを弔い、葬る為の墓も同じくしてある訳ですね。

では一方の神社は何を祭っているのか。
これはもう読んで字の通り、神を祭っている場所です。
神のおわす社(やしろ)。だから、神社な訳ですね。

寺では先祖や子孫が仏道に従い、平穏に暮らし、導いてもらえるように手を合わせて祈る。
神社ではその神そのものに、願をかけて祈る。

同じように賽銭箱に賽銭を放り投げて手を合わせていても、意味合いは是だけ違う訳です。
仏教という、宗教において世界的な信仰を集めている一大勢力に負けず劣らぬほど、
随所に存在する神社。流石は八百万の神々がおわす国、日本。
その故事を紐解くと、実に様々な神が存在するので、調べてみると楽しいですよ。
様々なものや事象から生まれるのが日本の神ですので、俗っぽい方々もいますし。

神が目を漱いだら神が生まれました、とか。
服を脱ぎ捨てて踊って、岩戸に閉じこもった太陽神をひっぱりだした女神とかいますしね。(笑

日本の神、というのはそんな風に俗っぽい。
外国のGodのように全てを束ねる全知全能の絶対的存在、ではないけれど。
人が信じる事によって力を得て、人を見守る事で信じられ。

そんな風に人々の間で信仰されてきた日本の神々。

折角の新年です。
年明けは、そんな神様のお話を楽しんでみませんか?




e0015879_128782.jpg

PlayStation2・Wii用ソフト "大神"


と、いう訳で。今年一発目の紹介は「大神」です。

これは間違いなく名作。それも文句の無い。
だけれども、悲しいかな発売時期や宣伝手段に恵まれず、発売当初はさほどの話題になりませんでした。
ですが、その魅力的な世界観・秀逸なシナリオが話題を呼び、
口コミで次第にヒットを伸ばした・・・という、隠れた名作。


もう一度言います。これは、名作です。
少なくとも、私はそう断言出来ます。
このゲームをプレイする事が出来て、私は本当に幸せだと、心底思いました。

その「大神」の魅力はどこにあるのか。
それは、「水彩画タッチで描かれた和の世界観」でもあり、
「日本古来の昔話・神話が散りばめられたシナリオ」でもあり、
「和楽器が奏でる様々なBGM」でもあり…。

その全てに共通するのが、一環して「和」のテイストを貫いている事。

やればやるほど、知れば知るほど。
そこには何処かで聞いた、何処かで知った「昔の日本」の御伽世界がある。
この世界を「どこか懐かしい」「昔聞いたような」、と感じる事が出来るのは、
八百万の神々がおわす日本に生まれ、育ったからこそ。

だからこそ、皆さんに是非知ってもらいたいゲームだと私は思うのです。
「日本に生まれて良かった」と思えるゲームですよ。
いや、マジで。(笑


御伽草子 "天照大神 冒険譚 序章"


昔々 あるところに
神木村(かみきむら)という名の 小さな村があったとさ
そこは美しい桜の木々に 囲まれ
その一本一本を 神さまの木として祭る 静かな村じゃった

…じゃが この神木村には ある一つの悲しい風習があった
古い祠に棲む怪物 ヤマタノオロチを 鎮めるため
毎年 祭りの夜に 若い娘を生贄として 捧げていたのじゃ

山ほどもある大きな体に 丸太のように太い八本の首
血のように赤い目は 見るだけで呪われると言われ
…誰一人として この怪物に逆らう者はおらんかった

その生贄の祭りが 近づくと
決まって村はずれに現れる 一匹の白いオオカミがおった
白野威(シラヌイ)と 名付けられた 雪のように真っ白な そのオオカミは
山や森へ向かう村人を 遠巻きに付け回したり
皆が寝静まった夜に 村の中を歩き回ったりするので
生贄を品定めする オロチの使いとして 気味悪がられておった

村人の中には この白野威を追い払おうとする者もおり
イザナギという剣士は自慢の剣術で何度も挑んだのじゃが
白野威は風のように素早く 傷一つ つけることが出来んかった

そして…ついに忌まわしい祭りの夜がやって来た

生贄を召し取る白羽の矢が 天を貫き 
村のある家の屋根に 突き立てられる

…それは イザナミという神木村一 美しい娘の家じゃった
イザナミに密かな想いを寄せていた 剣士イザナギはこれに怒り
今年こそ ヤマタノオロチを退治すると決心を固めて
イザナミの身代わりとなって オロチの棲む祠へと向かうのじゃった

冥府へ続くかのような 暗闇を湛えたオロチの根城 十六夜(いざよい)の祠
イザナギが その洞穴の前に立つと 
目を真っ赤に光らせた 八本の首が舌なめずりをしながら現れた
何年も生贄を召し取って行き続ける怪物 ヤマタノオロチじゃ
イザナギは弾かれたように飛び出し オロチに斬りかかった

月明かりも乏しい中 必死で剣を繰り出すイザナギ
…しかし 鋼のようなオロチの体には 傷一つ付ける事が出来ない
やがてイザナギは 万策尽き…がっくりと膝を突いてしまった


絶対絶命の その時じゃ


一匹の獣が イザナギを庇うように躍り出て オロチの前に立ちはだかった

闇の中で薄っすら光を帯びた白い体

それは 神木村の外れに住み着いていた あの白野威じゃ


白野威が牙を剥いて オロチに飛び掛ると
オロチも八本の首をもたげて喰らい付く

二匹の人ならぬ物は もつれ合うように猛然と争い始めた


…じゃが その戦いは 何とも不思議な光景じゃった

オロチが白野威に向かって火を吐くと 突風が吹いてこれを押し返し
オロチの鋭い牙が白野威に迫ると 突然大木が生えてこれを遮った

不思議な力に守られて オロチと互角に戦う白野威

じゃが…それでもオロチの力には敵わない

白野威は全身に傷を負い 白い毛並みは真っ赤に染まっていった
白野威は疲れ果て もはや立っているのがやっとじゃった

オロチの牙がふらつく白野威を追い詰める
それでも白野威はオロチに背を向けず 最後の力を振り絞り天に向かって遠吠えをした

すると…

空を覆っていた暗雲が忽ち消え失せ 
月明かりを帯びたイザナギの剣が 金色の光に輝き始めたのじゃ

それまで岩陰で機会を伺っていたイザナギは 剣に導かれるように立ち上がった
そして 傷だらけの両腕に最後の力を込めると
オロチに向かって 猛然と飛び掛って行ったのじゃ

イザナギの手の中で 踊るように翻る金色の剣
その眩い光が煌く度に オロチの首は次々と宙に舞い…

ついにこの怪物は 自らの血溜りの上に崩れ落ちた
長年 村人を苦しめた元凶が 最期を向かえた瞬間じゃった


…戦いが終わった頃には 辺りはすっかり白んでおった

白野威は オロチの毒が全身に回って 息も絶え絶えじゃったが
イザナギはそんな白野威を抱きかかえ 村人の待つ神木村へと帰っていった

村に着く頃には 白野威はもう自分で動く事も 出来なんだ

村人たちが見守る中 村の長老が優しく頭を撫でてやると
白野威はそれに答えるように 小さく ワンと鳴き…


…そして 眠るように事切れたのじゃった


…こうして 神木村にやっと平穏な日々が訪れた

村人たちは白野威の立派な働きを称え
村の静かな場所に社を建て そこに白野威の像を祀った

そしてイザナギの振るった剣を月呼(つくよみ)と名付け 
十六夜の祠に 供えて いつまでも平和を祈り続けたという

永遠に変わらぬ 平和な日々を…






「…これが、あのヤマタノオロチを封じた伝説の宝剣、月呼か」
「…バカバカしい!どうせそんなものは作り話に決まっておる!」


ズッ…


-じゃが この物語には 誰も知らない続きがあるのじゃ-


力ヲ求メル者ヨ ヨクゾ忌々シキ戒メヲ 解イテクレタ! 


-それは 白野威とイザナギの戦いから百年余りも過ぎた頃の事じゃった-


"闇ノ世界ヲ 欲ス"

ソノ 誓イノ言葉ヲ 今コソ我ニ 奉ズルノダ!



-あまりに一瞬の出来事に 村の人間は誰一人として気づかなんだそうな-

「…ぁ、あぁ…う、うわぁああああああ!!」



…復活したヤマタノオロチ
-突然 国中を襲った悲劇-


噴出す瘴気に大地は侵され、木々は枯れ、動物は消え失せ、人は石像へと姿を変えられた
-じゃが たった一つだけ 魔物の呪いを 逃れた村があった-


日の光すら遮る暗雲、荒れ狂う瘴気、それでも塗りつぶせぬ小さな光がただ一つ、その名を…
-ご神木に守られた小さな集落 その名を…-


神木村
-神木村-


…本当のお話は ここからはじまるのじゃ


いざ 天照る神よ
今こそ その力で 濁世をあまねく照らし
我らに 神明のお導きを授け給え!



うん、満足。(笑
ここを書く為にPS2と大神引っ張り出して来て確認してきました。
何処を見ても余すところ無くいいわー、と思えるのはクリア後の特権。

プレイヤーは太陽神アマテラスとなり、
ヤマタノオロチが放った瘴気によって混沌と化したナカツクニを救う事が目的となります。

数々の神器、そして神の奇跡たる力"筆しらべ"を駆使し、
時には生きとし生けるものを助け、導き。
またある時には跳梁跋扈する妖怪達を退治して、
美しき緑溢れる国、ナカツクニを取り戻してください。

別名わんこになって駆け巡れわんわんアドベンチャー。
突っ走りまくるだけでも楽しいゲームです。

さて。語るべき魅力はありすぎる「大神」ですが、
特に注目していただきたい点をむぎゅぅぅぅぅ、と詰めて詰めてご紹介しましょう。

・幸玉   神様の力の源は信仰心 

大神は世界を駆け巡って冒険するアクションゲームです。
その冒険の最中には妖怪達とも遭遇する事もあるでしょう。
ただし。他のゲームと大神が異なる点。
それは、敵をいくら倒しても成長には繋がらない事です。
敵を倒して得られるのはお金やアイテムだけ。
いくら妖怪を倒した所で、アマテラスは成長しないのです。

では、どうすればアマテラスは成長し、力を取り戻すのか。
その答えは、生きとし生ける者達を支え、助ける事。

何故か?アマテラスは神様です。
神様っていうのは、信じてくれる存在がいないと、力を発揮できないんです。

で、いくら神様が頑張っていたって直接自分に働きかけてくれないと、皆信じちゃくれない訳ですね。
見えないところでいくら妖怪退治してても、そもそも普通の人には妖怪が見えない。
「あのわんこ何やってんだ」ってなもんです。現金ですねぇ。(笑
でも、自分が困ってる所を助けてくれると、その感謝の気持ちは「幸玉」というものに変わり、アマテラスに吸収されます。
これこそが大神アマテラスにとっての経験値。
これを使うことにより、アマテラスの能力を強化し、本来の太陽神たる"天照大御神"
に近づく事が出来るわけです。

具体的には何をすればいいか。
瘴気が溢れ、大地が枯れてしまっているところには奇跡を起こして生気を呼び戻す。
悩んでいる人々がいれば、その悩みを解決してあげる。
腹を空かした動物がいれば、エサをあげる。

と、ナカツクニを駆け回りまくって色んな生き物を幸せにしてあげること。
それが、アマテラスの力となるのです。



…実に現金ですねぇ。(笑
まぁ、それは年末年始や都合のいいときだけ「ああ神様、どうか助けてください」
なんて祈ってしまう我々も言えた義理じゃないんですが。(笑

まぁ、人も神様も持ちつ持たれつ、という事ですね。
実にいい設定じゃないですか。

「信仰心が糧となり、祈りは力となる」。
これが、大神全体におけるキーワードだと私は考えています。


・奇跡のラクガキ"筆しらべ"

画面につつーっと筆で印を書き込めば何かが起こる。
それが大神アマテラスの持つ能力"筆しらべ"。
ゲーム開始当初は力を失っており、全部で十三種あった能力は
それぞれ神となって世界に散り散りになってしまいました。
それを一つ一つ取り戻して旅をするのも、大神の大きな目的となります。

そして、この十三の能力。
その力をつかさどる神々は、干支(と猫)がモチーフになっているのです。

その一例を紹介しましょう。

e0015879_2255510.jpg

戌(イヌ)の干支 アマテラス
 筆技 光明


勿論アマテラス本人(?)だってその能力の持ち主。
死しても本人に備わってた能力そのものなんだから失うはずが無い。
空にくるりと丸を書けば忽ちお日様が顔をだす。
夜だろうとわんこの都合で昼になる。なんて迷惑な。



e0015879_22584851.jpg

寅(トラ)の干支 撃神
 筆技 迅雷

干支がモチーフだから、今年の干支神様だってちゃんといます。
雷を操る事が可能になる筆技迅雷を司ります。
電源や雷からつつー、っと筆で線を引けば自由に放電。
妖怪なんて黒こげにしちゃうぜ!


e0015879_2315642.jpg

酉(トリ)の干支 燃神
 筆技 紅蓮

世界一カッコイイにわとり様。
こちらは炎を自由に操れます。
炎から線を引けばたちまち火炎放射。
やっぱり妖怪なんて黒こげにしちゃうぜ!


e0015879_234377.jpg

辰(タツ)の干支 蘇神
 筆技 画龍

失った物を蘇らせる筆技を司る龍の神。
七つの玉を集めて呼び出すアレとは違います。
失せ物だろうと壊れた物だろうと塗りつぶせば復活。
現実生活で使えたら便利だろうなぁ、と思ったり。


e0015879_2382864.jpg

子(ネズミ)の干支 断神
 筆技 一閃

一番大好き、私の生まれ年干支の神様たちがみさまー!
ああ年がバレる。
こんなちっちゃい図体なのにこんなにでかい剣をぶんぶん振るって何でも斬ってしまう。
最初から最後までお世話になる便利な筆技、一閃を司ります。
妖怪は勿論、岩も大木も鉄もダイヤモンドですら切り裂く凄まじい切れ味。


と、いくつかをピックアップしてみました。
勿論本編では他の干支神様も登場しますよ。
どの神様も登場時には元気一杯にアピールしてくれます。
可愛いのが多いので、是非実際に見ていただきたい。

個人的には猿と猪で爆笑しました。もうこの神様達大好きすぎる。


こうした神々をはじめとして、大神の世界は水墨画のような独特のタッチで描かれます。
古めかしくもどこか暖かい、その世界を楽しんでいただければと思いますよ。


そして最後に。
大神はそのシナリオ展開が素晴らしいゲームでした。

率直に言えば「この世界が大好きになっていく」、
そんなとても幸せな気持ちになれるゲーム。

新しい場所を尋ねれば尋ねただけ。
人を知れば知っただけ。
世界を知れば、知るほどに。

もう大神の世界が大好きになっていく。
あの場所にはこんな奴がいたよな、
あっちではあんな事があったよな。
今は遠く離れた場所にいるけど、あの時助けた皆は元気にしてるだろうか。

そんな思い入れがゲームを進めるほどに増えていく。

更に素晴らしい事に、それら全てはちゃんと実を結ぶんです。
一度尋ねた場所でイベントを終わらせたら、もうそれで終わりじゃない。
それが素晴らしい。最後の最後に、全てが一つに繋がる。


大神における、ラストバトルの演出。
それは、他のどのゲームにも真似出来ない、最高の演出でした。


ボロボロ泣きながらラストバトル進めたのなんて今までのゲームで一つとしてなかった。
悔しいのでも憤りでも理不尽でも無い。
感動ですら、なかったのかも知れない。


言うならば「ありがとう」。
その一言に尽きる感情だったと思います。


負ける気が一切しないし、何より「負けられない!」
とコントローラーを持つ手に力が篭ったほどの素晴らしい演出でした。

今やインターネットで簡単にプレイ動画を見ることが出来る時代です。
ここまでベタ褒めしたくなるほどの演出だって、見ようと思えば簡単に見られます。

…ただし、ですよ。

この演出の真の感動は、実際にプレイしないと理解出来ない。
私はそう断言します。

是非プレイしてみてください。今まで友人に薦めてきて、
全員が「凄く良かった、紹介してくれてありがとう」と太鼓判を押したゲームです。
私は、自身を持ってこのゲームをオススメします。
ゲームそのものの難度もかなり低いですし、構えずにアマテラスとなって楽しんでいただければと思います。

是非、エンディングまで駆け抜けて下さい。
そうして、神様の苦労がちょこっと理解出来た日には、
日頃頑張ってくれてる神様に、ちょいと感謝の気持ちも捧げようじゃないですか。

それでは、私ももう一周。ナカツクニを駆け巡ってきますね。



遅れましたが、今年も宜しくお願い致します。

・Maple-blog.net様へ移動!
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

・ゲーム・ブログ・ランキング様へ移動!
メイプル・ブログ

・DK.netへ移動!


コメント返信
[PR]
by boardtrick | 2010-01-02 01:31 | ゲーム評論